〇〇〇(まるまるまる)は逗子駅前の空きビルのてっぺんから誕生したコワクワク(Co-Work-Work)秘密基地。「この町で働く人を増やす」という想いから「みんなが主役になれるチャレンジの秘密基地」へ!色んな得意技が集まり夢を応援し合う〜多世代多業種のコミュニティとしてリニューアル!一緒に自己実現を!

プロジェクト本文

▼〇〇〇(まるまるまる)って?

はじめまして!逗子コワクワク秘密基地〇〇〇(まるまるまる)です。
〇〇〇(まるまるまる)は、コワーキングスペース改め、コワクワク(Co-Work-Work)秘密基地です。(※コワクワクの説明は下記参照)
ここは、神奈川県逗子市の駅前で7年間も空いていたビルのてっぺん。
「好きな町で働く人を増やす!」という想いからスタートし、もっと沢山の人たちが応援し合うコミュニティとしてリニューアルいたします!!

立ち上げ時のプロジェクトページはこちら

このとき集まった資金や仲間たちの力でスタートを切ることができました。改装は自分たちの手でDIYで今も少しずつ進めています。

改装活動と同時に、〇〇〇を活性化させるチャレンジの仕組みも作ってきました。 

〇〇〇の一番の特徴は、コワーキングスペースであると同時に、〇〇〇バー〇〇〇教室〇〇〇部など、〇〇〇の中にみんなの得意技(得意なことや好きなことや興味のあること)をいれた企画にチャレンジできることで、人と人とのつながりを一番の価値とした場を作っていることです。「コワーキングスペースの価値(=ローカルの仕事を作り出すために大切なこと)は、"人とのつながり"である」これは立ち上げ当初から今もその考えは変わりません。〇〇〇はスペースの価値ではなく、人とのつながりの価値を追求し続けてきました。

その結果、様々な得意技をもった人たちが世代問わずここに集まってきます。その数は年間で500名以上!これまでやってきて自信をもって言えることは、ここに集まる人こそが〇〇〇の一番の魅力であり、これまでの一番の成果だと思います。「ここに来れば、素敵な出会いがあり、自分のチャレンジが一歩ずつ前に進む」そう感じられる場になってきました。

ここまで活動を続けられたのも、ここに集まる個性豊かなチャレンジャーやそれを応援するサポーターたちのおかげです。3年目を迎える今、このチャレンジのコミュニティの価値をもっと高めたい思い、リニューアルいたします!!

▼空き家レンジャーの想い

この挑戦に取り組んでいる私たちは、空き家レンジャーという活動をしています。
元々は神奈川県の逗子葉山鎌倉の空き家を救うために立ち上がったボランティア団体です。これまでいくつもの空き家の再生を実現してきましたが、増え続ける空き家問題に対して、単に建物をキレイに改装することだけでは意味がなく、地方の仕事を作り出すことこそ、空き家再生のために取り組むべき課題と考え、このプロジェクトを挑んでいます。

いまは神奈川県を飛び出す形で、全国の空き家をコミュニティの力で再生するオンラインコミュニティとして発展しています。

▼コワーキングから「コワクワク」へ、そして、みんなが主役になれるチャレンジの秘密基地に!

「働くってなんだろう?」ずっと考えていました。
あるとき、みんなが求めていることが少し違うことに気がつきました。
働き方を変えたいというより「自分らしく生きる」=自己実現に挑みたい人が集まってきていたのです。
国が進める働き方改革というと、長時間労働の改善とか、非正規社員の格差解消とか、高齢者の就労促進とか、なんかピンときません・・もっと大切なことは「楽しく」働くことであり、さらに「働く」という表現さえも何か違う気がしてきました。本当はみんな自分の好きなことを実現したいのです。
そこで、思い切って「コワーキング」という言葉も捨てて「コワクワク」(=Co-Work-Work)という新しい言葉を作り出しました。ワクワクこそが自分らしくなれるエネルギー源であり、それが仕事になって人の役に立てたら、どんなに幸せなことでしょう。
みんなが得意技(得意なことや好きなこと)を発信する場、そこから切り開いていきたい。そんな想いから「みんなが主役になれるチャレンジの秘密基地」にリニューアルしました。

▼これまで集まってきたチャレンジャーや企画を紹介

「みんなが主役になれるチャレンジの秘密基地」に集まってきたチャレンジャーやイベント企画を紹介したいと思います。イベントを開催することがチャレンジのすべてではないですが、開催することで仲間や応援の力が集まる(ときには資金も集まる)ことが起きそれをそれぞれの活動につなげています。一つ一つのチャレンジに想いがつまっており、そこに集まる人たちの笑顔も感じてもらえたらと思います。ここで紹介するのはほんの一例です。年間300以上の企画が盛り沢山なのです!

◾️寿司バー

彼の夢は「逗子で寿司屋の開業を目指すこと」。この道18年の寿司職人が諦めかけた夢を追いかけています。ここで月一回の寿司バーを行うことで、お店を開く経験をしたり、お客さんの声を聞いたり、いきなりお金を注ぎ込んでお店を持つリスクを背負うのではなく、最初の一歩と経験を積める場となっています。お寿司にぎり方を体験できるワークショップも行われ、将来のお店のファンづくりも始めています。

◾️ズヨコン(逗葉コン)

逗子在住の大学生が始めたプロジェクト。逗子や葉山をもっと活性化していきたい!鎌倉の町の活性化をしているカマコンの逗子葉山版としてスタートしました。逗子葉山では、大学進学や社会人になると、地元を離れる若者が多いのが実態です。〇〇〇としては、若者が自分たちで町を活性化していく活動を応援したく、会場提供をしています。地元の企業や大人たちも参加して、町のプロジェクトを応援するブレスト交流(アイディア出し大会)をすることで、地域活性のパワーが集まってきています!

◾️ライバーカフェ

ライバーというのは、スマホのアプリから生ライブ配信する人たちのことで、最近の若い世代のタレントさんたちは、TVや芸能事務所に頼らずに、自らの力で道を切り開いているのを知っていますか?逗子出身のタレント「たかけろおねーさん」を中心に、その活動を応援するカフェが月に一度開かれてました。全国的にも初めての試みで、全国から人が集まり、逗子の町に経済効果も!最近は、ユーチューバーたちも集まって、配信の拠点となっています!

◾️キママルシェ

地域のママさんたちが自由きママに自己表現ができる場であり、自分の可能性を探る場になっています。子育てに追われたママさんが自分らしさを見失わないように、お育てを終えたママさんたちも次の道に進めるように、この場が生まれました。皆それぞれ得意なことが違うので、コラボレーションや助け合いも生まれています。

◾️カレー部

サラリーマンを卒業して、カレーへの道に挑むパレタコ食堂。「 国境はない。ただカレーがあるだけ。」そんなキャッチコピーで、無国籍なカレー屋を展開している彼が新しく始めたのが「カレー部」。カレーが好きな人やカレーを極めたい人たちが集まって、ワイワイといろんなカレーレシピを研究する部活動の一例です。

 ◾️小屋部(小屋をつくろうよバー)

逗子の古くからの港町小坪に密かに開拓中の「湘南小屋ビレッジ」。その立ち上げと同時に始まったのが小屋部(小屋を作ろうよバー)の活動。小屋ビレッジに限らず、未来の住まい方や新しい生き方として、小屋やタイニーハウスやツリーハウスなどを作りたい人が集まり、それぞれの経験やノウハウを共有する部活動となっています。小屋だけではなく、環境に優しい畑づくりやオフグリットやエコビレッジに興味ある人は大集合〜!

■踊れバー

いわゆるディスコ世代のみなさんが、あの頃をもう一度!と開かれる「踊れBAR」この日だけは、この場所がディスコに変わります♪この場所は音も出して騒いでも大丈夫な空間なのです。言葉はなくても音楽とダンスで心もつながろう!少し現実から離れて懐かしい時代に戻れる!「こんなことを実現したい」という想いがあれば、他の場所ではできないことも実現できる場なのです。

■みのりび(働くを楽しむ人サロン)

「⼈⽣を楽しむ⼈が集まるメディア&コミュニティ」みのりびが主催する「働くを楽しむ人サロン」。この地域で頑張っている女性起業家たち(あるいはその卵たち)が集まり、それぞれの活動紹介をしたり、得意なことを教えあったり、コラボレーションしたり等。逗子の創業支援セミナーから始まった創業仲間の輪が広がり、助け合いのコミュニティとなっています。

◾️黒板教室(伝わる黒板が書けるワークショップ)

黒板マーケティング研究所による伝わる黒板が書けるワークショップ。黒板アートだけでなく、マーケティングの視点からお客さんが足を運んでくれる看板づくりを伝授してくれる藍田先生。スターバックスから始まった彼女の黒板づくりは、今や大手企業からも依頼が殺到。そこから得られた集客ノウハウも惜しみなく伝授しながら、それぞれの活動の看板づくりをコンサルティング。絵や文字が苦手な人も、最後には集客効果が高い看板が完成するというミラクルな教室なのです。

他にも魅力的なバーや教室や部活動が、紹介しきれないほど生まれています。これまで開かれた数は、年間で300以上!ここから色々なチャレンジが始まっています。そして、その度に人との出会いも生まれ、チャレンジを応援し会うコミュニティが少しずつ広がってきています。

しかしながら、チャレンジを応援する場所として、優しい料金設定で運営し続けた結果、駅前という好立地な場の維持費をまかないきれずに、赤字経営が続いていたことも事実です。。そして、コロナショックの影響でさらに赤字が拡大しています。。存続のためには、大きな改革が必要と判断し、今回は料金体制も大きく変える形のリニューアルを実施することになりました!

 ▼リニューアルした料金体制(各会員特典)を発表!!

<基本会員>
月額2400円で利用し放題(従来は月額9000円の設定)という、一般的なコワーキングスペースとしては信じられないぐらいの低料金に変更します。ここまで下げる理由は、もっともっとチャレンジに対するハードルを下げて、より多くのチャレンジジャーを迎えることで、チャレンジのコミュニティをさらに活性化していきたい(コラボしたり応援し合う仲間をもっと集めたい)という想いがあります。基本会員では、「シェア式」でこの場所を24時間利用することができますが、シェア利用により色々な出会いが生まれる狙いもあったりします。一方で、シェア式(事前に予約や各スペースの貸切はできない)だと難しい企画の場合は、各スペースを貸切&予約ができる貸切プランというオプションを利用することができます。これを利用して、自分だけのお店や教室や部活動も貸切で開催することができます。さらに、従来のプランであった売上に対する利益バックの仕組みも完全廃止して、チャレンジを応援する場をさらに強化する決断をします。そして、最初の先駆者30名には感謝の気持ちを込めて半額の月額1200円になるという永久割引もつけたいと思います。

<VIP会員(=支援会員)>
基本会員の内容に「この場への支援金」も加えた形で、VIP会員(=支援会員)も新しく設定いたします。価格を大幅に下げた基本会員だけでは、どうしてもこの場を維持する費用が賄い切れないために、リターン付きの支援会員となります。リターン内容は、この場で活躍する個人や団体から、それぞれの得意技を活かしたリターンを受けることができる仕組みです。(内容は日々変化するので、以下を更新していきます)

①空き家レンジャーより、空き家の相談(空き家を持っている、探している)が受けられる!
②ピンクレンジャーより、クラウドファンディングの成功アドバイスを受けられる!
③寿司バーより、寿司バーに来店すると、極上のお寿司を2貫プレゼント!(要予約)

その他もリターンは調整中!決定次第、更新してお伝えしていきます!!

これから会員数がさらに増えていくと、色々な得意技をもったメンバーが増えて、さらに色々な企画が行われ、VIP会員(支援会員)へのリターンの数も可能性も広がっていきます。この場を支えてくれる人はぜひご支援をしてくれると嬉しいです。

以上の新プランですが、従来よりもさらにチャレンジに優しい設定、つまりさらなる低料金化(VIP会員でさえも従来プランよりも安い設定)に踏み切ります。赤字経営の中で、低料金化するということは、より多くの人数を集めなくては成り立たないということになります。この場の価値を考えたときに、立ち上げ当初からの「チャレンジを応援したい」という想いや、「チャレンジする人がもっと集まることで応援し合うコミュニティの価値をさらに高めていきたい」という気持ちを実現させるための決断です。

▼最後の決断と挑戦

あなたも自分らしく生きる道を切り開いてみませんか?
ここは、みんなが主役になれるチャレンジの秘密基地チャレンジを応援し合う仲間が待っています。
そんなチャレンジの仲間となって、チャレンジの場を応援してくれませんか?

今回の新プランでより多くの会員を集めることが必要になります。最終目標は100名以上!!
まずは、6月末までにスタートの30名を集めること!これが最初の目標です!
もし達成できなかったらこの場を閉じる決断をすることも、ここに宣言いたしますm(_ _)m

ずっと赤字でも続けてきた場・・・その中で色んなチャレンジが行われ、色んな出会いも生まれてきました。これからも新しいチャレンジが始まり、新しい出会いから奇跡も生まれていくことを信じて、この挑戦を続けられたらと思います。

この場の存続のためにも、集まってくるチャレンジャーのためにも、応援のお力を貸してくれると嬉しいですm(_ _)m

***逗子コワクワク秘密基地〇〇〇(まるまるまる)***

最新の企画情報はこちら!
https://www.facebook.com/zushimarumarumaru/events

******

コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください