――サロンメンバーになるメリット―― ・編集者を通じて、出版業界の内部がわかる ・小説の編集にイチから関われる ・電子書籍レーベルの立ち上げに関われる ・新しい出版社がどれだけ大変か、わかる

プロジェクト本文

――このサロンの中身とは?――


このオンラインサロンでは、


★2020年に立ち上げる【「切ない小説」しか出さない電子書籍レーベル】を、メンバーとともにプロデュース

★そのレーベルで出版される小説の編集作業を公開

某出版社から年内3冊出版予定の小説の編集作業を公開(元テレビプロデューサーが描く業界小説、某女優の自伝的小説を予定)

出版された本のプロモーションについて、メンバーに相談&試行錯誤

★僕の編集者としての日常を公開


していきます!


――自己紹介――


ここで自己紹介をさせてください。


1981年生まれ。編集者歴18年。新卒から2019年まで、さまざまな出版社で本作りをしていました。

昨年末、つとめていた出版社を退職して今は、2020年1月に設立されたばかりの出版社で業務委託として本の編集をしていいます。

過去には、インプレス、青志社、早川書房、キノブックスで、小説、エッセイ、ノンフィクション、ビジネス書、経済本、タレント本、コミックエッセイなどをてがけてきました。

担当作のなかに、『紙つなげ!』(佐々涼子/早川書房)というノンフィクションがあります。

この本は、「紀伊國屋書店スタッフが全力でおすすめする キノベス!2015」で1位も取り、10万部を超えるベストセラーとなり、ドラマ化もされました。

この1年で担当した小説は、『アネモネの姉妹 リコリスの兄弟』(古内一絵)、『あの日、あの時、あの場所から』(水沢秋生)、『婚活っていうこの無理ゲーよ』(はあちゅう)、『こぼれる』(酒井若菜)などです。


――サロンメンバーになるメリット――


★編集者を通じて、出版業界の内部がわかる

小説の編集にイチから関われる

★電子書籍レーベルの立ち上げに関われる

新しい出版社がどれだけ大変か、わかる


などです。


リターンは何種類もありますが、一番安いので大丈夫です!

何か質問などありましたら、どんどん聞いてください。

よろしくお願いします。


  • 2019/06/11 15:53

    【2月6日】一つ質問させてください!ショートショートは、小説を読んだことない人、ほとんど小説を読まない人にオススメしやすいときいたのですが(芸人の又吉直樹さんが言っていました)、これ、ほんとうに合っていると思いますか?小説読みの人に向けて小説を出版するより、小説を読まない人に向けて小説を出版す...

  • 2019/06/07 18:28

    【1月10日】1月8日に投稿したショートショートの文庫本のPRについて、さっき思いついたことを共有させてください。プロモーションの一つとして、読者に感想を募って、それを帯に掲載しようかなと思ったんですが、結構そんな本もあるので差別化にならないし、そもそも文庫なので帯のスペースも小さくて、数人の...

  • 2019/06/06 19:04

    【1月21日】売れてないミュージシャンと、売れてない作家の違いについて考えています。売れてないミュージシャンって、なんか応援しがいがある気がします。「俺の手でドームに連れてったる!」みたいな。でも、売れてない作家って、応援する気がとくに起こらないんですよね…。「俺の手で、本屋大賞とらしたる!」...

コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください