三年番茶を飲んだことありますか?身体にもココロにも、そして、茶畑にも嬉しいお茶なんです。基本はじっくり煮出して飲みます。ほっこりします。でも、もっと色々な飲み方で楽しめる可能性を秘めたお茶だと気づきました!みんなで楽しくお茶を飲んで、語れるコミュニティです。

プロジェクト本文

最近、やかんや急須を使ってお茶を飲みましたか?


和ごころ農園は、家族で岐阜県の里山、白川町で有機農業を営んでいます。お米、お野菜を年間50品目ほど栽培。旬のものを直接届けています。

昔からお茶の産地である白川町では、寒暖差があり霧がかかることから、香り高い美味しいお茶が育ちます。
結構人気があるんですよ、白川茶。

(三年以上伸びたお茶の新芽)



でも、高齢化が進み、栽培をやめざるを得ず放棄される茶畑が増えてきました。
後継者不足でこの先やめてしまう可能性のある畑が多数あります。
現役で頑張っている農家も、「なかなか儲からない」と従来の方法では経営が厳しい現状があります。


そもそも、急須でお茶を飲む機会って激減しているそうです。
ペットボトルで気軽に飲めるようになった現代では仕方ないのかもしれません。


でも、日本にある、お茶を飲む文化までなくなって良いのか?
お茶の産地が消えてしまっても良いのか?

考えることが多くなりました。


ー 三年番茶と出会って変わった、お茶への愛着 ー


2017年、ちょっと特別な三年番茶(三年晩茶とも書きます)に出会います。

僕にとって、三年番茶は、馴染みのお茶だったんです。
体調が優れない時、梅醤番茶を飲むようにしていたから。
この番茶は、三年番茶を使うのが良いと言われていて、
常に三年番茶をストックしておいたんです。

でも、2017年に出会った三年番茶は全然違ったんです。


特別な三年番茶ってどんなお茶?


それは、
・3年間生長した茶の木と葉を使っている
・薪の火でじっくり焙煎している
ことでした。

3年育つと1mほど伸びる茶の木は、普段見る茶畑からは想像できない姿です。
でも、この野性的にそだったお茶にパワーがあったんです。


漢方にも似た、身体に染み渡っていく味がします。
身体がほっこり温まります。

しかも!
薪を熱源にしているので、整備が行き届かない日本の森林の問題も解決してしまう可能性を秘めているんです!
(日本の森林の多くは適正な間伐をしないと深刻な状況になっています)


間伐が進まない白川町。
茶畑が放棄され、3年以上伸びている茶畑がある!


白川茶でも是非この三年番茶を作りたい!!


そこで、2018年から、奈良県にある健一自然農園さんで焙煎をしてもらい、白川茶の三年番茶が完成しました。


2019年に、日本茶アンバサダーの方が「岐阜のお茶旅」の1つとして取り上げていただいた記事のリンクです。是非ご覧ください!
https://we.me/pa5V1u-FL


ー どうしてお茶会コミュニティを立ち上げるの? ー


一度飲むと、やみつきになるんですよ。

少しずつファンが増えはじめ、最近は、お客様から色々な飲み方の提案を頂くようになりました。

田舎の農業の課題は無視できないのですが、
まずは、お茶をみんなで楽しむ会を作りたい!
もっと、三年番茶を知ってもらいたい!
とコミュニティをつくることにしました。


・楽しくお茶会をしながら、三年番茶の魅力をもっと感じられる飲み方を研究したり
・一緒に茶畑で作業をしたり
・新茶の季節には、新茶を楽しんだり

まずは、ひと手間かけてお茶を淹れることを楽しみ、
お茶の文化、歴史に思いを馳せ、

ゆくゆくは、里山の茶畑の問題解決になるような「しかけ」ができる集まりになれたらと思っています。


岐阜県にお住まいでなくても楽しめる工夫をします。
Facebookでライブ配信したり、楽しみ方も動画でシェアしていきます。

是非、白川町へも遊びに来てもらえるようなイベントも企画していきます。

※お茶会は、岐阜県可児市にある、オーガニック食材を使ったこだわりレストラン「大豊軒」さんで予定しています。



ー 将来の目標、夢 ー


まだ、私の農園では、茶の木を収穫して、1センチほどの長さに寸断してチップにするところまでしか加工ができません。

将来的に、白川町で、白川町の木を使って三年番茶を加工するのが夢です。

このコミュニティを通じて、みなさんと実現できたらとワクワクしています。

ご参加お待ちしています!


パトロンへのリターンについて

スタンダードコースの方

・非公開のFacebookグループにご招待します。
・お茶会(2ヶ月に1回開催。5月は白川町で開催予定)に優先的に参加できます。
・お茶会のネット配信をご覧いただけます(Facebook LIVE)。
・お茶会の研究テーマのレポートをメールでお届けします。
 2ヶ月に1回のレポートになります
(入会した月の最新号をお届けします)
・メールマガジン(月1回)をお届けします。


プレミアムコースの方

・非公開のFacebookグループにご招待します。
・お茶会(2ヶ月に1回開催。5月は白川町で開催予定)に優先的に参加できます。
・お茶会のネット配信をご覧いただけます(Facebook LIVE)。
・お茶会の研究テーマのレポートをメールでお届けします。
 2ヶ月に1回のレポートになります
(入会した月の最新号をお届けします)
・メールマガジン(月1回)をお届けします。

プレミアムコースの方は、さらに、
・三年番茶がいつでも10%オフで購入できます。
(発送もできますが、別途送料がかかります)
購入は、和ごころ農園よりできます。コミニュティ参加後にご案内するメールで申し込み方法をお伝えします。
・お茶にまつわる動画コンテンツ(お茶会レポートの動画版など)が閲覧できます。
(動画コンテンツは隔月で追加されます)


入会時に入力いただくメールアドレスで、メールマガジンを登録させて頂きます。
ご了承願います。


自己紹介


2010年より、愛知県から移住して岐阜県加茂郡白川町黒川で有機農業を営んでいます。年間40品目ほどの野菜に加え、お米、大豆を無肥料自然栽培で大切に育てています。
古くから原木の椎茸栽培が盛んだった場所で、原木椎茸栽培にも挑戦しています。
野菜の販売と並行して、人生を変えちゃう農業体験を開催しています。

田んぼを区画貸しして、お米を自給できるプログラム「1000本プロジェクト@黒川」
エディブルスクールヤードの哲学を参考に始めた、五感で愉しむ食育菜園「EDIBLE KUROKAWA YARD」
を主宰しています。詳しくはホームページをご覧ください。
http://wagokoro.xyz

プロフィール

伊藤 和徳
1978年生まれ。水処理エンジニアリング会社にて、研究開発の仕事を経て、脱サラ。2009年に、山梨県の有機農家で1年間の研修を終え、2010年より、岐阜県白川町で新規就農。2児の父。
2014年に心臓の手術をし、一命を取り留める。第二の人生が始まったと覚悟を決め、世のため、人のためにできることに挑戦を始める。
2018年に方眼ノートトレーナー資格を取得し、ノートの使い方を伝える講師となる。2019年より農業×教育で子供たちの支援も始める。


入会方法

・当ページの「パトロンになる」ボタンから入会することができます。
尚、月の途中で入会した場合でも1ヶ月分の料金が発生します(当月分は日割り計算になりません)。

・入会申請後、CAMPFIREから自動送信されるメール(タイトル:【CAMPFIRE】支援完了のお知らせ」)内にて、Facebookグループへの参加手順をご連絡します。数時間待ってもメールが来ない場合は、お手数ですが、CAMPFIREのメッセージ機能にてお問い合わせください。
※予め【@camp-fire.jp】のドメインからメールを受信できるように設定をお願いいたします。
※混雑時などは、入会審査に5営業日ほどお時間をいただく場合がございます。

・支援者様限定ページや限定コンテンツをご覧いただくにはCAMPFIREアカウントが必要です。


決済方法

CAMPFIREコミュニティの月々のご支援はクレジットカードとキャリア決済のみになります。
※コンビニ払い・銀行振込(Pay-easy払い)には対応しておりません。

使用可能なクレジットカードは下記のみです。また、残り有効期限が100日以上のクレジットカードに限らせていただきます。
VISA/MasterCard/JCB/Diners Club/American Express

ご使用可能なキャリア決済は下記のみです。
○auかんたん決済
○ソフトバンクまとめて支払い
○ワイモバイルまとめて支払い

・領収書の発行は行なっておりませんので、予めご承知おき下さい。

※途中で退会した場合も返金はありません。ご了承ください。
※「Pay Activity」コンテンツのお支払いについては、現段階ではクレジットカードのみとなります。



注意事項

・本コミュニティ・オンラインサロン・ファンクラブで提供されたコンテンツについては、許可がある場合を除いて、外部への公開を禁止いたします。
・他の利用者への誹謗中傷など、運営の妨げになると判断した場合、強制的に退会していただく場合があります。
・その他規約はCAMPFIRE利用規約に準じます。
・CAMPFIREの決済や入退会に関しましてはCAMPFIREのヘルプページをご覧ください。


コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください