都会における町内会・自治体が衰退していく中、防災・防犯面での町のあり方が見直されています。ITやビジネスの考え方を持ち込んで町内会をアップデートしたい。人形町二丁目浪花会のモデルを元に様々な事例を会員同士で持ち寄って研究します。

プロジェクト本文

▼自己紹介

磯部一郎(Isobe Ichiro)

株式会社福水戸家 代表取締役社長、株式会社エグゼクション 代表取締役会長
Evernote公認コンサルタント人形町二丁目浪花会  青年部長

生まれも育ちも東京都中央区日本橋人形町の江戸っ子です。福水戸家は100年続く芸者の置屋でした。

今はWEBメディアやコワーキングスペースを運営するIT系の企業として経営しています。また、システム開発会社も経営しております。4年前からホジキンリンパ腫を患い闘病生活をしています。二児の父です。


▼今までの取り組み

近年、マンションが増え、近隣のコミュニティは過疎化しつつありました。とあることから外部の方からの声を聞き、閉鎖的であり旧態然としている現状に対して問題意識を持つようになりました。


そこで、人形町二丁目浪花会という400人程の町会で約3年に渡りITを使った取り組みを行いました。

アクティブな青年部員はおよそ3倍までになりました。


▼当サロンで実現したいこと

事例を外に公開し、他の地域社会にも役立てたい。様々なケースの情報を当サロンを通じて持ち寄って社会貢献したいと考えております。

町内会や自治体に対して、同様の問題意識を持つ方に是非ご参加いただきたいです。また、事例が当てはまる行政や町に具体的に提案活動を行うなどチャレンジしていきたいと考えております。

▼リターンについて

・LINEグループにご招待します。
・人形町二丁目浪花会の事例を公開します。
・勉強会に参加できます。
・自町会(自治体)の改革に関して相談ができます。
・行政や町への提案活動に参加することができます。(有志・制限あり)

※以下のような参考資料や具体的な進め方などを共有します

コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください