「誰かの困りごとを、次の時代の手がかりに」を合言葉に、社会問題について学び合う、オンラインコミュニティです。いま社会で起こっている問題について知り、理解を深め、いま自分にできることをみんなで考えよう!

プロジェクト本文

誰かの困りごとを、次の時代の手がかりに。

SNSで話題になっているニュース。国境を超えて世界を動かす、社会運動。実は身近に存在する、社会的マイノリティーーー

「社会問題」について、思うこと・感じることはあっても、知識がないと意見を言ってはいけない気がして、ためらってしまう。できることなら、偏りのないフラットな知識と、広い視野をもって、自分の意見を話せる人になりたい。

そんなふうに思ったことは、ありませんか?


私たち「リディラバ」は、10年以上に渡って、350テーマ以上の社会課題を調査し、スタディツアーやメディア、カンファレンスを通じて、多くの人に社会課題を知ってもらう機会を作ってきました。
総勢10000人以上の人たちとの交流を通じて感じたのは
社会課題を継続的に、みんなで一緒に学んでいく場所がないということです。


「普段は話せない問題意識を、ここでなら話せた」
「私と同じ関心を持っている人に初めて出会えた」
そんな声を、参加者の方からたくさん頂く中で、
社会を良くしたいと思っているのに、普段はその思いの行き場が無いこと、社会を良くしたい人たちが、今の世の中で少し肩身が狭い思いをしてしまっていることを感じました。


社会問題の解決には、問題を「社会化」する(誰かの困りごとを、みんなの問題としてとらえる)ことがさいしょの一歩だと、私たちリディラバは考えています。そしてそれに欠かせないのは、その社会問題に関心をもっている「フォロワーの存在」です。

社会の中に、フォロワーの輪を広げていきたい。
一見すると、むずかしく、とっつきにくく思える、社会問題。
ならば、ひとりじゃなく、みんなで考えよう!ということで、「みんなの部活動」をスタートする運びとなりました。


私たちリディラバの10年間の経験やネットワークを活かして、ここでしか得られない「学び」と「つながり」が手に入る「部活動」をスタートします!



何をする部活なのか

(1)毎週のライブ勉強会&500以上の記事アーカイブ で知る、学ぶ、深める!

おすすめポイント:いま社会で起こっている問題に対して、偏りのない知識を得られる

・ライブ勉強会で学ぶ
毎週水曜日~金曜日の夜は、課題解決に取り組むトップランナーや専門家、当事者の方々をゲストに迎えた対談や、社会課題をテーマにしたレクチャーを毎日開催。参加するたび、社会の見え方がアップデートされるような体験をお届けします。

<過去のテーマ(例)> 

「クイズ王なら社会問題のポイント、すぐにわかるはず?!」(ゲスト:Quizknock伊沢拓司さん)
「メディアとわたしの距離」(ゲスト:ジャーナリスト堀潤さん)
「アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』制作者に聞く、エンタメ化×問題発信の難しさ」
「コロナショックは「夜の世界」にどう影響?現場スタッフが語る実情」

公式noteにて、毎週のテーマ・ゲストをお知らせしています

イベント内容はいつでもアーカイブ視聴可能、忙しくてリアルタイムは難しいという方も、ご自身のペースで社会課題のインプットができます。

過去イベントのダイジェスト
「コロナが生んだ孤独の乗り越え方」(ゲスト:ジャーナリスト・堀潤さん)


・アーカイブ記事で学ぶ
リディラバが独自の視点で社会問題を「構造化」して解きほぐす会員制メディア「リディラバジャーナル」がいつでも読み放題。アーカイブ記事は、なんと500記事以上!
ライブ勉強会の予習・復習にも、部員との話のネタにも、気になる社会課題の深堀りインプットにも使えます。


(2)週末の「自習室」と非公開Facebookグループで、コミュニティの仲間と交流する

おすすめポイント:フラットな場で発言することで、知識が自分の身になる

部活動の魅力は、一方的にインプットすることだけではありません。
毎週土曜日の午後は「自習室」を開放し、部員の好きなテーマごとに集まることができます。
テーマのオーナーになるもよし、様々なテーマの中から興味あるものに参加するもよし、同じ関心を持つ部員と交流しながら学ぶことができます。
その他、メンバー限定のオフ会・ランチ会なども不定期で開催します。

また、部員限定の非公開Facebookグループにもご招待!いつでも部員と交流ができます。
特定の問題に詳しい人を探したり、一緒に学ぶ仲間を募集したり、いつでも自由に活用ください。


(3)社会を良くするプロジェクトの担い手になる

「リディ部」の部活動には、学ぶだけでなく実践の場もあります。
部員がやってみたいと思ったプロジェクトは、部活のみんなでサポートしていきます。

<プロジェクトの一例>

・日本最大級の社会課題カンファレンス「R-SIC(アールシック)」を企画。

2020年9月は、オンライン&オフラインのハイブリッド型カンファレンスを予定しています。
リディラバが毎年開催している、年に一度の社会課題の祭典「R-SIC」を一緒に創り上げましょう!

プロジェクトは続々発足予定です。
皆さんがずっとやってみたいと思い描いていたことが、部活を通じて実現できるかもしれません。


リディラバ代表・安部敏樹(あべとしき)からのメッセージ

皆さんこんにちは!リディラバ代表の安部です!

私はよく色々な場所で講演をさせてもらうのですが、参加者の方から「僕/私はまだ何もできていないんですが…」という言葉を非常にたくさん耳にします。

社会に対して問題意識を持って、小さくでもアクションをしていくことはすごく大切で意味があることなんだけど、どうやら「仕事にする」とか「起業する」とった、目に見えるものにフォーカスがあたり、問題を知り応援する「フォロワー」の重要性はあまり理解されていません。

社会はリーダーだけでは変わりません。
ある課題のリーダーも、他の課題においてフォロワーです。
社会に対して良きフォロワーを増やし、一人ひとりの力が集まって世の中を良くしていく、そんなチャレンジをこの部活を通して皆さんと一緒にできたら嬉しいです。

学生の方は、学校の枠を超えた新たな部活・サークルに入る気持ちで、大人の方はもう一度部活にチャレンジしてみる気持ちでご参加ください!

皆さんとお会いできること、楽しみにしています!

______________________________________

部費

月額:5000円

U-22学割 月額:3000円
※U-22学割は、23歳以上の学部生の方も対象となる場合があります。お手数ですが、部活お問合せメールアドレス(info.com@ridilover.jp)まで、お問合せください。

U-18参加 部費を払うことがむずかしい18歳以下の方には「恩送り」制度がございます。下記のページにて注意事項をご確認の上、お申込みください。
U-18参加応募フォーム
※「恩送り」は、定員に達すると一旦募集を終了し、また「恩送り」のご支援が集まると共に、募集を再開します。


活動内容

①限定ライブ勉強会への参加(毎週水~金曜日、20:15~21:30)

②イベント動画のアーカイブ見放題

③会員制メディア「リディラバジャーナル」読み放題

④非公開Facebookグループへの参加・自習室の参加(毎週土曜14:00~)

⑤部員限定プロジェクトの起案・プロジェクトへの参加

⑥その他部員限定イベント等への参加


参加にあたっての注意事項

・ご支援いただいた当日より、ライブ勉強会や自習室にご参加いただくことができます。zoomURL等のご案内は、CAMPFIREサロンの「アクティビティ」よりご確認いただけます。

・ご支援いただきますと、CAMPFIREサロンにご登録のメールアドレス宛てに、自動送信メールが届きます。非公開Facebookグループへの参加方法や、入部届の提出について、メール本文をご確認ください。

・「リディラバジャーナル」の購読については、上記ご登録のメールアドレスにてアカウントを作成させていただきます。アカウント情報はご支援後、3営業日以内にメールにてご案内いたします。

・U-22学割プラン(3,000円/月)をお選びの場合は、学生証もしくは年齢・生年月日のわかるものの画像データの提出をお願いしています。U-22学割プランは大学生(学部生)であれば、留学や浪人などの理由により23歳以上の場合でも利用いただけます。社会人としてお勤めの方で大学にも通っているという場合はご利用いただけないのですが、該当するかどうか分からない場合は、お手数ですが、お問合せメールアドレス(info.com@ridilover.jp)へ事前にご確認ください。

______________________________________


運営団体

株式会社Ridilover/一般社団法人リディラバ(公式HP


代表プロフィール

安部敏樹(あべとしき)

1987年生まれ。東京大学大学院博士課程在籍。
2009年、大学在学中に、社会問題をツアーにして発信・共有するプラットフォーム『リディラバ』を開始。
2012年に一般社団法人、翌年に株式会社Ridiloverを設立。
2012年度より東京大学教養学部にて、1・2年生向けに社会起業の授業を教える。特技はマグロを素手で取ること。
第1回 総務省「NICT起業家甲子園」優勝、「KDDI∞Labo(ムゲンラボ)」第4期 最優秀賞 など、受賞多数。2017年、米誌「Forbes(フォーブス)」が選ぶアジアを代表するU-30選出。
著書『いつかリーダーになる君たちへ』(日経BP社)『日本につけるクスリ』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。
TBS系「グッとラック!」月曜日コメンテーター・「AbemaPrime」火曜日コメンテーターを務める。



よくある質問

Q. 週4回参加することはできないのですが、部活に参加することは可能でしょうか?

A. はい、もちろん可能です。
実際にイベントなどに参加される頻度は問いません。ご自身のご都合に合わせ、無理のない範囲でのご参加をお待ちしております。
また、ライブ勉強会の内容はアーカイブに残し、部活内で公開いたしますので、イベント当日のご参加が難しい場合も、同じ内容を後からご覧いただけます。


Q. 開催方法について教えてください。

A.
ライブ勉強会と自習室は、オンラインツール「zoom」を利用しての接続を予定しています。
入部後のオンラインイベントやアーカイブ視聴方法についてのご案内は非公開Facebookグループにて行います。


Q. 匿名での参加やFacebookなしでの参加は可能でしょうか?

A. はい、匿名・Facebookなしでのご参加どちらも可能ですが、入部特典に含まれる部員限定のFacebookグループへのご招待にはFacebookアカウントが必要になりますので、アカウントをお持ちでない方はアカウントの作成・利用をおすすめしております。


Q. 決済方法について教えてください。

A.「CAMPFIREコミュニティ」が対応している以下の方法にてお支払いをお願いいたします。

・クレジットカード
・auかんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い/ワイモバイルまとめて支払い
・PayPal


Q. 部費はいつ決済されますか?

A. CAMPFIREコミュニティの規則に準じ、リターンを購入していただいた時点で、料金を決済させていただきます。(月の途中に加入する場合でも、1ヶ月分の料金が発生します。月途中で退会した場合も返金はございません。ご了承ください。)
その後継続してご支援いただく場合、毎月1日自動引き落としとなります。


Q. リターンを購入しましたが、「リディラバジャーナル」にログインできません。

A. たいへん恐れ入りますが、リターンをご購入後、リディラバジャーナルの設定に2~3営業日ほどお時間をいただいております。設定が完了しますと、ご登録のメールアドレス宛てに、購読に関するご案内メールをお送りします。CAMPFIREでリターンを購入後、1週間以上経っても、購読の案内メールが届かない場合には、お手数おかけいたしますが下記アドレスまでその旨ご連絡をお願いいたします。
info.com@ridilover.jp


Q. 退会方法を教えてください。

A. 下記手順にて「月末日まで」に継続課金の解約申請が必要となります。
・マイページよりクレジットカード情報を削除されても継続課金の解約申請にはなりません。
・月末日までに解約申請が間に合わず、翌月1日0時を過ぎて解約申請いただいた場合、その月の会費までが引き落とされますので予めご了承ください。
・正常に解約申請が完了した場合、CAMPFIREにご登録のメールアドレス宛に解約申請の受付メールが届きますため、メール受信有無、メール受信日時、メール内容を必ずご確認ください。
・解約申請完了後、即時では解約になりません。
・キャリア決済とPayPal決済をご利用の場合は、月初から10日まで解約ボタンが表示されない場合がございます。予めご認識いただきますようお願いいたします。また、解約申請月の末日までは会員資格が保持され、翌月に日付が変わるタイミングで正式にご解約が完了となりますので、解約申請月のお引き落としが最終となります。
詳しくはこちらをご覧ください。


Q. 部活内で誹謗中傷など不快なことがあった場合は?

A. 下記メールアドレスまでご連絡をお願いいたします。
誹謗中傷等、他の参加者に迷惑となる行為を行った方には強制退会などの対処を取らせていただく場合がございます。
info.com@ridilover.jp


その他ご不明点は下記までお問い合わせください。
info.com@ridilover.jp

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください