誰もがテーマを持ち寄り共学できる自分たちが作り上げるもう一つの大学。京都大学から徒歩1分に立地する語りBar katharsisの空間を、共学の場・ワークスペースとして会員に提供し、会員たち自ら講義や勉強会を開催し、真に自由なもう一つの大学を創造する。

プロジェクト本文

 クラウドファンディング の達成ののち

5/7 語りBAR  katharsis がOPENしました。


多くの方に応援していただき、多くの方にご来店いただいています。

本当にありがとうございます。



店を開けると決めてから、実際に開店し、3ヶ月間の営業・・・

嬉しかったこと、辛かったこと、大変なことなど色々ありました。

が、それはここで書くことではないですね。

あなたと共に夜を語りあかす機会があればその時に。





今回皆さまにお知らせしたいのはKatharsisの空間を昼間開放して行う新しいプロジェクト。

その名も、

「FREE ACADEMIA」


誰もがテーマを持ち寄り、共学できる

自分たちが作り上げるもう一つの大学


それを創造するというのが、僕たちの新たなプロジェクトです。


一見大それたことを言っていますが、その前に小さな、いち大学生の僕の話を聞いてください。



すごい人の講演会を聞いた時。本屋に行った時。学期の時間割を組む時。

自分の無知を恥じるから、将来への不安から、はたまた成長欲求から


「勉強したい」


そう思うことがあったりします。



では、今までの大学生活を振り返ると、「その勉強したい」がどれくらい実現されていたのでしょう。


忙しくて。いつの間にか忘れて。


その多くは実現されてこなかった気がします。



では、その「勉強したい」が実現されるためには何が必要なのか。


その問いに対する僕なりの一つの答えが「場所」と「友」だと思います。




「場所」・・・恒常的に様々な勉強会やゼミ、読書会や意見交換会が開かれており、誰でもふらっと参加可能である空間。それらに必ずしも参加する必要はなく、個人の利用も可能。入りたい時に共学できる。また、その勉強内容やテーマは個々人が自由に設定し開催したり、持ち寄ることもできる。


「友」・・・学友。新たな視点や共に学ぶモチベーションを自分に提供してくれる。オフライン、オンラインで共に繋がり、「勉強したい」や得た「学び」を共有できる。




大学の講義では「友」が、個人の興味関心や学習意欲からの勉強は「場所」が

それぞれなかったから「勉強しよう」が実現に運ばなかった。そんな気がします。

(甘えんな、自分の意思が弱いからや。と言われてしまえばそんな気もしますが、、、泣)



でもいち学生として「勉強したい」が気軽に実現できる。

そんな場があったらいいなと正直に思います。


なのでまず自分のためにも作ります。笑

*初月無料に関して・・・

初回来校時に、初月度の会費を実店舗にて現金で返金という形を取らせていただきます。ご了承ください。





また会員限定のFacebookのグループを作成します。


誰もがシラバスを作り、Facebookのグループと店内掲示板にそれを掲載して、仲間を集めて、勉強会が開催される。


常に FREE ACADEMIAでは、

いろんな人が開催する勉強会が時間割のようになって毎日開催されている。


その状態を目指します。


店内のオフライン掲示板とFacebookのオンライングループでその時間割が共有され

「勉強したい」の提示や同じ関心を持つ「友」の募集、得た「学び」の共有などが行える


新たなコミュニティを創造します。




主な会員へのサービスを以下にまとめます。

会員(パトロン)へのリターンについて


会員(パトロン)期間中、下記の権利を提供します。


①FREE ACADEMIA (presents by katharsis) 会員登録 

②katharsis 昼間フリースペース利用

 ・食べ物持ち込み可

 ・ソフトドリンク飲み放題

 ・Wi-Fi利用可

 ・ホワイトボード/プロジェクター利用可


③語りBar katharsis チャージ無料

 ・舞台となる katharsisが夜間に営業している語りBar katharsisのチャージ料金が会員期間中無料になります。


④Facebookのグループに招待

 ・会員向け情報(時間割やシラバス、イベントの告知など)の発信

 ・会員の勉強した内容のシェア

 ・会員限定のイベントご招待




自己紹介

静木銀蔵。福井県出身。京都大学総合人間学部3回生。 katharsis 副代表兼統括。

現在専攻は社会心理学。

関心のある分野は哲学、心理学、経営、経済、企業戦略、マーケティング、歴史、政治、生物、美術、恋愛、性、グルメ、酒・・・・。

様々な知見を得たい。


理想の自分に近づくために。将来様々な分野で活躍できる人間であるために。

そして、、、、モテるために。

コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください