起業も事業も在宅で出来る時代。在宅起業ゼミは、起業したい人、副業で事業を始めたい人の為のオンラインサロン。アイデアはあるけど、どこから手をつければいいの?この先どう進めるべき?事業戦略って必要?資金調達はどうやるの?在宅起業について色々な人の話を聞きたい等、これらの課題を解決する場です。

プロジェクト本文

メッセージ

誰でも簡単に起業が出来ます。

在宅で起業する。
在宅で事業も起こす時代です。

「在宅起業家ゼミ」は、
起業したい人、
副業で事業を始めたい人のための
オンラインサロンです。

アイデアはあるけど、
どこから手をつければいいの?
この先どう進めるべき?
事業戦略って必要?
資金調達はどうやるの?
在宅起業について色々な人の話を聞きたい等々、
これらの課題を解決する場です。

在宅起業ゼミは、
これから起業を考える人
副業で小さな事業を始めたい人
新規事業を在宅で立ち上げる人
事業のパートナーを探したい人
事業を手伝いたい人
すでに起業していて情報共有をしたい人
ビジネスのスキルを身につけたい人
そんな方の為のオンラインサロンです。

事業はほんの些細なきっかけから
生まれる事があります。
また、ずっと温めきてきたものを
形にするケースもあれば、
アイデアが降ってくる事もあります。
アイデアが先に無くても、
誰かが抱えるている悩み・課題を考えることから、
素晴らしい事業に発展する事もあります。
安く仕入れて高く売る事や、
自分のスキルをお金に変えるやり方も
あるでしょう。

どのようなケースであれ、
事業を起こすまでに多くの疑問が生まれ、
事業が進んでからも疑問や難問が連続します。
ですが、答えが出ない時に相談する仲間がいるのは
本当に心強いものです。
いつでも相談出来るコミュニティーを持つ事は、
心に支えにもなります。

在宅起業家ゼミは、
そんな仲間が増えていくコミュニティーです。

小さな疑問を解決しながら
小さな山を越え力を付けていけば、
高い山にもチャレンジできます。

そういう起業家
在宅起業家
事業プロデューサーを
輩出する場となるでしょう。

サロンのファウンダー金杉はじめは、
多岐に渡る大小様々な事業を手がけ、
18社の創業を経験しています。
堀江貴文氏を始め業界実力者との共同創業も
多数経験をしています。

現在は企業の事業コンサルティングや
スタートアップ企業のアドバイザーを務める傍ら
最近では、マーケティングとフレームワークの
研究執筆活動を進めています。
サロンの会員=ゼミ生のサポートをする事が、
自らの研究を続ける支援にも繋がります。
充実する時間と実りある未来のため
応援と支援の輪を広げていけるのは
素晴らしい事です。

起業家の学び場として。
情報交換の場として。
相談できるコミュニティーであり
お互いを切磋琢磨する場として
在宅起業家ゼミを開きます。

まずはともあれ、成功への第一歩を。


リターンについて

1 ゼミの活動の場になる非公開のFacebookグループにご招待します。

2 非公開グループでのゼミ生との交流が出来ます。

3 ゼミの課題を金杉はじめが出題します。

4 金杉の研究活動をコンテンツとしてグループへフィードバックします。

5ゼミを一年経過するごとに、証書をPDFでお送りします。証書にはナンバーと名前が記載されます。

その他

6コミュニティーでゼミ生とコミュニケーションが取れます。

7 定期イベントは予定しませんが不定期のZOOM飲み会・お茶会を行います。

8 金杉の有料コンサルティングを割安で受ける事が出来ます。

9 ゼミ生の事業の進み具合によって金杉のFacebookでシェアします。


コンテンツと課題例

三点思考のマーケティング
・情報感度三階層
・消費態度三階層
・3by3マトリクス

事業アイデアの組み立てる
・着想する
・問いかける

競合の分析をする。
ビジネスモデルをシンプルにする。
ワンメッセージで事業を伝える。
ペルソナを作成する。
サービスを設計する。
カスタマージャーニーマップを作成する。
UI・UXを設計する。
事業戦略を組み立てる。
事業戦略書を作成する。
仮のウェブサイトを作ってみる。
等々。


※※ご注意※※
コンテンツとコミュニティー内容をSNS・LINE・メッセンジャー等でシェアする事は禁止とさせ頂きます。また、紙に印刷したもの共有する事も禁止とさせて頂きます。

金杉はじめについて

学生時代より多岐に渡る大小様々な事業を手がける。
創業経験は18社に及び、
堀江貴文氏・茂木健一郎氏を始め
業界人との共同創業も複数経験。
ビジネスとクリエイティブの間を行き来する事業の数々と
斬新な事業スタイルは多くのフォロワーを生んでいる。
現在は、企業の事業コンサルティングやスタートアップの
アドバイザーを務める傍ら、
マーケティングの研究執筆活動を行い
研究所の設立を準備中。


手掛けた事業の内容

ウェブサービス事業・アプリ事業・インターネットメディア事業・業態開発事業・雑貨・ファッション・飲食事業・ゲーム事業・マーケティング・PR・コンテンツ制作・教育コンテンツ製作・オンラインファンクラブ・通販サイト開発・ポイントサービス事業・コンテンツダウンロード事業・イベント製作事業・音楽レーベル・コンサルティング事業など。

それ以外の活動
ラジオMC・音楽プロデューサー・作詞家・アーティスト・写真家・雑誌連載・レギュー番組・イベント出演ほか。

金杉へのインタビューをした著名人
津田大介氏。永江朗氏。伊藤ガビン氏ほか多数。


金杉はじめの研究執筆活動について

三点思考という独自の研究をしています。
三点思考とは三点でモデル化された
古今東西の原理・原則の「集合」を差します。
そして、三点モデルをフレームワークとして使い
思考と設計する事でもあります。
集合のそれぞれを研究する学問の側面と
マーケティングや社会の課題を解決する
思考ツールの側面があります。
それはデザインシンキングや
ロジカルシンキングといった
思考設計ツールと並ぶものです。

ちなみに三点モデルには以下の様なものがあります。
プラトンが著作「国家論」で説いた『知情意』
キリスト教の奥義である『三位一体』
ヘーゲルの弁証法『正反合』
光の『三原色』
雅楽と能の物語の型を表す『序破急』
茶道・華道の三段階を示す『守破離』
『三権分立』のシステム。
論理も数学も成り立たない『グー・チョキ・パー』
スロットマシーンの『777』など・・

哲学・宗教学・科学・社会学・能や茶道やゲームなどなど、
あらゆる分野からセレクトし、アレンジし、
また、独自の三点モデルの開発をして、
新しい思考体系を編纂しています。

この研究を進める中で
ビジネススキルをアップするものはゼミで活用します。
コンテンツとしてフィードバックしていきます。


▼入会方法


・当ページの「パトロンになる」ボタンから入会することができます。なお月の途中で入会した場合でも1ヶ月分の料金が発生します。(当月分は日割り計算になりません)
月途中で退会した場合も返金はありません。ご了承ください。

・入会申請後、CAMPFIREから自動送信されるメール(タイトル:【CAMPFIRE】支援完了のお知らせ」)内にて、Facebookグループへの参加手順をご連絡します。
(予め【@camp-fire.jp】のドメインからメールを受信できるように設定をお願いいたします)

▼決済について

・CAMPFIREコミュニティの月々のご支援はクレジットカードとキャリア決済とPayPal決済のみになります。
※コンビニ払い・銀行振込(Pay-easy払い)には対応しておりません。

使用可能なクレジットカードは下記のみです。また、残り有効期限が100日以上のクレジットカードに限らせていただきます。
VISA/MasterCard/JCB/Diners Club/American Express

ご使用可能なキャリア決済は下記のみです。
○auかんたん決済
○ソフトバンクまとめて支払い
○ワイモバイルまとめて支払い

PayPal決済は銀行口座からのお支払いでも、振込手数料は無料です。

※ご利用可能な銀行は、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行・埼玉りそな銀行です。


・領収書の発行はできません。予めご承知おき下さい。


▼注意事項


・Facebookグループ及びコミュニティ内の投稿や内容については許可された場合を除き、SNS等外部への口外は禁止いたします。

・オーナーやゲストメンバーへの友達申請やメッセンジャー等のDM送信は禁止いたします。

・他の利用者の方への誹謗中傷、荒らし行為などに該当する行為があった場合、その他オンラインサロン運営の妨げになると判断した場合、強制退会とさせていただく場合があります。

・情報商材またはそれ相当と判断されるビジネスに関わる方の入会はお断りします。入会後に判明した場合強制退会となります。

・決済後のご返金やキャンセルは一切できかねますので、予めご了承ください。(Facebookアカウント停止などによる返金もできません)

・ご入会後Facebookグループから退会しただけでは解約になりません。必ずCAMPFIREサイトでの解約手続きをお願いいたします。詳しくは下記をご覧ください。
https://help.camp-fire.jp/hc/ja/articles/229489627

・CAMPFIREの決済や入退会に関しましてはCAMPFIREのヘルプページをご覧ください。
https://help.camp-fire.jp/hc/ja

・その他規約はCAMPFIRE利用規約に準じます。
https://camp-fire.jp/pages/term

  • 2020/05/12 22:42

    ビジネススキルをグンと上げる在宅起業ゼミでは、起業はもちろん、副業で事業を始めるにも、社内で新規事業を立ち上げるにもマッチする課題が出されています。アップした画像は課題その1から抜粋です。課題の参考例は、実際に進行中のプロジェクトが使われていて、ライブ感も満載です

コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください