CAFE LABOを使い倒す研究員募集!研究員はカフェの別室を使えたり、オン、オフラインでのスイーツ、コーヒー、心理学教室への参加、過去の教室を動画で見ることが出来ます。料金にはドリンク2杯(約1,000円)が含まれます。遠方の方には100gのコーヒー�豆を配送いたします。

プロジェクト本文

あなたからのメッセージ

仕事と家以外に、第三の面白い場所を提供する、

山形県米沢市CFAE LABORATORYのオン&オフラインサロンです。

会員(研究員)は以下のような方にオススメです。

・Wi-Fiやプロジェクターが使えるLABOの別室【第二実験室】を使って、

 作業をしたり、映画をみたり、作品の展示や販売をしたい方、

□YouTubeやツイキャスなどの配信、会議や部活動をしたい方、

□現在Instagramで配信している【心理学カフェ】を録画で見返したい方

□LABOの取り組みやスタッフを応援したい方、

□遠くに住んでいらっしゃる方で、

 LABOのコーヒーを飲みたい方などなど、

オンラインでもオフラインでもLABOを使って、

様々な楽しいことを企みたい方にオススメです。

是非LABOの別室やオンラインサロンを使って遊び倒して下さい。

今後も、もっと新しい使い方を考えていきます。


パトロンへのリターンについて

・毎月500円のドリンクが2杯か100gのコーヒーが受け取れます。

・研究員にのみコーヒー豆の通販をいたします。

・非公開のFacebookグループやLINEグループにご招待します。

・オンラインで心理学教室、コーヒー教室などに参加出来ます。

・過去の教室の動画を見ることが出来ます。

・LABOの別室(Wi-Fi、プロジェクター、ホワイトボード完備)を1ドリンクで2時間使えます。

・第二実験室を使って作品の展示や販売が出来ます。


サロンの主催者紹介

完戸修平(Shuhei Shishido)

1973 12/17 MALE


仕事はカフェ経営、彫金師、執筆、講演、セミナーなど。


趣味はインテリア(ミッドセンチュリー、インダストリアル系)、

建物の間取りを眺める、カフェ、コーヒー、

プロレス、心理学、美術(ダリ、ベルニーニ、ウォーホールなどが好き)。


アメリカで5年美術や心理学を学び、

2000年から山形県米沢市でCOFFE HEAVEN、

2011からシャッター街の端でCAFE LABORATORYをスタート。

カフェ好きな若者を中心に、

シャッター街の端に人が集まるようになったのをキッカケに、

2015年は経済産業省の復興支援アドバイザーとして、

陸前高田のカフェ作りも関わっています。

著書は【資金ゼロでカフェをつくる方法】

Amazon 資金ゼロでカフェをつくる方法 


店舗の紹介

CAFE LABORATORY

2011年に米沢市のシャッター街の端に、

街を面白く変化させることをコンセプトにオープンしたカフェです。

スペシャルティーコーヒーと手作りスイーツ、

田舎では珍しく24:00まで営業しています。

〒992-0045

山形県米沢市中央3-10-23

TEL 023-821-7557

営業時間 11:00~24:00 

CAFE LABORATORYのホームページ


コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください