「議論メシ」は、議論でメシを食っていく人が集まるコワーキングサロン(協働的会員制コミュニティ)。課題解決の体験を通じてスキルを高め、メンバー同士のコラボで新しい機会や仕事を生み出し、キャリアの発展と自己実現をサポートする会員制コミュニティです。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

議論メシ代表の黒田悠介と申します。ディスカッションパートナーという肩書きで、経営者との壁打ち相手を生業にしているフリーランスです。議論メシは、私自身と近い働き方をしている「議論でメシを食っていく人」が集まるサロンです。

▼このサロンで実現したいこと

議論メシは「仲間」と「体験」と「解決」のコミュニティ。Facebookグループで2017年11月から運営されています。議論でメシを食っていけるようにディスカッションの素養を磨き、仲間とともに課題解決を実践する場です。オンラインとオフラインの両方でディスカッションする場を設けており、東京を中心に日本各地のメンバーが所属しています。年齢層は20代~50代までと幅広いです。

議論メシでは一般的なサロンに比べてリアルなイベントを多く開催しており、毎月第三月曜日に開催されるMeetupを始めとしたリアルイベントを毎月6~12回ほど開催。さらに、課題を抱えた企業に議論メシメンバーで乗り込んでいきディスカッションを行うイベントも月に数回開催しています。このリアルな現場では、ディスカッションのライブ感という醍醐味を体験し、スキルを高め、企業との仕事に繋がることもあります。なお、イベントはオンラインでライブ配信しているので、場所や時間の都合が合わない方も閲覧することができます。

また、多様な専門性を持つ他のメンバーとユニットを組むことで、このサロン自体が課題解決集団になります。メンバーがディスカッションを生業にすること、越境ユニットを組んで活動すること、およびその先のキャリアも見据えてサポートします。既に議論メシメンバー同士のチームで実際の仕事をしているケースが出てきています。

※リアルなイベントは東京23区内に集中しております。東京以外のエリアの方にも価値提供できるように、リアルイベントをオンライン配信したり、ビデオチャットでのディスカッションイベントを月2回ほどオンラインにて開催しています。

▼これまでの活動

2017年11月から活動を開始し、現在メンバーは70名。これまで10社以上の企業とリアルな場でディスカッションし、オンラインでは60以上のテーマについて活発な議論がなされています。今後はメンバーを200人ほどまで増やし、様々な企業、NPO、地域、その他組織の課題を解決していくディスカッションファームとしての活動も増やしていきます。

▼最後に

ディスカッションは目の前の相手に対して全力で貢献することができる素晴らしいスキルです。人工知能にも代替されない高度な対人スキルであるディスカッションを磨き、ご自身のスキルアップやキャリアアップに繋げていただけたらと思います。議論メシへのご入会、お待ちしております。

コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください