1986年愛知県生まれ。生活と芸術の一致を目指すアーティスト。昭和の高度経済成長期と自身の関係をテーマに人生の再現ドラマ「ニューロマン」シリーズを制作。2017年、東京藝術大学で建築家の藤村龍至氏に出会い埼玉県に移住。超高齢ニュータウンの元空家を活用したアートプロジェクト「ニュー喫茶 幻」に取組む。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶菅沼朋香です。生活と芸術の一致を目指すアーティストとして活動をしています。

作品のテーマは"昭和の高度経済成長期"。

現代は昭和の時代と比べて格段に生活レベルが上りました。なのに、昔の方が豊かだったのでは?と思うことが時々あります。そんな昔の良かった部分を現代の生活に取り入れて実践し、作品としてアウトプットしています。このような活動を生涯をかけて行い、現代に新しい生き方「ニューロマン」を提案したいと考えています。

2017年に東京藝術大学修了制作展で人生の再現ドラマ「ニューロマン 都会編」を発表しました。その後、縁あって現在は高齢化と空家増加が問題になっている埼玉県の鳩山ニュータウンに移住。自分のルーツでもあり高度経済成長期に作られたニュータウンをテーマにした作品を作るために、元空き家の自宅を改装して「ニュー喫茶 幻」をオープンさせました。

▼このプロジェクトで実現したいこと現在私は会社員として週3日働いて生計を立て、アート活動を行なっています。

そのため「ニュー喫茶 幻」の営業は週1日程度となっています。「ニュー喫茶 幻」は席料無料・完全持込制・リアルファンディング方式です。店内には”ニュータウン内の空き家に実っている果実”を使った「空家スイーツ」の開発など、アートプロジェクトの企画書と募金箱が複数個あり、応援したいプロジェクトを選んでお気持ちを入れていただきます。

もし、アーティストとして独立することができれば、今よりも多く「ニュー喫茶 幻」を営業することができ、もっと早いペースで各アートプロジェクトを実現することができます。

アートプロジェクトが実現すれば、作品を通して高度経済成長期の良かった部分を現代に提案することができ、より豊かな社会が実現される可能性があります。

▼プロジェクトをやろうと思った理由「ニュー喫茶 幻」でリアルファンディングしていただいたお金は、一部を除き基本的には私の収入にはなりません。お客さんがリアルファンディングしたお金=アートプロジェクトの成長となります。これにより、目に見える形でお客さんがプロジェクトに参加することができ、アートを通してお金とは何か?という問いを投げかけています。

アーティストとして生計を立てる方法については模索中ですが、新しい生き方に挑戦する「ニューロマン」を、よりリアルタイムにお楽しみ頂ければと思いファンクラブを作成しました。

▼リターンについて

支援いただける金額によりリターン内容が異なりますので、ご確認下さい。

*ファンミーティング@ニュー喫茶幻の参加権

…ニュー喫茶幻(埼玉県比企郡鳩山町・鳩山ニュータウン内)で不定期開催するファンミーティングの参加権です。開催時にご案内させて頂きます。

*週刊「ニューロマン」

…1週間分の活動報告を動画でお届けします。制作の裏話や未発表のこと、今後考えていることなどもお話させて頂く予定です。

*月に1回メールで相談にのります

…恋愛相談、人生相談が得意ですが何でもどうぞ。(公序良俗に反する相談は除きます)

*ニュー喫茶幻の玄関にスポンサーとしてお名前または広告を掲載します(公序良俗に反する広告、法令に違反する広告などはお受けできません。)

*3ヶ月に1度リクエストの歌を作ります(アカペラ歌唱の動画で納品します。公序良俗に反する内容、法令に違反する内容などはお受けできません。)

▼その他、注意事項等(ご登録前に一読いただけると幸いです)

・ファンクラブ内では一般に公開していない情報がございます。 内部の情報を漏らさず秘密を厳守できる方のみ入会できます。 

・途中で退会された場合でも、日割りでの返金等はございません。予めご了承ください。

コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください