プロジェクトを立ち上げるのに必要な「プロジェクト文章を書く」「画像を編集する」という2つが、プロジェクトオーナーの「最初の一歩」を重たくしています。ナゴヤをもっと面白く元気にするために、この費用をみんなでサポートし、「当事者」としてどんどんナゴヤを魅力的にしていこう!というファンクラブです。

プロジェクト本文

2017年6月からスタートし、数多くのプロジェクトが生まれました!

みなさんこんにちは、FAAVO名古屋栄です。 2017年の6月に私たちはCAMPFIRE×LOCALのナゴヤエリアパートナーとしてスタートし、CAMPFIREとFAAVOのローカル事業での統合により、名前を「FAAVO名古屋栄」として2018年の7月より再スタートしています。

この1年間で多くのプロジェクトが生まれました。「もう一度ラッパーとしてCDを出したい!」という夢が叶ったり、名古屋では誰もが知っているゲストハウス・なごのやの別館を作るプロジェクトでは、なんと1000万を超える支援が集まりました。私たちもたくさんの学びや感動を頂いたことを感謝しています。

もっともっと「やってみようを増やしたい!」課題はライティングと画像編集

しかし課題も見つかりました。それは、 多くの方がプロジェクトを立ち上げるのに必要な「プロジェクト文のライティング」と「画像編集」が苦手だということです。私たちもお仕事として有料で承ることもあるのですが、例えば目標金額が10万円ほどのプロジェクトに対し、そのオーナーさんからお金を頂く、というのは心情的にも難しく、現実的でもありませんでした。

前述の通り、なごのや別館を作るプロジェクトのような大きな金額のプロジェクトも素晴らしいですが、もっと小さな「やってみよう!」も数多く応援したいと考えている私たちにとって、これは大きな課題でした。どうしたら良いのだろうか、と。

そこでたどり着いたのが、「ナゴヤのみんなでプロジェクトを応援する仕組みづくり」でした。ナゴヤに「やってみよう!」がたくさん生まれることは、ナゴヤにとって良いことだ。ナゴヤがどんどん活性化して面白くなることじゃないか!それならば、支える人も楽しく支えられる、そんな仕組みを作ろう!と思い、このファンクラブを立ち上げたのです。

目標額50万円以下のプロジェクトは無料にしたい!

みなさんから頂いたご支援は、主に50万円以下のプロジェクトの「本文のライティング」「画像編集」や、キュレーターの活動費として充てさせて頂きます。今回のファンクラブの目標金額を10万円とさせて頂きました。手数料やリターンを差し引いても、少なくとも月に1個のプロジェクト分は無料にできると考えています。

ぜひ皆さんの「元気玉」で、プロジェクトオーナーを一緒に応援しましょう!応援した結果面白いプロジェクトがナゴヤにたくさん生まれ、さらにナゴヤの魅力が増していく。そんな循環をみんなで生み出しましょう!

名古屋の名物を楽しみながら応援できます!

「応援したいけど何か楽しいリターンが欲しい!」そう思うのは当然ですね。そこで!ナゴヤが誇る名店にお声掛けをし、まずは3つのリターンをご用意させて頂きました。

【美味しい珈琲を飲みたい! or あの新名古屋メシ・鉄板小倉トーストを食べたい!】

*喫茶ニューポピーコース 珈琲1杯または鉄板小倉トーストどちらか1つ/月

http://b-bitou.com/shop/

 

 

【ここにしかない最高のマフィンを贅沢に食べたい!】

*To Go Kurumamichiコース お好きなマフィン2個/月

名古屋市東区筒井3丁目18−21 電話:‭070 1648 1050‬

 

【やっぱりこれでしょ。あのたまごサンドが食べたい!】

*なごのやコース たまごサンドセット1セット/月

http://www.nishiasahi.nagoya

 

【留意事項】 

※翌月5日頃までにクーポン画像を発行します。

※クーポンはその月のみ有効です。月をまたいで使用することはできません。 

※土日祝日を避け、なるべく月の前半にご支援頂けますようご協力をお願いいたします。

※月末にご支援を頂いた場合、初月のクーポン発行が間に合わない場合がございます。

※月末にご支援開始をして頂いた場合は、個別にご相談ください。

さいごに

ナゴヤは魅力のないまち、と言われている昨今。実はそんなことないんだ!とナゴヤの多くの方は心の底で思っているはず。それを表現するのが上手じゃないだけ。だからこそ「やってみよう!」と表現するプレイヤーを一緒に増やしましょう。そしてそのプレイヤーをプロジェクト自体を支援したり、プロジェクトを立ち上げる時に支えたりしましょう。そんな「エコシステム」を作りたいと私たちは考えています。ぜひみなさんの元気玉をどんどん大きくして、ナゴヤにたくさんの「やってみよう!」を作っていきましょう!

 

コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください