発達障害、精神疾患のわたしにもやって来たピンチなようなチャンス…いや、ピンチなのか!?全国出版の選考に通ったものの初版は自己負担。今就労に向けての訓練校に通っていて、お金がない。そんなわたしにもよければ機会が与えられると嬉しいです。詩集を出させてもらえると幸いです。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

こんにちわ!

幼い頃からみんなとなんかちがう、なんかできない、なんでだろう。が多かった私です。

精神疾患がキッカケで発達障害でもあることがわかり、今、一般就労に向けて、障害者のための就労移行訓練を受けるために施設に通所しています。

そんな私が家族に受け入れてもらえずに家を飛び出した時に書いた「まーるくなーれ」などたくさんの詩をさまざまな問題を抱えてる人、またそうではない人、いろんな人に見てもらえたらいいな。

そんなわがままな想いでプロジェクトを初めて設立させていただきました。

▼このプロジェクトで実現したいこと

本の出版。

このチャンスがなければ地道に地元の年一回の障害者フェスタでの活動をがんばろうと思っていましたが、せっかくの機会チャレンジさせていただきたいです。

もちろん、地元のフェスタでもがんばりたいです。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

自費出版の相談会は問い合わせたものの、高いから行かず。

後日連絡があり、とりあえず郵送で送ると何度か経過の連絡を受けながら審査通過。

怖さもあるけど、チャレンジしたい。

これが私の動機です。

 

▼これまでの活動

自分の利用している、精神疾患の施設や病院、就労移行訓練施設での冊子を置かせてもらう。

地元の身体障害者のセンターでの冊子の設置。

これからは、地元の障害者のフェスタで朗読、展示、利益は私には来ませんが、詩の冊子を販売予定しております。

 

▼資金の使い道

詩の出版。

 

▼リターンについて

お金はありませんが、出来る限りがんばります。

メールやメッセージカード

詩の掲載や報告などさせていただけると幸いです。

 

▼最後に

わがままなプロジェクトではありますが、よければよろしくお願いします。

今回プロジェクトが達成しなくても、発達障害や精神疾患に興味や寄り添いが増えるとありがたいです。

 

みなさまがちょっとでも笑えるそんな日が少しでもありますように。

コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください