2020/10/29 20:55

組織・チームの力を高めるためにいま大注目されているのが「心理的安全性」。この意味を、みなさんは正しく理解していますか?

近年、心理的安全性の重要性は取り上げられつつも、概念だけが漠然と広まっています。その結果「ヌルい職場」を生み出す機能であるという誤解を抱いている人も多いのが現状です。しかし、心理的安全性は組織の地力をあげ、より成果を出すために強い味方となる機能です。

そこで今回は、株式会社ZENTech 取締役の石井遼介氏に、新刊『心理的安全性のつくりかた』を題材にお話をお伺いします。

心理的安全性の4因子を学び、変化の激しい自体に対応できる組織づくりを実現しましょう!


◎本イベントで学べる3つのポイント

1.チーム・組織の力を高める心理的安全性のつくりかた
2.成果の出るチームづくり
3.変化の時代に対応できるリーダーシップ

◎イベント開催詳細

11月11日(水)7:30〜9:00 「朝渋」にて配信
※本イベントは、朝渋メンバー限定コンテンツとして、非公開のfacebookグループにて配信を予定しております。CAMPFIREよりご入会くださいませ。

◎プログラム内容

07:30〜07:40 オープニングトーク

07:40〜08:10 基調講演
◇登壇者:石井遼介氏(株式会社ZENTech 取締役)

08:10〜08:50 トークセッション&質疑応答
◇登壇者:石井遼介氏(株式会社ZENTech 取締役)
◇モデレーター:浦川拓也(朝渋運営)

08:50〜09:00 クロージング


◎登壇者のご紹介

ゲスト・石井遼介氏

株式会社ZENTech取締役。一般社団法人日本認知科学研究所理事。
慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科研究員。
東京大学工学部卒。シンガポール国立大経営学修士(MBA)。神戸市出身。

研究者、データサイエンティスト、プロジェクトマネジャー。
組織・チーム・個人のパフォーマンスを研究し、アカデミアの知見とビジネス現場の橋渡しを行う。

心理的安全性の計測尺度・組織診断サーベイを開発すると共に、ビジネス領域、スポーツ領域で成果の出るチーム構築を推進。

2017年より日本オリンピック委員会より委嘱され、オリンピック医・科学スタッフも務める。

著書に『心理的安全性のつくりかた』(日本能率協会マネジメントセンター)がある。


モデレーター・浦川拓也

1991年生まれ、滋賀県出身。 大阪大学理学部数学科卒。

大学在学中に初海外で世界一周旅行へ。帰国後は旅を広めるべく、 株式会社TABIPPOにてインターン。株式会社アトラエに新卒で入社

し、法人営業と新卒採用を兼任。その後TABIPPOに戻り現職。コミュニティマネージャーとして年間200回のイベントや多くのコミ

ュニティを運営。

複業としてコミュマネやファシリテーター、研修講師などで活動中。 2020年1月より朝渋に参加し、現在は会員コミュニティの運営やイベント のファシリテーターとして活動。





このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント