元はと言えば 人間が捨てた 野犬や野良猫この子たちを出来る限り、保護をして シェルターで穏やかに暮してもらいたい。そして、里親さんを見つけてあげることで 日本の殺処分ゼロを目指しています。

プロジェクト本文

先進国家 日本において

動物問題においては、ヨーロッパ諸国に比べて50年は、遅れていると言われています。

日本においての 動物問題

特に、愛玩動物である 犬と猫の野良化が 一向に解決を見ない中で

保健所に収用された 犬や猫は 2018年は 43000匹に、なります。

生体販売

飼い主のモラルの問題

これらが絡み合った結果の安易な飼育放棄

何の罪もない、犬や猫は路頭に迷い 生き場を失い 殺処分をされています。

この子たちを、一匹でも多く 救いたい。

そして穏やかな生活を、 楽しい生活をしてもらい 天寿を全うさせて あげたいのです。


現在
山口県の光市で、シェルターを建設しました。
保護犬猫は、今年 60匹になる見込みです。
シェルター稼働・維持・増築・医療費・などに毎月、相当な費用が嵩んでおります。
そして 韓国から命からがら 犬肉牧場からレスキューされた、25頭の犬たち(内13頭を管理)
史上初めてとなる、日本へ安住の場を求めて やって来ます。
この子たちの、犬舎建設に100万(1軒25万×4軒)ほどの費用が かかります。
どうぞ、無理のない範囲での ご支援 ご協力を賜りましたら 助かります。


一般社団法人 オンリーワン
平山 ガンマン


パトロンへのリターンについて

毎月、お礼 メッセージをメールにて お届けさせて 頂きます。
2030年12月31日までの、シェルター 優先見学権利を 保有して 頂きます。

自己紹介

代表 平山 ガンマン 61才
2009年 愛護活動を開始(同時に31年勤務した会社を退職)
2104年 福島被災地で被災地動物保護施設 〔福光の家〕を 稼働
2015年 2000の野犬たちを救え!プロジェクトを開始
2016年 山口県光市で 犬猫保護施設〔わんにゃんランド〕を稼働
2017年 一般社団法人 オンリーワンを設立
2018年 山口県光市で〔わんにゃんランド〕を増設
2019年 保護犬猫 常時30匹
2020年 韓国犬肉被害犬25匹を日本にレスキュー搬送 予定(内13匹をシェルターに保護)

活動実績
関東保健所における 拘留犬 50頭をレスキュー
東日本大震災における被災地福島飯舘村にて 当時200頭への数年間の給餌
(映画・みえない汚染 飯舘村の動物たち・主演 出演・https://youtu.be/TKO9f8Tk-ks )
山口県の野犬問題に おいて 100頭余の保健所拘留犬及び野犬を保護・14匹の猫を保護


Facebook 平山 ガンマンで 動物関係の記事を毎日更新
https://www.facebook.com/ganmann.hirayama


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください