CoderDojo Kashiwa は千葉県柏市で毎週末行われている、子どものためのプログラミング道場です。子どもたちの参加は完全無料で、運営はボランティアベースで行われています。子どもたちの学びをサポートしていただける方を募集しています。

プロジェクト本文

市内のどこにいてもプログラミング学べる環境を提供する

CoderDojo は2012年にアイルランドで始まった、子どものためのフリーコーディングクラブです。2020年4月現在、110カ国・2000箇所の CoderDojo が、日本国内には205箇所以上の CoderDojo が活動しています。

CoderDojo 柏の葉の様子 @KOIL

CoderDojo Kashiwa は千葉県柏市で2013年5月にスタートし、現在に至るまでに250回以上、延べ2700人以上の子どもたちにプログラミングを学ぶ機会を提供しています。

子どもたちの参加は完全に無料で、活動はボランティアベースで行われています。メンター(教え手)は学生から大人まで、様々な年代の人が関わっているコミュニティです。

CoderDojo は塾やスクールのようにやるべきカリキュラムが決まっているわけではなく、子どもたちがやりたいことをメンターと一緒に考えながら実現していく方式で行われています。私たちが大切にしていることは、子どもたちの「作りたい」という思いです。コンピュータは紙にもペンにもはさみにもなる万能ツールです。プログラミングは単なる表現方法にすぎません。子どもたちには想像性と創造性を発揮してほしいと願っています。


100回記念パーティーの様子(2018年3月)

これまでの CoderDojo Kashiwa はオフラインでの開催でしたが、昨今の情勢を受け、現在はオンライン上での活動となっています。オフラインでの活動では募金箱を設置し皆様からの寄付金を元に活動をしていましたが、オンラインではそのようなことはできません。代わりに、CAMPFIRE Community を活用していこうと考えています。

皆様からいただいたご支援を元に、新しい機材や教材・書籍などを購入し、子どもたちに貸し出すようなプロジェクトも計画しています。

柏の子どもたちがプログラミングを学ぶ環境づくりをお手伝いいただけると幸いです。


リターン

CoderDojo Kashiwa は本プロジェクトを支援している/していないに関わらず、誰でも参加することができるコミュニティです。支援頂いた方には次のリターンを想定しています。

 ¥600- / 月

・毎年12月に開催している Special Presentation Day(作品発表会)への特別招待カードの送付(PDFデータでお送りします)
・毎月の開催レポート

¥1,200 / 月

・毎年12月に開催している Special Presentation Day(作品発表会)への特別招待カードの送付(PDFデータでお送りします)
・毎月の開催レポート
・『CoderDojo Kashiwa Document Book #100』デジタル版の送付

¥2,400 / 月

・毎年12月に開催している Special Presentation Day(作品発表会)への特別招待カードの送付(PDFデータでお送りします)
・毎月の開催レポート
・『CoderDojo Kashiwa Document Book #100』デジタル版
・Champion(代表)宮島による教育コラム(年3回を想定)


Championの紹介

CoderDojo では代表を Champion(チャンピオン)と呼びます。CoderDojo Kashiwa の Champion を紹介します。

 宮島 衣瑛 / Kirie Miyajima

・CoderDojo Kashiwa Champion

・株式会社 Innovation Power 代表取締役社長 CEO

・一般社団法人 CoderDojo Japan 理事

・学習院大学大学院人文科学研究科教育学専攻前期博士課程


1997年5月生まれ。22歳。2013年5月から地元である千葉県柏市で小中学生向けのプログラミング道場、CoderDojo Kashiwaを主催・運営。プログラミング教育を始めとするICT教育全般について、全国各地で実践研究を行っている。教育分野のR&D(研究開発)を行っている株式会社 Innovation Power のCEO。2017年4月より柏市教育委員会とプログラミング教育に関するプロジェクトをスタート。市内すべての小学校で実施するプログラミング学習のカリキュラム作成やフォローアップを担当。2017年11月より一般社団法人CoderDojo Japan理事。大学院では、教育とデジタルテクノロジーについて専門に研究。

コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください