【バンドの新しい楽しみ方をあなたに提案したい】月額定額制で"バンド放題"することができるバンドサブスクリプション"Parades"(パレイズ)を一緒につくっていきませんか。あなたはバンドをもっと楽しむことができます。バンドをもっと続けることができます。

プロジェクト本文

バンドをもっと続けたい、もっと沢山の人に楽しんで欲しい。

このページを開いてくれてありがとうございます。ロックンロールバンドTHE JIVES (ザ・ジャイヴス)と申します。

バンドという遊びをもっと続けるために、バンドというエンターテインメントをもっと沢山の人に楽しんでもらうために、THE JIVESが思いつきました。

バンドを"サブスクリプション"したいのです。


サブスクリプションとは?

【subscription】
製品やサービスなどの一定期間の利用に対して、代金を支払う方式。(大辞林第三版より)
https://kotobank.jp/word/サブスクリプション-275882

辞書を引くと少し難しく感じますが、THE JIVESが提案したいのはシンプルです。

バンドの全てのコンテンツを月額定額制にしませんか?


①ライブの無料化
現状バンドのライブというと大体チケットが1000円〜3000円くらい。これを0円にしたいです。「行ってみたいけど高いし…」という寂しいし悔しいけどけど至極リアルな"お金"という楽しみに水を差すものを取り払いたいのです。

②ライブのオンライン配信のスタンダード化
バンドの全てのライブがオンラインで配信されることを新しいスタンダードにしたいです。「行ってみたいけど遠いし…」という誰しもが直面する"距離"の問題を解決できないでしょうか。あとオンライン配信なら「ライブハウスってシステムとか複雑そうだし怖そうだし…」という不安も少なくなります。もっとフランクにライブを楽しんでもらえると思うんです。

③CDの定額化
新作をリリースする度に「売り切り」していたCD。これをSpotifyやApple Musicのように定額化出来たら面白くないですか。月額定額でいくらでもCDを手に入れることができる。CD好きにはたまりません。


バンドサブスクリプション「Parades」

THE JIVESはこのバンドサブスクリプションという仕組みを「Parades(パレイズ)」と名付けました。由来はもちろんあの"パレード"です。見ていても楽しいし参加していても楽しい。パレードをやる側も楽しい。そんな仕組みになればと思って名付けました。

画像引用元:http://myworld2013.blog.fc2.com/img/20160521231706968.jpg/


Parades。THE JIVESは非常にワクワクしています。もちろん無謀な挑戦ではあると思います。なのでまずはスタートします。始めてしまえば色々見えてくると思うのです。

Paradesが目指す上の3つを、まずはTHE JIVESだけで出来るところから始めます。


①' THE JIVE NIGHTを無料にする
THE JIVESが2015年5月から、下北沢にある"ろくでもない夜"というライブハウスで毎月やっているTHE JIVE NIGHTというイベントをまずは無料にします。無料開始は2019年9月20日。この日に行われるTHE JIVE NIGHTからチケットを0円にします。

1つ注意点。Paradesに参加している方はもちろん、Paradesに参加していない方も無料で入れます。沢山の人にフランクに楽しんで欲しい。なので誰でも無料で入れるようにします。


②' THE JIVESの全てのSHOWをオンライン配信する
THE JIVESは今年の8月31日(土)に新作EPのリリースパーティーを渋谷のGARRETで開催します。そのSHOW以降、すべてのSHOWステージをオンライン配信いたします。(THE JIVESはライブのことをこだわって"SHOW"と呼んでいます)

配信方法はYouTube Liveを検討しています。配信環境はまだまだ練っている途中ですが、180°カメラなどを使えないかと検討しています。技術の進化はエンターテインメントをもっと面白くする。THE JIVESも積極的に使っていこうと思っています。

オンライン配信を観れるのはParadesに参加している方のみ。面白さを共感できる方と一緒に新しいスタンダードをつくっていけたらと思っています。


③' 8月31日リリースの「SHOUT」以降、今後全てのTHE JIVESのCDをご自宅にお届けする。
Paradesに参加してくれる方には、今後リリースされるTHE JIVESのCDを全てお届けいたします。もちろん一般発売はしますし、各種ダウンロード配信・ストリーミング配信にも対応はします。通販でも買えるし、iTunesでDLすることもSpotifyでストリーミングすることもできます。

でもバンドのサブスクリプション「Parades」に参加していたらリリースの度に買わなくてもCDをゲットすることが出来る。無料ではありません。参加してくれている方が毎月積み上げてくれているものをCDという商品にしているのです。

CDの価値を信じているTHE JIVESだからこそやる「CDの定額化」。これもまたスタンダードになったら面白そうです。


THE JIVESのファンクラブではない。

今回の提案はTHE JIVESのファンクラブを作ろうとするものではありません。THE JIVESが出来るところから始めるので最初のコンテンツはTHE JIVESだけですが、今後は沢山のバンドやライブハウス・CDショップなども巻き込んで「新しいバンドの楽しみ方」をつくっていきます。Paradesは新しいバンドの楽しみ方です。そして同時に「新しいバンドの続け方」でもあると信じています。


集まったお金の使い道

バンドサブスクリプションParadesは月額2000円で始めます。今はまだTHE JIVE NIGHTしか無料に出来ませんが、今後賛同者・参加者が増やし、THE JIVESの全てのSHOWが無料にし、定額制で楽しめるコンテンツを増やしていくつもりです。月額定額制で集まったお金は、バンドを続けていくために使います。

・ライブハウスの利用料金
・カメラ購入代金や協力スタッフ依頼など、オンライン配信をする為に必要な経費
・CDの制作費
・リハーサルスタジオ代や交通費など、日々の活動費

これらに充てさせていただきます。最初はTHE JIVESのコンテンツだけを定額制にするので全てTHE JIVESのために使わせていただきますが、今後Paradesに賛同・参加するバンドやライブハウス等が増えていけば当然分配していくつもりです。

儲けたくて始める訳ではありません。バンドを、好きなことを続けていくために月額定額制という形態を選びました。

THE JIVESは、THE JIVESをずっとやっていきたいんです。


バンドサブスクリプション「Parades」スタートです。

Paradesへの思いを動画にしました。ぜひご覧ください。

観てくださり、ありがとうございます!

THE JIVESの提案を受け取っていただけると嬉しいです。新しいバンドの楽しみ方であり、新しいバンドの続け方であるバンドサブスクリプション、Parades。まだまだ抜けている考え方や仕組みもあると思います。それを改善しながら、トライ&エラーで進めていこうと思います。100%完成したものを始めるよりも、10%しか出来てないものを一緒に磨いて完成させていく方が楽しいと信じています。

ぜひ乗っかってみてください。そして、応援をよろしくお願いいたします。

バンドサブスクリプションParadesを新しいスタンダードにしたい。なのでなるべく沢山の賛同してくれる方に集まっていただきたいです。

どうなるかは分かりません。誰も見たことない世界なので当然です。

2000円/月と言いましたが、やっぱりまずは1000円/月で始めます。

参加してくれた方にはDiscord(ディスコード)というアプリの、非公開グループへ招待いたします。今後はそのグループからライブのオンライン配信をはじめバンドの様々なコンテンツをお届けいたします。

沢山のご参加・ご賛同、お待ちしています!


THE JIVESがこの新しい提案を「Parades」と名付けたもう一つの理由があります。

うまく進んでいる事や楽しい事を邪魔されることを「水を差される」と言います。それを英語では「rain on one’s parade」と表現するらしいのです。水を差されることを「パレードに雨を降らす」と表現する感じ、良くないですか?楽しいことには水を差されたくない。Paradesにはそんな思いも込めています。

Don’t rain on my parade.
=私の好きなことに水を差さないで。

好きなことは絶対に続けるべきです。一緒にやり続けましょう。

バンドサブスクリプションParades、ぜひ応援よろしくお願いいたします。

2019年6月
ロックンロールバンド
THE JIVES


==========

▼入会方法
・当ページの「パトロンになる」ボタンから入会することができます。なお月の途中で入会した場合でも1ヶ月分の料金が発生します。(当月分は日割り計算になりません)
・CAMPFIREファンクラブのご支援に使用可能なクレジットカードは下記です。
 VISA/MasterCard/JCB/Diners Club/American Express
 また、残り有効期限100日以上のクレジットカードに限らせていただきます。
 ※コンビニ払い・銀行振込(Pay-easy払い)には対応しておりません。
・領収書の発行は行っておりませんのでご了承ください。

▼注意事項
・「Parades」は、ディスコードの非公開グループにてコンテンツをお届けいたします。
・本グループ内の情報や、オーナーが発信する内容について、許可なく外部へ漏洩することを禁止致します。(口外、SNSなど)
・他の利用者への誹謗中傷、荒らし行為などに該当する行為があった場合、強制退会とさせていただく場合があります。
・その他規約はCAMPFIRE利用規約に準じます。
https://camp-fire.jp/pages/term

==========

▼よければこちらもお楽しみください。

【Parades誕生秘話】

==

前作「UNSTOP STOMP」のツアーファイナルであり、バンドキャリア初の#ワンマンショウ から1週間が経った2月9日。THE JIVESの4人は卓を囲って早速この先を見つめていた。

大盛況のまま幕を閉じた初の #ワンマンショウ はバンドに実に多くの可能性と膨大な数の課題をもたらした。

「次、どうしようか?」

2018年は所謂「バンド」をした1年だった。

1月に新メンバーとしてドラムのナガシマタクロウが加入。バンドは新しい局面に立った。その流れを加速させるかのように3月に発表されは「四部作リリース」への挑戦。「目標額を達成出来なければリリースを取り消す」という企画も立ち上げた。

沢山の声援と参加、そして少しの疑問符を頂戴しながら見事に四部作第1弾「CLAP CLUB」をリリース。下北沢ろくでもない夜でリリースパーティーを行い、初のリリースツアーである #クラクラツアー に出発した。

初めて行く場所、初めて会う人、初めて見る景色。何もかもがバンドに吸い込まれていくようだった。

むかえるはツアーファイナル。8/25にTHE JIVESが結論付けたのは「俺たちは何も間違っていない」という過去と現在の肯定。確かな自信を手に入れた。

間を空けず発表された四部作第2弾「UNSTOP STOMP」のリリース。もう既にレコーディングは始まっていた。当然「失敗したらリリース取り消し」チャレンジも敢行した。自信を数字にしてもう一度確かめたかった。

無事に成功した。感謝と興奮は抑えられなかった。

一方で、メンバーだけでなくチームのスタッフや関係者、参加してくれた方々もが口を揃えて「本当にドキドキした」と言ったのは、チャレンジ企画の内容に"Wow!"が乏しかったのが原因だろう。思い当たる節があった。

無視できない程度の量の違和感を抱えながら敢行したリリースパーティー、ツーマンショウ。

「もっとやれる」

そう思った。始まる2度目のリリースツアー。今回は仲間のバンドも各地について来てもらった。目の当たりにする熱狂とリアル。仲間のバンドとよく話した。

「ガンガンやろう」と。

ツアーファイナルはバンド初のワンマンショウだった。チケットはソールドアウト。それもまた初体験だった。興奮と感激のワンマン。見せてもらった景色は今まで見たどんなものよりも感動的だった。

「次、どうしようか?」

THE JIVESはこうして、この言葉に「自信」と「悔しさ」そして「期待」と「葛藤」を込めていくことになる。

「THE JIVESをやりたい」

我々は今"四部作リリース"というものに挑戦している。現在はその第3弾に挑戦している。第3弾がどんな作品かはこちらを見て欲しい。

https://camp-fire.jp/projects/view/151923

ぜひ上の挑戦も応援してほしい。

とにかく、我々は今回の作品をつくるにあたり散々「やりたいこと」について話した。そしてそれを詰めていくとこんな問いが生まれる。

「何をしている時が一番楽しいか?」

何時間も何日も何週間もかけてもグッとくる解は出なかった。自分達で立ち上げた目の前に広がる大きな大きな壁。それから目を背けるように、公園で話していた晴れの日のことだった。半分やけになって言葉が宙を舞った。

「楽しい時?そりゃあ"飲み放題してる時"だよ!」

「「「それだよ」」」

無意味な馬鹿話は一気に未来への作戦会議へとヒートアップする。

THE JIVESは思いついてしまった。

バンドを飲み放題すればいい。


バンドをサブスクしよう!!


(▲トップへ)

  • 2019/07/04 00:54

    バンドというエンターテインメントをもっと面白く夜分に申し訳ありません。昨日より、Prades参加者限定グループが本格始動いたしました。ParadesはDiscord(ディスコード)というアプリを使ってコンテンツを配信していきます。参加された方には招待コードをお送りいたしますので、そちらからDi...

コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください