「平成生まれによる昭和ポップス倶楽部」は、平成生まれの昭和ポップス好きな人たちが「語る」「観る」「聴く」の三拍子で、昭和ポップスの魅力を語り合うコミュニティです。 昭和ポップスを同世代で語り、新しい発見や魅力を共有・共感していくことを大切にしています。

プロジェクト本文

平成生まれの昭和ポップス倶楽部とは

平成生まれの昭和ポップス倶楽部は平成生まれで昭和ポップスが好きな人のための「観る」「聴く」「話す」の三拍子で交流を通して昭和ポップスの魅力を共有・共感していくコミュニティです。

・昭和ポップス好きだけど、周りに語り合える人がいない。

・カラオケに行っても選曲が合わないから、同じ昭和ポップスを好きな人と思いっきり楽しみたい

・昭和歌謡バーやコンサートとかいつかは行ってみたいけど、浮かないか不安…

・聖子ちゃんカットをしてみたいけど、どうやればいいの?

・平成生まれの昭和ポップス好きが集まれるイベントってないのかな?

こんな経験や悩みを持っている人たちと共に新しい発見を共有したり、自らの思いを共有することで昭和ポップスの魅力を体感し「平成生まれが昭和ポップスを愉しめる場所」を創り続ける挑戦をしています。


▶︎コンテンツ

1.平成生まれ昭和育ち限定のイベントを開催(月1回以上)

2.『マツコの知らない世界 昭和ポップスの世界』に出演したさにーによる会員限定コラム配信

3.倶楽部会員限定オンラインコミュニティツールSlackへの招待

4.メンバー主催の定期交流会(月2回)


▶︎活動内容
1.平成生まれ昭和育ち限定のイベントを開催(月1回以上)


「イベントに足を運んでも同世代となかなか出会えない」

「だからといってSNS上の人といきなり会うのはこわい」


そんな方のために、平成生まれ限定のイベントを月に1回以上、東京都内で開催いたします。

参加者全員が平成生まれ、または2020年で満35歳未満なので、同世代だけで楽しくイベントに参加することができます。また、昭和ポップス倶楽部の会員がどんな人で、なんのジャンルが好きで特に好きな歌手もわかるので「人見知りだから参加するのが怖い」「女性ひとりで参加するのは心配」と思って今までイベントに参加できなかった方も安心して参加可能です。

イントロクイズや昭和王クイズ大会をしたり、昭和ポップス限定の紅白歌合戦をしたり、

平成生まれ昭和育ちだけで昭和ポップスを楽しむことができます。

※会員の方々は割引で参加していただけます。


2.『マツコの知らない世界 昭和ポップスの世界』に出演したさにーによる会員限定コラム配信

昭和ポップスの総合情報サイト「あなたの知らない昭和ポップスの世界」を運営するさにーが当サイトにて週に2回、会員限定コラムを配信します。

昭和ポップスはもちろん、おすすめの昭和歌謡曲バーや気になるイベント情報をお届けします。

この配信をもとに議論するもよし、あなたの知見を共有するもよし、平成生まれが思う昭和ポップスの魅力を共に考え、あなたが考える昭和ポップスの世界をアップデートしていきましょう。


3.倶楽部会員限定Slack(オンラインコミュニティ ツール)に招待

倶楽部会員限定Slack(オンラインコミュニティツール)に招待致します。

ムード歌謡、フォーク、70年代アイドル、80年代アイドル、シティポップなど細かいジャンルでチャンネルが分かれているので、いつでもどこでも好きなジャンルや歌手をとことん語り合うことができます。


細かいチャンネルを設けることで、自分の興味があるジャンルから掘り下げていくことができるので「わからない話が多くて会話についていけない…」なんてこともありません。

また、聴きたいことがあればすぐに聞ける環境なので、例えば「この人って、何の曲から聴けば良いですか?」「レコード屋さんのおすすめはどこ?」などなど、湧いた疑問をSlack内で解決することができます。あなたの知識が誰かの役に立つかもしれません。


4.メンバー主催の定期交流会(月2回)

高円寺にある昭和懐メロバー「ヤングマスター」で毎月第2第4土曜日15時から18時に定期交流会を行います。

この交流会は毎回ひとつの議題を決め、それに精通する会員やその他の関係者にプレゼンターとして登壇していただき、自分の好きな昭和ポップスの魅力を存分にアピールしてもらう参加型の勉強会です。

定期交流会に参加することで利き手の人も一緒に昭和ポップスの知識を深めていき、新たなジャンルの魅力に気づいたり当時の裏話も学ぶことができるかもしれません。

講師になって自分のおすすめを発信したい方、くわしくなりすぎちゃったというド級の知識の持ち主の方、いい曲を知るだけじゃ飽き足らず、だれかに伝えたいという方、そんな方は是非プレゼンターとしても参加してみてください。


【新型コロナウイルス肺炎による感染拡大に伴う対応】

この時期は新型コロナウイルスの影響で多くのイベントが自粛傾向にあります。コロナウイルスが一日でも終息を祈っておりますが、収束するまではオンラインイベント、オンライン交流会と題して、オンライン会議ツールzoomでのイントロクイズやクイズ大会を検討しております。


【昭和ポップス倶楽部に入会するといずれこんなことも可能にできます!】

・メンバー主催でオフ会してもOK!

・昭和好きの音楽ファンでバンドを作ろう!

・ゲストありのイベントも随時開催!あなたの「〇〇に会いたい」に答えられるかも?

・コミュニティの活用方法は自由!自分で企画、発案ができる!


【私たちはこんなことに気をつけています】

・昭和ポップスだけでなく、お笑い、特撮、アニメやファッションなど昭和のカルチャーを好きな人も入会大歓迎!

・好きにもいろいろ!興味に合わせて入れるブループ作り。

・知識のあるなしに関わらず、好きであることが大事。知識マウントはしない!


IMG_2BDBFAE93183-1.jpeg


はじめまして。私は平成生まれ昭和育ちのかなえ氏と申します。

突然ですが、私は平成生まれだけど昭和ポップスが好きな人を「成生まれ昭和育ち」と呼んでします。ここ最近、このハッシュタグをSNSで活用して同士と繋がりたいという方を多く散見します。その影響で以前よりも平成生まれだけど昭和ポップスを好きな人がたくさんいることが認知され、本当に嬉しく思っています。

私は小さい頃から昭和ポップスが流れている環境で育ち、高校生で中森明菜さんに出逢い彼女の魅力にどっぷりとハマりました。都内の大学に進学しても動画を見漁る日々は続き「ほとんどの動画は見てしまったから何か新しい曲を知りたい。同世代で明菜さんが好きな人と交流をしたい!」と思い、都内にある懐かしの映像が流れるバーに行くことにしました。

IMG_3750.JPG.jpg

 

でも勇気を持ってお店に入ると周りは世代の方がほとんどで、同世代の若者は誰もいませんでした。

他の昭和歌謡曲をリクエストできるバーに行ったりしたけど周りは世代の方がほとんどで…「若いのによく知ってるねー!」と感心して優しく接してくれることもありました。

ですが、同世代の人とも話してみたいという思いは消えることはなく、

「昭和歌謡曲を好きな同世代はあまりいないのかな?」

「もしかしたら同世代で同じ悩みを経験している人がいるじゃないかな?」

こう思った私はすぐにTwitterでアカウントを開設しました。

そこでわかったことが、同じ悩みを持った平成生まれ昭和育ちがいっぱいいたことです。

ただ、現代において、SNSで見えない糸で簡単に繋がることはできても、直接交流する機会はまだまだ少ないと思っています。過去に「平成生まれ昭和育ちが直接交流できて、みんなが活き活きと昭和歌謡曲を楽しめる場所を作りたい!」と思い、その想いを綴ったブログを書き投稿しました。

すると、100を超える「いいね!」が来たのです

そこでやっと「やっぱりみんな同じことを思っていたんだ」と確信することができました。

この出来事がこの活動を進める大きなきっかけとなりました。

IMG_18D8CE0CC18C-1.jpeg


まず昭和歌謡と聞いて、あなたはどんな曲を思い浮かべますか?


昭和歌謡とひとことに言っても、多くの人が指すのはフォーク、歌謡曲、シティポップなど様々なジャンルをひとつにまとめたもののことです。


私も過去に「昭和歌謡曲が好き」と言ったら「演歌が好きなんでしょ?」と言われる機会が多々ありました。その総称として果たして「昭和歌謡」という表現は正しいのか?森昌子さんのような演歌と山下達郎さんのようなシティポップを昭和歌謡という名でまとめていいのか?自分の好きな昭和歌謡を先入観を与えず表現できる言葉はないのか?と考え、全く新しい言葉「昭和ポップス」を命名しました。

「昭和ポップスが好き」と言った場合、「昭和ポップスは昭和の日本のポップソング」と簡単に連想でき、誤解も与えることがなく自分の好きなジャンルを伝えることができます。また、70年代80年代には他の時代にはない特徴が多くあります。

私はクラシックや、ジャズのように昭和ポップスをひとつのジャンルとして確立させ、昔の音楽としてではなく、時代が変わっても認知され、愛され続ける音楽になってほしいと思っています。


イメージ.tiff


私はこの活動をしていく中で多くの平成生まれ昭和育ちに出会ってきましたが、ほとんどの方が「周りに昭和歌謡を好きな人がいない。」「同世代と大好きな昭和歌謡を語りたい。」と言います。

私はこの活動を通して平成生まれ昭和育ちが共に和気あいあいと昭和ポップスを楽しめる居場所を作りたいです。

このコミュニティでいただいた資金は、この活動を全国に広めていき、1人でも多くの平成生まれ昭和育ちの輪を広げていくための活動費に活用させていただきます。

この活動を通じて、ひとりでも多くの方が昭和ポップスに興味を持ってもらったり、知識や交流を深めてもらえれば幸いです。


何卒、ご支援よろしくお願いいたします。



▶︎主催者プロフィール

平成生まれによる昭和ポップス倶楽部 代表

かなえ氏

イメージ_1.tiff

1997年生まれ。宮城県仙台市出身。家では常に昭和ポップスを流す家庭で育つ。

高校生の時、中森明菜の「DESIRE−情熱−」をYouTubeで見たのをきっかけに、80年代アイドルを探究し始める。大学の卒業制作で戦後の昭和文化をテーマに雑誌を製作。

2月には新橋「あの頃のスーパースター(現在、店舗移転中)」にて平成生まれ限定イベント「昭和礼讃」を開催。

IMG_4685.JPG.jpg

イベントのレポはこちらから→(平成生まれ限定昭和歌謡イベント「昭和礼讃」)

かなえ氏のTwitterはこちら

かなえ氏のブログはこちら


▶︎コラムニストプロフィール

あなたの知らない昭和ポップスの世界 運営

さにー

profile.jpg

平成生まれ。21歳の時に中森明菜に出逢い、ライター、Web制作をしながら

「あなたの知らない 昭和ポップスの世界」を運営。80年代音楽メディアの「Re:minder(リマインダー)」にて不定期に記事寄稿やラジオ出演、「マツコの知らない世界 昭和ポップスの世界」のテレビ出演をするなど幅広く活動中。

あなたの知らない昭和ポップスの世界

さにーのTwitterはこちら


Q&A

Q.決済方法は?

A.CAMPFIREコミュニティの月々のご支援はクレジットカード、キャリア決済、PayPal決済のみになります。
※コンビニ払い・銀行振込(Pay-easy払い)には対応しておりません。
ご使用可能なクレジットカードは下記のみです。また、残り有効期限が100日以上のクレジットカードに限らせていただきます。
○VISA/MasterCard/JCB/Diners Club/American Express
ご使用可能なキャリア決済は下記のみです。
○auかんたん決済
○ソフトバンクまとめて支払い
○ワイモバイルまとめて支払い
PayPal決済は銀行口座からのお支払いでも、振込手数料は無料です。
※ご利用可能な銀行は、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行・埼玉りそな銀行です。
・領収書の発行はできません。予めご承知ください。
※途中で退会した場合も返金はありません。ご了承ください。

Q.地方は首都圏に比べて損じゃないですか?

A.地方の方や、36歳以上の方にも昭和ポップスの魅力楽しんでいただけるように、いくつかのリターンをご用意いたしました。

・「あなたの知らない昭和ポップスの世界」の無料購読特典のみのリターン(月額¥980-)+リアルタイム世代と交流会の参加権利(時より平成生まれ昭和育ちとの交流会も企画)

・「あなたの知らない昭和ポップスの世界」の無料購読特典+昭和ポップス倶楽部・平成生まれ昭和育ちが運営するオンラインチャットへ招待+定期勉強会と平成生まれ限定イベント「昭和礼讃」の参加権利(¥1,980-)

・「あなたの知らない昭和ポップスの世界」の無料購読特典+昭和ポップス倶楽部・平成生まれ昭和育ち が運営するオンラインチャットへ招待+定期勉強会と平成生まれ限定イベント「昭和礼讃」の参加権利+イベント参加費割引特典+取り上げて欲しい議題や悩みを優先的に考慮するオンラインリクエスト権利(¥2,980-)

こちら3パターンのリターンがございます。

Q.途中退会の場合、返金はありますか?

A.途中退会につきましては、下記URLからご確認ください。

 途中退会について

Q.昭和60年代生まれで、世代ではないのですが、参加できませんか?

A.平成生まれ昭和育ちは入会時点で平成生まれであるか、2020年の時点で満35歳(昭和60年生まれ)までの方全ての方に参加していただけます。入会条件に当てはまらない方は月額¥980-のリターンをご用意させていただきましたので、ご覧ください。

◯注意事項

・他の利用者への誹謗中傷、荒らし行為などに該当する行為があった場合、強制退会とさせていただく場合があります。

・契約者は、本サービスを利用するために知り得た情報を、契約中および契約解除後においても、第三者に開示、提供することを禁止します。

・配信コンテンツの著作権、商標権等の知的財産権その他の権利を侵害し、または侵害するおそれのある行為を禁止します。

・その他規約はCAMPFIRE利用規約に準じます。

CAMPFIRE規約

コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください