①若い方や色々な方に知識と技術を知っていただき、繋いでいきたいです。②地震等の有事の際での、整骨院の役割。公の要素も整骨院には、あると考えています。その為の、院のバリヤフリー化や水、常備食、包帯等の準備、AEDの装備、車椅子や松葉杖、テーピング、防寒用具、怪我をした人への対応等を町の整骨院として。

プロジェクト本文

あなたからのメッセージ

はじめまして。熊野町整骨院plas+(パーソナルボディケア)の院長の北山克也です。

町のかかりつけ整骨院です。

①若い方等に、技術や知識(教育)を伝えていきたいです。(勉強会)その中で自分自身も成長していき社会に還元していきたいです。(資料作り、人件費、材料費、場所代等)10000円

②敷居の低い、なんでも相談できる整骨院でありたいと考えています。その中で院のバリヤフリー化や地震等の有事 の際の避難所、医療での手助けを考えたときに、AEDの設置(リース)6000円、超音波観察の機械(リース)25000円、非常食、水等の保管、防寒用具、懐中電灯、包帯や固定材、車椅子、松葉杖、テーピングの備蓄等、10000円看板の架け替えを考えています。すべて直ぐには、難しいと思うので、少しずつ揃えていきたいと思います。

③手数料(キャンプファイヤー)5100円

整骨院は、公の要素も兼ねていると考えています。集められたお金は、上記の①②の物事に、使わせていただきます。使ったお金の明細は、ホームページにて明らかにします。

https://kumanochouseikotuin.jimdofree.com(ホームページ)

合計 56100円です。

宜しくお願い致します。



パトロンへのリターンについて

毎月、熊野町整骨院plas+(パーソナルボディケア)のメニューにない、60分の無痛整体(身体のバランスを筋肉調整、身体の動きの中で整えます)を2回分(実質約13000円分)を提供させていただきます。法令にもとずく医療行為、診療行為では、ございません。効果には、個人差がございます。
交通費等は、自費でお願い致します。

自己紹介

熊野町整骨院plas+(パーソナルボディケア)の院長の北山克也です。


平成5年から修業を始めました。(救急病院・整形外科・整骨院等)

平成157月から東京都板橋区に開業しました。

沢山の方々に助けられて、支えられて、約16年になります。今後も社会に役に立つ、必要とされる院としての活動を、日々考えて、実行していきたいと思っています。

宜しくお願い致します。

https://instagram.com/skmedikaru(インスタグラム)

写真に色々なリンクを付けました。

コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください