電ファミニコゲーマーの移管、そして主催のファンクラブ「世界征服大作戦」の立ち上げにあたり、ゲームクリエイターをはじめとして、経営者や作家、コンテンツ業界の著名人など、多くの方々から応援と激励のコメントをいただきました。

 ここでは、新たに届いたコメントを掲載しています。これまでに届いたコメントはこちらから。

──────


白泉社

キャラクタープロデュース室 室長

安藤三四郎

【主な実績・関連作品】
『マンガPark』統括役

平さんは日本最高のジャーナリスト。いつも思ってました。
インタビューする時とか疑問形じゃないんですよね。いつも雑談っぽい(笑)。
でも、記事みると、聞いてるんですよ。しかも、読者が求めてることを。何、忍術? それ何なのって。

そんな平さんがサロンを! サロンって雑談ですよね(間違ってます?)
これ、日本最高のサロンだと思いますよ。色々な人からすごいの、いつの間に引き出してますね。本当に世界とか征服する気だわ。


ヴァニラウェア

代表取締役

神谷盛治

【主な実績・関連作品】
『プリンセスクラウン』、『オーディンスフィア』、『朧村正』、『ドラゴンズクラウン』、『オーディンスフィア レイヴスラシル』

近年再び大きな転換点にあるゲーム業界に、マスタークラスの濃ゆい顔ぶれによる“作品を生み出す”新しい試み「世界征服大作戦」。
応援させていただきます。そして微力ではありますがお手伝いできれば幸いです。
ゲームもメディアも新しいサービス形態や収益スタイルを開拓する時代なんだと、平さんの挑戦に胸躍ります。
ヴァニラウェア神谷盛治


グランゼーラ

チーフプロデューサー・ゲームデザイナー

九条一馬

【主な実績・関連作品】
『絶体絶命都市』、『マンガ・カ・ケール』、『巨影都市』、『R-TYPE』シリーズ

電ファミニコゲーマーさんの名前を初めて見た時、正直言ってかなりおちゃらけた内容だと思っておりました。申し訳ありません。
実際に拝見すると、とても深く掘り下げた内容だったり、多くのクリエイターさんの体験や知見が凝縮されてものが掲載されており、私のような地方都市で制作をしている者にはとても新鮮でありがたいと思っております。
独立されるとのこと。より一層思いきりのいい活動をなされることを期待しております。
今後ともよろしくお願いいたします。


日本ファルコム

代表取締役社長

近藤季洋

【主な実績・関連作品】
『軌跡』シリーズ

作り手の熱量が高いゲームは、発表されると公開された画面写真や情報から、それが滲み出ている気がします。
電ファミニコゲーマーさんの記事も同じように、パッと見て発信する人の熱意が即座に伝わってくるように思えます。
色々なゲーム会社があったほうが面白いのと同様、メディアも色々あってほしい。特に熱量あふれる電ファミニコゲーマーさんの記事は作り手にとっても励みになります。応援しています!


バンダイナムコエンターテインメント

第1プロダクション部長 チーフプロデューサー/ゲームディレクター

原田勝弘

【主な実績・関連作品】
『鉄拳』シリーズ、『ソウルキャリバー』シリーズ、『ポッ拳(POKKÉN)』、『サマーレッスン』

ゲーム業界はこれまでも数多くの変革を経験してきました。テクノロジーベースの産業ですのでとてつもない速度でビジネスモデルを含めた根底から一気に局面が変わるだけでなく、そのスピードがとても速いというのがこの業界の特徴だと思います。
古いビジネスモデル時代に生まれたゲームコンテンツも、この変革のスピードにしっかりついていけているものは生き残っていますし、拡大しているものもあります。一方で、数多くのゲームタイトル、IPが飲み込まれ、消えていっています。基本的には生き残れるのは一部のタイトルだけなのです。
故に、我々は常に新しい何かを生み出さねばなりません。
多くの企業、個人がこの「創造」という課題に日々直面し、頭を悩ませています。無論私もそのうちの一人です。
そんな原田さんが読んでいるのが「電ファミニコゲーマー」!
バンダイナムコエンターテインメントでオリジナルIPゲームタイトルの統括部長を務め忙しい日々を送っている原田さんに、その元気の秘密を聞いてみました!
「平さんが、新たに電ファミニコゲーマー主催のファンクラブを立ち上げたと聞いて参加してみたんです。そしたらもう毎日が楽しくて!ゲームのアイデアもどんどん浮かんでくるんです」

…という青汁の宣伝ではありませんが。

少し前に電ファミニコゲーマーの平さんから、「世界征服大作戦をやります」と聞いて、真っ先に思い浮かんだのが「大体世界征服を目論むなんてのは、ゲームとか漫画の世界で言えば絶対悪者だよ!」という脊髄反射と、世界征服を目論む三島財閥、三島平八の悪の所業が思い浮かんでしまい、遂に平さんも悪に染まってデビル化でもするのかしら?と思ったのですが、全容とビジョンを聞いてびっくり。
なんと、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦さんと元バンダイナムコゲームス代表取締役社長の鵜之澤伸さんまで参加していると聞いて、それはもう逆らえるわけないやろ!!!いったいお幾ら包めばいんですか!!!と聞いてみたらあらお安い。
僕はてっきり年間150万ぐらい学費として頂きますとか言われるのかと思いました。
このファンクラブには、恐らく名だたるクリエイターやプロデューサーやディレクターが名を連ねてあらゆる形で参加するでしょう(と予言めいた事を言っていますが、実際に皆さんご存知のクリエイターの方々から参加表明を聞いたので・笑)。
なんとなくのイメージですが、どこかのまだ名も知れない参加者の才能が見出されて、業界歴の長いプロデューサーや事業系のベテランが何かのタイトル企画や更なる人と結びつけて、新しいものが創造されるとか、そういうケースが期待されるというか、そうなると最高の結果なんだろうなあ。と期待しています。
先の述べた「世界征服を目論むのは大抵悪者」の話ですが、みなさんご存知の通りゲームや漫画の世界の悪者は、あらゆる「挑戦」とあらゆる「改善と改革」を繰り返しますし、時に「大きな賭け」にも出る「勇気」を持っていることが多いですよね。そして「懲りない」。
この懲りない面々が集まる電ファミニコゲーマーというメディアには期待しかありません。
あっ!そういえば、、、何度か記事にも登場している私ですが、この世界征服大作戦企画の何かに参画することがあるのだろうか。あるのかもしれない。
そうだ、僕は別のゲーム系メディアで「原田が斬る」という対談連載を持っているのですが、そこに電ファミニコゲーマーの平さんを読んで対談するというのはどうだろうか。え、そういうのってタブーですよって後ろから部下に言われたんですけど、そうなの?
でもみんな、電ファミニコゲーマーの新しい門出を祝う際に「編集長TAITAI」ってどんな人?ってのを全20ページぐらいでインタビューすべきだと思うよね?
それで電ファミニコゲーマーのビジョンに共感できたら、ファンクラブに入るよね?
そうだ、そっから始めよう。インタビュアーは僕で。質問は電ファミニコゲーマー読者の皆さんから募集します。


フロム・ソフトウェア

代表取締役社長 ディレクター

宮崎英高

【主な実績・関連作品】
『ダークソウル』シリーズ、『Bloodborne』

10年前、『Demon’s Souls』というタイトルをディレクションしたとき、まったく注目されず、取材していただく機会も殆どありませんでした。

そんな中で、とても丁寧に、ゲームデザインとその意図を掘り下げてくれたのが、当時4Gamerの副編集長だった平さんでした。

当時からずっと私は取材が苦手ですが、あのインタビューが、苦手意識を少しだけ薄れさせてくれました。

それ以来、私はずっと平さん贔屓で、他にない面白い記事が世に出るたびに、自らの慧眼を誇っています。

そんなわけで、私のささやかな誇りのためにも、新しい電ファミニコゲーマー、応援しております。

アドバイザーの皆様+平さんの、昭和プロレス的全員曲者感に期待しています!


スクウェア・エニックス

取締役/執行役員 ファイナルファンタジーXIVプロデューサー兼ディレクター

吉田直樹

【主な実績・関連作品】
『ファイナルファンタジーXIV』

株式会社マレの設立、並びに「電ファミニコゲーマー」の新たな門出をお祝い申し上げます!
ゲーム業界は、良くも悪くも、様々なしがらみの存在する業界です。
そんな中でも、忖度無く、ありのままの業界の姿をゲーマーに伝えてくださることに期待します。
(業界の中にも読んでる人多数ですけれどw)
また、思いっきりゲームと業界についてお話できる日を楽しみにしております!!