学生が輝くための「ステージ」を作ります。SHOWROOMの前田裕二社長や、幻冬舎の箕輪厚介さんをはじめとした豪華講師陣、たくさんの企業にアピールできる環境。そしてたくさんの仲間ができる環境。自身のキャリアを伸ばすために、カレッジワークスに入場しよう ※現金決済の方もおり現在会員数は65名です

プロジェクト本文

※現金決済の方は表示上反映されない関係で、現在の正しい会員数は約50名となっています。

[カレッジワークスとは] 

刺激し合える学生が集まるコミュニティを提供し、 そこで仲間と共に学び、考え、成長し、行動できる。 そんな学生が輝く「ステージ」をカレッジワークスが提供します。 

「時代を牽引する経営者×学生×企業」が立場を越えて密に交流することで、 「生きた情報」「仲間」「メンター」の3つの武器を手に入れることができます。

 いよいよ個の時代に完全突入していく時代です。 自分が主役のステージの脚本を、この3つの武器で描きましょう。

 最初のステージはカレッジワークスが用意します。 

まず、ステージに入場する一歩を踏み出し、 色々なことをステージ上で経験しながら、脚本のネタを揃え、 自分にしか描けない、自分が主役のキャリアを描いてください。


[カレッジワークスへの思い]

 はじめまして、カレッジワークス代表兼コミュニティマネージャーの相川です。

 ITスタートアップの起業を経て、現在29歳です。 大学を卒業した年は2012年。

 キャリアをどう築こうか考えていた私にとって、 2012年は「個」と「集」の時代の狭間だったような気がします。 

起業する人は今ほど多くなく、しかし「個」を求め、 サイバーエージェントのような勢いある会社が 就活生からも人気になり始めてきた頃だった記憶があります。 

そんな中、私は就活をせずに、大学2年生の頃から出版社で編集者をしてみたり、 ゲーム会社でプランナーをしてみたりと、とにかく経験を積みました。 

「起業したい」という気持ちよりも 「就活という短い期間のみで人の能力なんて測れるの?」という疑問から、 「とにかく同世代のみんなと違う存在になりたい。」 という気持ちが強かったように思います。 

しかし、正直に言って心細い日々でした。 周りは大学3年生になると就活を始める。 そんな中、私は就活をせずに編集やプランナーをしている。 

「これって正解なんだっけ?」 
「いや、正解だと思うしかない」 

という自問自答を繰り返しながら、深く考えず、 その期間をがむしゃらに仕事をして過ごしていたように思います。 

最高に迷ったときは、謎に関ヶ原に行って、方針を決めたりしてました。

その後、2012年に起業をする私ですが、今思うことは、 

当時、同じ志を持った仲間がいたらもっと面白い学生期間になっていた。 

日々の自分の努力や行動を、もっとたくさんの大人に知ってほしかった

 そして、たくさんの大人と出会いたかった

 色々な企業を、企業研究ではなくもっと生きた情報として知りたかった。 ということです。 

カレッジワークスにはそのすべてを用意していこうと考えています。


2012年の起業から3ヶ月目。この後、事業が急成長し、1年後に六本木ヒルズに入居することに。激動の中で色々な経験を積むことができたので、そんな経験もシェアしていきたいと思ってます!

入場者については、就活をこれからする3年生には閉じません。 自分が主役のキャリアを歩みたい、と思っているすべての学生は入場可能です。 また、立ち上げたばかりのスタートアップです。 みんなと会話しながら、良いコミュニティを作りたいと思ってます。


[カレッジワークスの内容について] 

・アクセスの良い渋谷好立地の施設を使い放題 

・会員学生のプロフィール閲覧が常に可能。アプローチや連絡を取り合うことが可能 

・月一程で開催する豪華講師陣のイベントに出席できる権利 

・学生主導でのオンライン/オフライン通じた様々な活動

・色々な学生や企業との懇親会

・日々の活動が企業からもみられている環境。日常がアピールになる。(準備中)

 ・企業からインターンオファーや採用オファーがくる環境。 (準備中)

運用は、WorkplaceというFacebookグループに似たサービスを使用します。企業や講師陣もここに入っており、日々の活動を企業、学生、豪華講師陣、みんなで共有しあえる環境です。


プレオープン時に開催したイベント。前田裕二さん、箕輪厚介さんはカレッジワークス講師陣でもあるので、今後もイベントに登壇されます。


[カレッジワークス入場(入会)後の学生の取り組み例]

下記を代表例に様々なステージを用意していきます。

 ○デイリーディスカッション 
→毎日SNSで出されるトピックに対して意見をまとめ、オンラインディスカッション!

○著名講師陣によるワークショップ
→SHOWROOM前田さん、幻冬舎箕輪さんが参加決定!ユニークなキャリア視点を身につけよう!

○チーム活動
→メディアチーム、イベントチーム、新規事業チームなど、自由に行き来できるチーム活動を順次用意!

 ○ピッチバトル 
→3ヶ月に1回、ビジネスアイデアをプレゼンできる!講師陣や企業からフィードバックを受けることができ、 目に止まれば事業化も?!

 ○デイリーイベント 
→コワーキングスペースでの毎日のイベントを学生が曜日別プロデューサーとして企画/主催!

○コミュニティマネージャとの月一面談 
→キャリアについての悩みや、紹介してほしい人などの相談など、気軽に相談ができます。

こんなイメージで活動できます!
受け身にならず、オープンマインド、GIVE&GIVEの精神で自ら動き、コミュニティを楽しみきってください


[リターン内容について]

・5/27開催の「前田裕二×鈴木奈々〜二人で起業するならどんなテーマを選ぶ?〜」にご招待(初回枠のみ)


・「共感経済×テクノロジーのビジネスアイデアを考える」ビジコンに参加可能。審査員として、SHOWROOM前田社長とその他豪華審査員が出席予定。(初回枠のみ)


・アクセスの良い渋谷好立地の施設を使い放題


・会員学生のプロフィール閲覧が常に可能。アプローチや連絡を取り合うことが可能

・月一程で開催する豪華講師陣のイベントに無料で出席できる

・企業からインターンオファーや採用オファーがくる環境。

・企業、豪華講師陣、会員学生が入っているオンラインコミュニティにご招待。常にアピールの場になります。


[入会方法]

・当ページの「パトロンになる」ボタンから入会することができます。なお月の途中で入会した場合でも1ヶ月分の料金が発生します。(当月分は日割り計算になりません)
※クレジットカードを持っていない方も入会可能です。詳細は決済方法をご確認ください。

・入会申請後、5営業日以内にCAMPFIREのメッセージでWorkPlaceグループへの参加手順をご連絡します。5営業日たっても連絡がない場合は、お手数ですがCAMPFIREのメッセージ機能にてお問い合わせください。

・途中で退会した場合もその月の返金はありません、ご了承ください。

・現金決済をされる方の人数は本ページでは加算されないため、画面上100名に達する前に応募を締め切る場合があります。ご了承ください。

・今後、追加枠を告知する場合は、カレッジワークスTwitterで告知しますので、フォローをお願いします。

[決済について]

・CAMPFIREファンクラブのご支援に使用可能なクレジットカードは下記のみです。
VISA/MasterCard/JCB/Diners Club/American Express
また、残り有効期限が100日以上のクレジットカードに限らせていただきます。

・クレジットカードをお持ちでない方は「y.aikawa@recipesta.com」まで件名(入会希望)と記載の上ご連絡ください。現金決済にてご対応いたします。

・領収書の発行は行っておりませんので、ご了承ください。

[注意事項]

・施設は毎週水曜が休館日です。

・その他、突然休館することもありますのでご了承ください。事前にグループにてお伝えいたします。

・カレッジワークス内の情報については許可がある場合を除き、外部への公開は禁止いたします。ただし、ツイッターやブログ等で、投稿を個人が特定できない形でご紹介させて頂く場合がありますのであらかじめご了承ください。

・メンバーが安心して気持ちよく交流出来るコミュニティをつくるため、誹謗中傷や運営側が不適切と判断したコメントは削除させて頂く場合がございます。他の利用者の方への誹謗中傷、荒らし行為などに該当する行為があった場合、その他運営の妨げになると判断した場合、強制退会とさせていただく場合があります。

・情報商材またはそれ相当と判断されるビジネスに関わる方の入会はお断りします。入会後に判明した場合強制退会となります。

・内部の情報を漏らさず秘密を厳守できる方のみ入会できます。

コメント

もっと見る

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください