2020/04/17 11:44

※こちらは今年1月に行われたイベントの再放送となります。

イベントレポートはこちら↓

愚痴を吐かなくなったのは、家族の死に直面したから。ピョートルさんが語る「自分らしく楽しく働く方法」。


テーマは「人生デザイン学〜私たちはどう生きるか〜」。
ひとり一人が生き方をデザインする時代。
自分のこれからを考えるために、触れておきたい知識を第一線で活躍中のゲストから学びしょう!

ゲストは、『CREATE WORK 自分だけのキャリアをつくれる人が入社1年目から大切にしていること 』著者のピョートル・フェリクス・グジバチさんです。
いかに組織に所属しながら、社内外で自分の価値を高めていけばいいのか。そんな人生のデザイン学についてお話ししていただきました!


▼こんな方にオススメ

- 働き方で悩みをお持ちの方

- 会社に所属しつつも、"自分の価値"を高めていきたいと思っている方

- 今後のキャリアデザインを模索中の方


※本イベントは、朝渋ONLINEメンバー限定コンテンツとして、非公開のfacebookグループにて配信を予定しております。CAMPFIREよりご入会くださいませ。

▼ゲストプロフィール

ピョートル・フェリクス・グジバチさん


プロノイア・グループ株式会社代表取締役/モティファイ株式会社取締役チーフサイエンティスト、TimeLeap株式会社取締役。プロノイア・グループにて、企業がイノベーションを起こすための組織文化の変革コンサルティングを行ない、その知見・メソッドをモティファイにてテクノロジー化。またTimeLeapにて子どもの起業家を育成する。


ポーランド生まれ。2000年に来日し、ベルリッツ、モルガン・スタンレーを経て2011年にGoogleに入社。アジア・パシフィック地域におけるピープル・ディベロップメント(人材開発)に携わったのち、2014年からはグローバル・ラーニング・ストラテジー(グローバル人材の育成戦略)の作成に携わり、人材育成と組織開発、リーダーシップ開発の分野で活躍。2015年に独立し現職。

著書に『世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか』『Google流 疲れない働き方』(SBクリエイティブ)、『0秒リーダーシップ』(すばる舎)、『日本人の知らない会議の鉄則』(ダイヤモンド社)、『ニューエリート』(大和書房)、『世界最高のチーム 』、『人生が変わるメンタルタフネス』、『働き方改革による「自己実現』、『PLAY WORK プレイ・ワーク 仕事の生産性がグングン高まる遊びながら働く方法を』(PHP研究所)、『成長企業は、なぜOKRを使うのか?』(ソシム)。


Twitter: @piotrgrzywacz

Facebook: @piotrgrzywaczofficial

Instagram: @piotr_grzywacz

LinkedIn: @piotr.grzywacz


▼書籍のご案内

「CREATE WORK 自分だけのキャリアをつくれる人が入社1年目から大切にしていること 」


▼書籍概要

◆副業も当然の時代に、元グーグル人事部長が考える「新しいキャリア」のつくり方と、会社との付き合い方

転職・独立だけでなく、会社にいながら副業をするという新しい働き方も増えてきました。

新しいロールモデルがない中で、いかに組織に所属しながら、社内外で自分の価値を高めていけばいいのか。

グーグル、モルガンスタンレーといった外資系企業、日本企業、ベンチャーなど様々な組織を経験した著者ならではの、今必要な仕事とキャリアの作り方を伝授します。


このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント