2021/07/11 11:15

馬旅を運営する日本乗馬普及協会は愛知県豊橋市(人口約35万人の中型都市)を拠点に活動をしており、豊橋市SDGs推進パートナーに認定されています。先日、豊橋市が乗馬をテーマにした市のPR動画、『【乗馬】初心者の1日』を公開しましたのでご紹介させていただきます。たった1分の動画ですが、乗馬経験者はもちろん乗馬未経験者の方々にも乗馬の敷居が高くないことを感じていただければ嬉しいと思っています。また、様々な地域でこのような「乗馬×地域活性」の取り組みが拡がることを願っています。

現在、全日本学生馬術大会2021に協賛をするためのクラウドファンディングを実施しています。先月開催された関東学生馬術大会にも協賛いたしましたが、今回はクラウドファンディングを通してより多くの皆様に学生馬術大会の魅力を知っていただき、応援していただけたらと考えています。

現在、学生馬術界の馬の約8割が引退競走馬と言われています。それほど多くの引退競走馬が活躍していることはとても素晴らしいことですし、中には2011年JRA日本中央競馬会のG1である朝日杯フューチュリティステークスを勝利したアルフレード(父・シンボリクリスエス)も大学馬術部に所属しています。

私は大学馬術部こそ競馬ファンと乗馬・馬術・引退馬支援に繋げる架け橋になるのではないかと感じ始めています。大学馬術部はもしかしたら「大学駅伝」や「高校野球」のように多くの方々に注目される日がやってくるのではないかと。競馬ファンの方々にも引退競走馬が多く活躍する大学馬術部を応援してほしい、馬術部に所属していなかった大学OBの方々にも馬術部を応援してほしい。人と馬を結びつける。そして、それがいずれ持続可能な引退馬支援に結びつくことを期待しています。

そんなことを考えつつ今後も地道に活動してまいります。現在、全日本学生馬術大会2021に協賛するためのクラウドファンディングを実施していますので皆様にもご協力いただければ幸いです。どうぞ宜しくお願いいたします。

プロジェクト:全日本学生馬術大会2021に協賛したい!

このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント