LOOKMEの四苦八苦&七転八倒の全てを毎日お届け中。メンバーは非公開のFacebookグループに招待。コンセプトは「実はすごいヒトにスポットライトを」LOOKMEの未来をのぞいて見ませんか?!サロン内で「PR部」「編集部」「コミュティマネジメント部」3つの部活動を始めました!

プロジェクト本文

自己紹介

こんにちは!LOOKME の小南と申します。

このLOOKME「取材されたい人」と「取材したい人」のマッチングサービスとして、今年の1月22日にβ版をリリース。「実はすごいヒトにスポットライトを」をコンセプトに、魅力的な活動をしている(・・が、発信が苦手)なヒトと、そのヒトに共感し応援したいというヒトをマッチングするサービスを展開中です。



▼現状どんなことをしているの?

「取材されたい人」と「取材したい人」のマッチングサービスLOOKME 。現在、約2,000名の方にご登録をいただいております。今まで、ライターさんのコミュニティをつくってみたり、イベントを開催したり、Webメディアとタイアップさせていただいたり、と様々な企画を実施してきました。

そうそう!
るっくんという可愛らしーい、キャラクターもいます。



▼今後どんなサービスにしていきたいか?


挑戦者に孤独はつきもの、なのかもしれません。そんな時に、1人でもそれに共感してくれる人、応援してくれる人が現れると、どれだけ心強いことか。

すごく抽象的な表現になるのですが、LOOKMEを「挑戦者を独りぼっちにしない(ユーザーさんが自己肯定感を持つことが出来る)」サービスにしていきたいと考えています。


▼なぜオンラインサロンをはじめたのか?

今後、本気で上記のようなサービスにしていきたいと考えた時、もっと多くの「共感していただける人」「応援いただける人」と一緒につくっていきたい、と考えて、このオンラインサロンを始めることにしました。


▼サロンに参加いただくと・・

このサロンでは、LOOKMEの正式版リリース(2020年1月が目標!)までの、日々の七転八倒の様子を毎日、僕からレポートさせていただきます。アイデアや、事業をつくる上で学んだことのシェアはもちろん、どのくらいのお金がかかったか?などの詳細も含めて、こちらに参加いただいた方に限り、毎日、お届けします。究所 みたいな感じ、です!)

非公開のFacebookグループに招待させていただきますので、参加いただいた方同士でチームを組んで、プロジェクトが始まったり、デモ版を触っていただきフォードバックをしてもらったり、ということもできたら最高だな、と考えています。

毎日更新のメルマガとして楽しんでもらうもよし。積極的にメンバーの皆さんと交流したり、プロジェクトを始めていただくもよし。

受け身でもOK、能動的に楽しんでもOKなのがこのサロンです。(というか、このオンラインサロン自体、まだまだ実験中で、つくっている途中なので、一緒につくっていこう!という気持ちで参加いただけたら、最高に嬉しいです。)

ちなみに・・LOOKMEオンラインサロン主催で、取材されたいヒトとしたいヒトのマッチング「イベント」meetball(ミートボール)というものも先日開催いたしました。こちら毎月継続的に開催予定ですが、サロンメンバーの方のこちらにも無料で参加が可能です。

 

Photo by 池田こーき

▼支援いただいたお金の使い道

支援いただいたお金は、全額、LOOKMEの活動費&正式版の開発費用に充てさせていただきます。リリース前の準備期間あわせると、これまで、おおよそ500万円ほどの投資をしてきました。これ以上収益の見通しのない事業に時間とお金を投じてよいのか、と不安にかられることも正直あります。ただ「実はすごいヒトにスポットライトを」というコンセプトをカタチにすることを、簡単に辞めたくないんです!


▼サロンへの参加方法

・当ページの「パトロンになる」ボタンから入会ください。入会申請後、Facebookグループへの参加手順をご連絡します。※参加にあたり、Facebookアカウントが必要です。※申し込んでいただいた日に必ず僕(小南)より、ご連絡いたします!

※その他、注意事項
・途中で退会した場合も返金、領収書の発行はありません、ご了承ください。
・他の利用者の方への誹謗中傷、荒らし行為などに該当する行為があった場合、強制退会とさせていただく場合があります。
・その他規約はCAMPFIRE利用規約に準じます。
https://camp-fire.jp/pages/term


▼最後に

LOOKMEは「声を持たない、もしくは声を上げるのが苦手な、挑戦するヒト」と「それに共感・共鳴するヒト」を繋げるサービスです。将来的には、その挑戦者が、一瞬で未来の応援者に出会えるような、そんなサービスにしていきたい、と考えています。

・挑戦者も
・そこにスポットライトをあてる共感者も
・それを見て集った応援者も

1つのステージの出演者として、ワクワクできるような、そんなサービスにしていきたいです。


こんな世界を是非一緒につくっていきましょう!


リターンに書くべき?と思いましたが、参加いただいたメンバーの方、福岡にお越しの際は是非ご連絡ください。だだっ広いベランダでビール飲みながら、作戦会議をしましょう!




コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください