動物の問題は愛玩動物から畜産動物まで多岐に渡ります。しかし法整備はまだまだ満足のいくものではありません。動物たちの目線で政府に声を届けていきたいと思っています。

プロジェクト本文

動物殺傷・虐待・遺棄が日本のどこかで毎日のように起こっています。

先日(2020.6.5)京都府八幡市で20年来の動物愛護家が多頭崩壊し多数の犬猫の死骸とゴミの山が映像にアップされるという大変いたましいショッキングな事件が起こりました。
ニュースはこちら
私は多頭崩壊や虐待遺棄などのニュースをウォッチして時系列にまとめていますが
日本のあちこちで日常茶飯事的に事件は起こっています。
そういった事件を見るたびに動物たちの無念さを思い行動しないわけにはいかないのです。
どうしたら未然に解決できるのか?どうしたら動物たちを救えるのか?
祈っても解決しません。みなさんならどうしたらいいと考えますか?
私の行きついた答えは問題を解決するにはやはり政府を動かして条例や法規制を作ることです。
そのためには法律を作る国会議員や政府に声を届けなければなりません。
700人もいる国会議員に私たちの声を届けなければなりません。
時間もかかるかもしれません。それでも前進するしか方法はないと思っています。

その他にも動物実験、畜産動物や動物園などのエンリッチメント、闘犬闘鶏、あげ馬神事など
数え上げたらキリがないほどに多くの問題が山積みです。
管轄省庁も環境省、農水省、厚労省など多岐に渡ります。

まずは次回2024年の動愛法の改正に向けてスタートを切らなければと思います。
こうした問題をひもとき勉強会を重ね具体的な方法を共有していきたいと思っています。
chang.orgやSNSを駆使したアプローチのノウハウやポイント、タイミングなど重要なことを
共有して実行していきます。多くの教養や知識が身に着けられることと思います。
動物のことはとにかく無法地帯の日本です。変えなければならないと思います。
内容については非公開ですので外部に漏らさぬようお願いいたします。

規模が大きくなり動物党のような政治団体ができることも未来の夢です。
このサロンから未来の議員が生まれれば本望です。



皆様へのリターンについて

☆ベーシック(500円)
・Facebookグループへのご招待(見るだけでも可能です)本名アカウントをご用意ください。
・月1回の活動報告

☆プラクティス(1500円)
・非公開のFacebookグループ(5つのイシューグループ)やLINEグループにご招待します。
本名アカウントをご用意ください。
・月1回ZOOM活動交流会&勉強会を実施します。
・2カ月毎のオフ会で動物関連施設へ見学に行きます。
・ねこカフェ「たまねこ」施設利用無料
東京都多摩市落合1-19-16-202 最寄り駅は多摩センター駅徒歩10分




自己紹介

私、伊沢浩美は高校を卒業し事務などを経て求人広告の営業を15年くらいした後に
2008年夏に脱サラをしてねこカフェ「たまねこ」を創業しました。
ねこのホテルも併設したのでお客様に知ってもらうまでが大変でした。
翌年、子猫が連続してお店の入り口に遺棄されていたことがきっかけで
地域の方からの後押しもあり保護猫活動も始めることとなりました。
この12年で約150頭ほどのねこたちの捕獲・飼養・譲渡・TNRをおこなってきました。
縁あって紹介いただきラグドールのブリーディングもおこなってきました。
ブリーダーの世界も保護の世界も理解し公平な目で判断できることも強みと思っています。

2015年5月クラウドファンディングにてポポキオハナサイト作成プロジェクト達成
2016年11月堀江貴文イノベーション大学校に参加
2017年7月世田谷都議選に出馬し落選(動物問題を扱いたいため)
2017年12月NPO法人キャットセイビア設立
2018年9月動物愛護法の数値規制WEB署名4万3千人集めて超党派動物議連に陳情
2019年4月多摩市議選に出馬し落選(動物問題を扱いたいため)
2019年12月犬猫肉食輸入禁止のためのWEB署名活動継続中
2020年2月前澤ファンド応募し落選(猫の島津島プロジェクト)
2020年4月コロナ禍によるたまねこクラウドファンディング達成
挑戦は続きます!

たまねこTwitter
NPO法人キャットセイビアTwitter
伊沢浩美Facebook
たまねこFacebook
Sweetpixy (ラグドールキャテリー)
伊沢浩美(ブリーダー)Facebook
Sweetpixy Facebook
NPO法人キャットセイビア Facebook
ポポキオハナ(ブリーダー専用販売サイト)
たまねこYouTubeチャンネル

上記サイトをすべて個人で管理しています。
ブリーダーFacebookではほとんどが外国のブリーダーさんと繋がっています。
更新頻度が少ないですがポポキオハナもシリアスブリーダーのために
横展開していきたいと思っています。




コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください