メンバー同士でネットゲームをやりながら出会いを楽しむオンラインサロン。メンバーが自由に他のメンバーをゲームに招待して、ネットゲームで遊ぶことが出来ます。荒野行動、シャドウバース、農園婚活などなんでもOK。大西明美は、週に何回かネットゲームを主催します。写真は許可をもらっております。 独身者のみ!

プロジェクト本文

▼あなたからのメッセージ

私は10年ガチガチの婚活の活動をしてきました。結婚相談所は今年で10年目で、2019年には最優秀成婚賞を日本仲人協会にていただきました。書籍も何冊か出版しております。

でも、なんだか婚活の世界で息が詰まる人を数え切れないぐらいに見てきて、本当にこの結婚相談所だけの形が正しいんだろうかと考えるようになりました。

毎晩私はネットゲームをして遊んでいるんですが、その時間の参加者たちがいきいきしていることにふと気が付きました。ネットゲームを通して恋人になる人達もたくさん見てきました。

「もしかして、これ婚活としても成り立つんじゃないの?」そう思ってはじめることにしました。


・入会条件

ネットゲームができる環境にあること(ゲーム機を使ったネット対戦も含む)

1年以内に結婚相手を見つけたい人のみ

男性の場合、結婚して家族が出来たら養っていける自信があること

独身者のみ(既婚者入会厳禁)


▼パトロンへのリターンについて


・キャンプファイヤー内でパトロンが自由にゲームに招待が出来ます。交流も出来ます。

(本名非公開でできるので、安心)


・毎月1回か2回、リアルゲーム婚活イベント開催予定です(都内中心、主に豊島区界隈)

 4人〜20人ぐらいでやる予定です。

 リアルゲームイベントには必ずオーナーである大西明美が参加します。

・Discord(ゲーム交流アプリ)を使って、本名を知られずに交流ができるようにします


▼自己紹介

婚活アドバイザー/結婚相談所所長 1977年生まれ。大阪府出身。大阪教育大学出身。

2010年から結婚相談所を経営。7年で200組以上のカップルを成婚に導いている。一日20件以上の婚活メール相談をこなし、年間100人以上に直接面談にて婚活アドバイス、結婚後アドバイスを行っている。

 会員の9.5割は「共働き希望」の男女であり、共働き世帯の結婚前と後のパートナーシップの構築の方法を熟知している。著書に「となりの婚活女子は今日も迷走中」(かんき出版)、「糟糠の妻はなぜ捨てられるのか」(プレジデント社)があり、いずれも「再現性のある方法が書かれている」と好評を得ている。

 


コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください