2021/09/02 10:21

※文字等が小さい場合は、画面を拡大(ズーム)して、画質をご調整の上ご視聴ください。

タイムテーブル:

00:00 スタート

・アンケートの回答 超基礎講座は全部履修しています?他


03:18 火災対策は予防と拡大防止の2つの視点から

・建物が壊れる要因は、物理的なもの、化学反応によるもの、腐朽がある。

・一番大きいのは火災によるもの。

・消防法と建築基準法のダブルで対策

 ①未然予防、②早期発見、③拡大防止、④消火、⑤安全避難

・試験には出ません。


13:20 拡大防止の主力=防火区画(法26条、法36条)

・防火区画は建物を小さく区画する。

・他の室に延焼させない。

・大きく3つ。

面積区画、竪穴区画、異種用途区画、防火壁、防火床、界壁、防火上主要な間仕切壁、隔壁、渡り廊下・・・


33:13 防火区画に用いる防火設備

・4つだけ。

・特定防火設備、防火設備、10分間防火設備、戸(準竪穴区画)

・20分間防火設備(令137条の10)は出てこない。超基礎講座その5の〔防火設備の種類〕を理解してましょう。


39:35 常時閉鎖式防火戸と随時閉鎖

・戸の大きさは3m2って決まっています。S48建設省告示2563号

・感知器は2種類。煙感知、熱感知。

・遮煙性能が必要なのは、竪穴区画、異種用途区画。S48建設省告示2564号


52:36 防火区画を貫通する配管・ダクトの対策

・「準耐火構造の防火区画を貫通する場合」令112条20項,21項

・隙間は不燃材料で埋める。管は不燃材料でつくる。


1:01:39 ここまでの振り返り


1:02:20 防火区画の周辺部対策

・スパンドレル/接壁

・防火壁(法26条,令113条,R元国交告197号)

・面積区画(法36条,令112条①,令112条16項,17項)


1:08:33 内装制限=初期避難を支援(フラッシュオーバーを遅らせる)

・フラッシュオーバーとは?

・木造火災室の温度変化を知ろう。

・大事なのは天井と壁(上の方)です。

・絵を描いてみよう!

・不燃材料が求められる場合は?


1:20:18 最後のまとめ 本日の振り返り 


このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント