「議論メシ」は、ディスカッションでつながるフラットなコミュニティ。 議論というフラットなコミュニケーションのおかげで、メンバー同士が自然とつながり、コラボレーションや新しいアイデアが生まれます。創設当初の名称「議論でメシを食っていく人が集まるコミュニティ」から転じて「議論メシ」。

プロジェクト本文

どうも、議論メシの黒田悠介です。

「議論ってなんだかハードル高そう…。」

そう思われるかたが多いかもしれません。

でも、ご安心ください。議論メシでやっている議論での参加者同士の関係は、討論のような「VS(バーサス)」ではなく「WITH」の関係です。

お互いの意見や価値観を尊重しながら、新しいアイデアやモノの見方を一緒に作り上げる共同作業ともいえます。

対話を通じたこの共同作業は非常に楽しく、しかも役に立ちます。

それが議論メシの考える「人がつながるエンターテイメントとしての議論」です。



あなたの問いを議論するコミュニティ

例えばあなたが複業をしたいと思っていたとして「どうしたら複業に活かせる自分の強みを見つけられるだろう?」とモヤモヤと考えていたとします。

ぜひ、その問いを議論メシに投げ込んでみてください!

そうすると、議論を通じて多様なメンバーから自身の複業の経験や、強みを見つける方法が共有されてきます。

また、例えばあなたが事業を立ち上げようとしているなら「どうしたらこの事業を成功させられるだろう?」と考えているかもしれません。

その問いもぜひ、議論メシに投げ込んでみましょう!

そうすると、議論を通じて多様なメンバーから事業を立ち上げた経験や、ユーザーとして感じたニーズを共有してくれるでしょう。

このようにジブンゴトをお互いに議論しあうことで、自分の課題を解決することもできるし、相手の課題を解決することで面白いつながりも生まれていきます。


議論は人をつなぐチカラがある

知識や経験、アイデアやモノの見方、できることややりたいこと、それらを議論で交換することで、議論メシでは面白いつながりが生まれています。

登壇者のいる一方通行のイベントや、雑談だけで終わる飲み会とは違った、議論の面白さにハマってみませんか?

議論を楽しむために、ロジカルであったり、議論の知識や経験がないといけないわけではありません。

会社員、経営者、フリーランス、学生、主婦、などなど、さまざまな観点から生み出されるアイデアが組み合わさっていくことが大切です。

多様性のある議論の場でしか出てこないようなアイデアが生まれるプロセスを一緒に楽しめたら楽しいはずだと、このコミュニティを始めました。

それが2017年11月のことです。

そしていま、毎月20回以上、オフラインとオンラインで議論するコミュニティになりました。

議論の先に、いろんなことが起こるようになってきています。



改めて、議論メシとは?

議論メシ」は、議論でつながるフラットなコミュニティ。

自身のプロジェクト、事業、キャリアなどにまつわるジブンゴトの問いを差し出せば、メンバーが集まって一緒に議論して前に進めるヒントをくれる。

逆に、他のメンバーの問いを議論することで、貢献を通じて発想力や対人知性も自然と高められる。さらに、ここでしか聞けない知識・経験もインプットできる。 

議論というフラットなコミュニケーションのおかげで、メンバー同士が自然とつながり、コラボレーションや新しいアイデアが生まれます。

創設当初の名称「議論でメシを食っていく人が集まるコミュニティ」から転じて「議論メシ」。

公式サイトはこちら


 


メディア掲載

議論に強くなる「議論メシ」とは? 企業には無料で“場”を提供
人生が変わる「オンラインサロン」超活用術
これからのコミュニティの在り方と私たちのあたらしい働き方
「コミュニティ疲れ」しない考え方とその対策
議論メシ・黒田悠介さんに聞く、「個人の問いを共有するための場づくり」
マツコの知らないに出演「自分をブランディングするまでの苦悩とその解決策」
Future Discussion -議論を通じて『対人知性』を鍛える-


実際の活動について

・イベントについてはこちら

・企業向けの議論についてはこちら

・メンバー同士のコラボレーションについてはこちら


これまで扱ってきた議論のテーマ(一部抜粋)

・どんな社会科なら小中高生がワクワクして学んでくれるだろう?
・地域内の世代間交流ってどうやったらいいんだろう?
・「大人のキッザニア」をやるならどんな体験がしたい?
・働く空間における音や音楽はどのようにあるべだろうか?
・企業の採用が自由になるなか、採用はどう変わるのか?
・出版業界における新たな顧客との関係性はどんなものだろうか?
・「やりきる力」とは何なのか?
・スペシャリストとゼネラリストを選択すべきか?
・ロボットプログラミングの趣味を事業にするにはどうすればよいか?
・人を巻き込むにはどんな能力や技術が必要か?

などなど、オンラインのディスカッションやオフラインイベントで様々なテーマを扱っています。あなたの問いもぜひメンバーと一緒に議論させてください!




メンバーの属性

多様なメンバーがいることで、様々なアイデアや観点を組み合わせて新しい発想を生むことができます。また、フラットな場なので、テーマに関する専門性や年齢などで上下関係が発生することもありません。


得られるリターンについて

・メンバー限定のFacebookグループへの招待
・Facebookグループ内でのオンラインディスカッション(月4~8回)への参加
・東京を中心とした企業やNPOとのディスカッション(月3~6回)への参加
・渋谷などの都内で開催されるメンバー限定イベント(月20~30回)への参加
・コミュニティ通貨GRN(ギロン)の利用
・マッチングアプリyentaが提供するメンバー限定のマッチング機能の利用


コミュニティデザイナーからのご挨拶

はじめまして。議論メシのコミュニティデザイナーの黒田悠介です。わたしは年間30社の新規事業立ち上げをサポートするディスカッションパートナーという肩書きで活動しています。日々、様々な経営者と議論していて、これが本当に楽しく、やり甲斐も感じられるものなのですが、まだまだこの議論の面白さを体感している人が少ない。

そこで「議論の面白さをもっと色んな人と共有したい!」と思い、立ち上げたコミュニティがこの議論メシです。

もともと「議論でメシを食っていく人」(コミュニティ名の由来です)を中心に構成されていましたが、最近では本当にさまざまな人が関わってくれています。本当にありがたい。

2017年11月の立ち上げから常にメンバーと一緒に作り上げてきた議論メシ。あなたにとっても新たな「つながり」や「アイデア」が生まれる嬉しいです。

最新の活動報告

もっと見る
  • 活動報告

    Monthly Updates on Giromeshi 7月号

    2019/07/28 12:00

    議論メシで起きていることを定期的にまとめてお伝えしていきます。議論メシのメンバーになっているかたもそうでない方も、ぜひチェックしてみてください。「NEWS」「ピックアップフォト」「ピックアップイベント」「オンライン議論テーマ」の順にお伝えします。7月のアップデートは以下の通りです!NEWS仲間...

  • 活動報告

    6月のイベントの様子を写真でご紹介!

    2019/07/04 08:42

    6月に開催された議論メシイベントの一部の様子を写真や動画でお届けします!06/04 シブヤギロン:登壇者不在のフラットなディスカッションイベント06/10 KADOKAWAさんとのディスカッション(テーマは公開できません)06/12 議論メシキッチン:メンバー限定のポップアップレストラン06/...

  • 活動報告

    Monthly Updates on Giromeshi 6月号

    2019/06/30 23:40

    議論メシは皆さんとの議論を通じて常にアップデートされ続けています。そこで、どんなアップデートがあったのか定期的に発信していこうと思っています。最近のUPDATES◆7月からオンラインディスカッションについて、深掘りをしていきます。毎週月曜日にメンバーからテーマが投稿されたあとに、火曜日の「議論...

コメント

もっと見る

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください