スタンフォード・オンラインハイスクール校長の星先生と日本の教育の未来を一緒に考えていく/変えていくオンラインサロン。非公開Facebookグループにて交流・情報配信をしていきます。

プロジェクト本文

◆学育ラボとは?

スタンフォード・オンラインハイスクール校長の星先生とプロデューサー長倉顕太と日本の教育を一緒に考えていく/変えていくオンラインサロン。星先生と長倉顕太との交流の場、意見交換の場、質問ができる場をつくりました。

幼児教育・語学教育・高等教育・ギフテッド教育・大人の学習をアメリカ最新の教育事情を知る日本人である星校長から学べる環境・コンテンツを提供します。


◆これまで「学育ラボ」で取り扱ってきたテーマを一部紹介!

2020年1月から始まった
オンラインサロン「学育ラボ」では、

・教育最前線レポート「学育REPORT」
・スタンフォード大学哲学博士(Ph.D.)星先生の哲学講義
・日本で未発表の洋書/論文/エッセイを翻訳して書評
・星先生が直接質問に答えてくれる「教えて星校長」

といったコンテンツを毎週お送りしています。
その中で、すでに取り扱ってきたテーマを一部ご紹介します!


<すでに取り扱ってきたテーマの一部>

・現代の最先端のEdTechの状況
・そもそもEdTechとは何か?
・EdTechの市場規模についての解説
・これからのEdTechの課題は何か?
・LMS、SIS、MOOCとは?
・教育ジャンルは今、巨大なビジネスチャンス?
・VR、ブロックチェーン分野と教育分野に参入
・シリコンバレーのビジネス事情
・1989年から始まるオンライン教育の「歴史」
・例外からセンターステージへ移り変わる「オンライン教育」の最前線
・オンライン教育にはどのような形態があるのか?
・教員の「ITリテラシーの不足」問題
・「オンライン性」と「ライブ性」のバランスをどう考えるか
・「テスト文化」の哲学的な考察
・「キャンベルの法則」から読み解く、受験戦争の過剰激化のメカニズムとは?
・テストはあくまでも学習の「ツール」にすぎない?
・脳科学で証明された効率の良い「学び方」
・集中力が高くなる「ポモドーロ・テクニック」とは
・本を読むときに気をつけておくべき「3つのポイント」
・脳の仕組みを利用した「記憶法」
・短期記憶が悪い人のメリット
・適度なテレビゲームは学習効果がアップする?
・日本未発表本の書評
・勉強法についての勉強


など、日本では聞けない
最新の教育事情
をたくさんシェアしてもらっています。

(非常に秘匿性の高い情報も入っているので一部モザイク処理をしています。)


◆スタンフォード・オンラインハイスクール校長を務める日本人 星友啓先生とは?

スタンフォード・オンラインハイスクール校長
哲学博士
Education & EdTechコンサルタント

1977年東京生まれ。
2000年東京大学文学部思想文化学科哲学専修課程卒業。
2001年より渡米し、
2002年Texas A&M大学哲学修士修了。
2008年Stanford大学哲学博士修了後、
同大学哲学部講師として論理学で教鞭をとりながら、
Stanford Online High Schoolスタートアッププロジェクトに参加。
2016年より校長に就任。現職の傍ら、哲学、論理学、リーダーシップの講義活動や、米国、アジアにむけて、教育及び教育関連テクノロジー(EdTech)のコンサルティングにも取り組む。

スタンフォード・オンラインハイスクールを
知らない方のために紹介させていただくとアメリカには

・ハーバード大学
・イェール大学
・コロンビア大学

などのアイビーリーグを始め

・スタンフォード大学
・マサチューセッツ工科大学
・カーネギーメロン大学

など、「名だたる名門大学」
が数多く存在しますが

それらの大学に進学させる高校が
歴史ある名門校である中

『スタンフォード・オンラインハイスクール』は
創立10年ほどの短期間でなんと2位にランクイン
するという快挙を成し遂げました。

オンラインスクールですから
入学してくる生徒はもはやアメリカ国内に限りません。

世界中から超優秀な生徒たちが
こぞって入学してくるのです。

そして、彼らをさらに優秀な人材として
教育し世の中に送り出す、
その中心を担っているのが、星友啓先生なのです。

おそらく、星友啓先生の現場で
どのような教育が行われているのか
ということは日本人でイメージできる人はいないでしょう。

それだけ、日本と世界の先端では
教育の格差が生まれているのです。

したがって、
私たち日本人が

世界最先端の教育を学ぶこと

そう容易ではありません。

日本でそのような教育を実施している学校はありませんし、世界の教育事情について現場のリアルな声を聞けるほどコネクションを持っているような人もほとんどいないでしょう。

しかし今回、
世界最先端、それも全米トップの高校である
スタンフォード・オンラインハイスクールの校長
星友啓先生とオンラインサロンで

・世界の教育事情を知る
・星先生との交流ができる
・日本の教育を考える/変える

機会をつくることができました。


2019年1月講演会「才能の伸ばし方」を開催

(会場は満席!非常に満足度の高いセミナーを開催できました!)


2019年6月セミナー「バカになる哲学の授業」を開催

(スタンフォード大学の哲学博士(Ph.D.)でもある星校長から哲学を教わる授業を開催。)


2019年12月「Design Your Learning」セミナー&コンサルティングを開催

(星校長のセミナーと星校長と長倉の対談風景)

(少人数限定で星校長に直接相談できるコンサルティングを開催。教育関係者や保護者が集まり「子育て」「教育方法」「学習方法」「進路相談」に星校長がそれぞれ的確なアドバイスをしてくれました。)


◆『学育ラボ』定期的コンテンツ
【1】学育REPORT

・月に1回、星先生から最新の教育事情が知れる動画/音声を配信。
・会員限定の非公開Facebookグループまたはメールでお送りします。

【2】教えて!星校長

・月に1回、メンバーから集めた質問に星校長が動画/音声で回答していきます。世界トップ高校の校長先生に直接質問できるチャンスは日本ではまず実現しません。今回オンラインサロンだからこそできる貴重な機会です。
・会員限定の非公開Facebookグループまたはメールでお送りします。

【3】日本未発表の本・論文・エッセイを翻訳して書評

・月に1回、アメリカで流行っているもの、注目されている本・論文・エッセイで日本語に翻訳されていないものをわかりやすく要約した書評動画を配信します。
・会員限定の非公開Facebookグループまたはメールでお送りします。

【4】スタンフォード大学哲学博士(Ph.D)である星校長の哲学講義

・月に1回、星先生から「哲学」をテーマにした講義動画を配信します。
・星先生が校長を務めるスタンフォードオンライン高校では、「哲学」が必修となっています。VUGA時代と言われたりもしますが、激しい変化の時代だからこそ、古くから受け継がれてきた普遍的な学問に立ち返る必要があると言います。 そこで本サロンでは、星先生からの哲学講義を毎月配信予定です。
・会員限定の非公開Facebookグループまたはメールでお送りします。

◆『学育ラボ』不定期コンテンツ
【5】星校長セミナーの優先割引

・星校長の来日セミナーが決まった時点で、一般応募が始まる前に優先的に席を確保できるだけでなく、学育ラボメンバーには割引価格でご案内します。
・来日セミナーは東京都内での開催がメインになります。



◆こんな人にオススメ!

・講師・学校の先生・教育関係者
・高校・大学の受験を控えている方
・小さいお子さんの教育プランを考えている方
・日本の教育を変えていきたい方
・欧米の最新の教育方法・勉強法・トレンドを知りたい方
・社会人からの進学・留学を考えている方
・シリコンバレーの最新ビジネス情報が欲しい方
・哲学を学び教養を深めたい方…etc


◆プロデューサー長倉顕太とは?

作家、元編集者、教育家。
インターナショナルスクール、人材育成会社経営。
ホノルル在住。

著書に『ギグワーク』『移動力』『モテる読書術』(すばる舎)『親は100パーセント間違っている』(光文社)『超一流の二流を目指せ!』(サンマーク出版)など多数。

編集者時代はベストセラーを連発し、手がけた書籍は1100万部超。

その後、ホノルル、サンフランシスコに移住したことにより、海外教育、海外移住の専門家としても活動中。

2018年12月と2019年10月には、CAMPFIREクラウドファンディングで「643%」「503%」を達成し『モテる読書術』のクラウドファンディングのキャンペーンは、2019年CAMPFIRE AWARDベスト100にノミネート。


◆注意事項

・本コミュニティはFacebookの非公開グループにて活動を行っております。参加にあたり、Facebookアカウントが必要になります。
・Facebookアカウントが実名ではない、プロフィール写真がない、友達がいないなど、アカウントがアクティブではないと判断した場合、入会をお断りする場合があります。またその際に返金等はございませんので、ご了承ください。
・本コミュニティ内の情報については許可がある場合を除き、外部への公開は禁止いたします。
・他の利用者の方への誹謗中傷、荒らし行為などに該当する行為があった場合、その他運営の妨げになると判断した場合、強制退会とさせていただく場合があります。またその際の返金等はございませんので、予めご了承ください。
・領収書の発行は予定しておりませんのでご了承ください。
・その他規約はCAMPFIRE利用規約に準じます。

コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください