芸術家サンガーノの活動を応援する公式ファンクラブです。サンガーノは「やさしい世界をつくること」をビジョンに絵画をはじめとして様々な芸術活動に取り組んでいます。今年中に200人のサポーターをつくることを目標にしています。

プロジェクト本文

こんにちは、芸術家、画家のサンガーノと申します。

ぼくは2017年10月4日から突然、全くの無学から画家となり芸術活動をはじめました。

そして、絵を始めて8ヶ月で東京 南青山で初個展を開催、そこからそのままの勢いで原宿、高円寺、京都、渋谷と計5度の個展をこの2年間で行なっております。

そして、作品数はこの2年で200作を超えました。



ぼくがどうしてアーティストになったのか?

ぼくは小さい頃からずっと何かを表現する人に憧れていました。

文章で自分を表現する人、歌で自分を表現する人、踊りで自分を表現する人、手段は問いません。

ただただ、自らを表現する人がカッコよく眩しかったのです。

ぼくには2つ年上に兄がいるのですが、兄は幼い頃から漫画家を目指していて兄の作った漫画をよく読んでいました。

そして、「兄ちゃんのような人が表現者として生きていくんだろうな」と尊敬していました。


時が経ってぼくは大人になり、様々な仕事をしてきましたが、心の中のどこかで「表現者になりたい」という気持ちがずっと残っていたのです。

それをぼくはどうしても諦めきれませんでした。

そして、はじめはラッパーでがんばろうとしましたが挫折し、現在画家としての活動を行っています。



アーティストとして活躍したい!自分の生き様でたくさんの人たちを勇気づけたい。

率直な気持ちを伝えさせてください、ぼくはアーティストとして活躍したいんです。

もっと自分の活動を世の中に知ってもらいたいんです。


どうしてアーティストとして活躍したいのか?

それは表現者として生きていくことが最も過酷な道だからです。


一昨年、中学時代の恩師とご飯に行く機会がありました。

その時に「教え子で画家になった人間は初めてだ」と伝えられました。

数多の卒業生を輩出する教師という職業でさえも、画家になる教え子というのはナカナカいない希少な存在なのだということを知りました。


そして、そんな希少な画家という職業ですが、その中で画家として芸術活動一本で生きていけている人はほとんどいない事実を芸大などで講師をしている芸術家の方から教えていただいたのです。

みなさん、芸大、美大などの学校の先生をしたり、自分で教室を開いたりして他のお仕事をしながら活動を続けています。


他ならぬぼく自身も芸術活動一本で生きていけておらず、現在アルバイトをしながら活動しております。

画家の貴重な収入源は、みなさん御察しの通り「作品の売り上げ」ですが、この2年で個展を何度も行なってみて、その収入だけではとても生きてはいけないことを思い知らされました。

そのことに関しては自分のブログにしたためています。

関連記事:作品の売り上げだけで画家として生きていくのは無理ゲーだと思い知らされました。


しかし、そんな過酷なアーティストの道だからこそぼくは挑戦することに価値があるとおもっています。

そして、その挑戦し続ける生き様こそが誰かを勇気付けるのではないかと信じているのです。



高校生に言われた「あなたがアーティストの希望なんです」という言葉

昨年の渋谷個展で絵画の創作活動を行っている高校生の方が訪れてくださいました。

その方がハッキリと言ってくれたんです。


「あなたがアーティストの希望なんです」


多くの優秀な若者が周りの反対や「才能が無い」と誰かに言われたことでドンドンとアーティストの道を諦めていきます。

そんな中、特別な芸術教育を受けたわけでもなく、特に才能に秀でたわけでもない自分のような人間のがんばっている姿が人々の希望になるんだと。

ぼくはそのことを言われた時、「自分のためにも他のアーティストたちのためにも希望になりたい」と強くおもったのです。


ぼくのような人間がアーティストとして生きていけるようになったらたくさんのアーティストの励みにきっとなるとおもうのです。

ぼくがアーティストの未来を照らしてみせます。



現代社会にはアートの力が必要。アートが社会を「柔らかく」する

そして、現代社会においてもアートの力が必要なんです。


2020年は様々な社会問題によって、暗いニュースがずっと続いています。

インターネットでもたくさんの人たちが不安を抱えていたり、怒りを感じていたりと殺伐とした空気が漂っています。


そんな社会を和らげる力が芸術にはあるんです。

ある著名芸術家は言いました。


「世界に必要なのは芸術、政治、経済の三権分立だ」


政治があることで人々の環境が整備されます。

経済があることで人々の生活が整備されます。

そして、芸術によって人々の「心」が整備されるのです。


現在社会の仕組みには、まさに心がまだまだ抜け落ちた状態だと感じています。

芸術がもっと台頭することによって人々の心が回復し「余裕」が生まれて、この社会が「柔らかくなる」のです。



サンガーノのビジョンはやさしい世界をつくること

そんなぼくには、芸術家としてのビジョンがあります。


それがやさしい世界を作ることです。


前述した通り、アートには人の心に余裕を作る力があります。人間を創造的にする力があります。

この力によって人々はどんどんやさしくなれるとおもっています。


やさしさと聞くと「甘さ」と捉える方もいるかもしれないですが、ある起業家が本当のやさしさとは「相手に力を与えること」とおっしゃていてまさにそうだとおもいました。

そして、相手に力を与えれるやさしさの持ち主をアートの力によってどんどん増やせる可能性があるのです。

今の殺伐とした社会が少しでもやさしくなったら、そして、「やさしい世界」が本当に実現したとしたらとても素敵ではありませんか?

ぼくは一ミリでも世界にやさしさが増えるように芸術活動を行っていきたいのです。



絵画以外にたくさんのやりたいことが見つかった!サンガーノが行なっていく4つの芸術活動

ぼくはこの2年間ずっと絵画の創作活動ばかりを行ってきました。

そして、その間ずっと「芸術とは何か?」を自分に問い続けてきたのです。


ある著名芸術家が「ズバリ答えよう。金と名誉を捨てたら人間の『生命』がのこるんだ」と言っていました。

ぼくはその芸術家のことを心から尊敬していますが、この言葉の意味がよくわかりませんでした。

そして、2年間芸術とひたすら向き合ってきてようやく彼の言っていた意味に気づけたんです。


芸術というのは、単に絵を描く、歌を唄う、ダンスを踊る、といったことではない。

お金や名誉を捨てて、自分の生命力だけで作り上げた結晶こそが芸術なのだと。


そう納得できたぼくは、これから絵画以外にも新しい芸術活動を始めようと決めました。

そして、現在、ぼくが行っていく活動が以下の4つです。


・絵画創作活動

ぼく自身、20歳の頃に初めてアートを購入し、アートを本で眺めたり、美術館に行くことも好きでした。

絵画をジッと眺めていると不思議と心にパワーが湧いてくるのです。

それはどんな画家の人たちに対してもそうで、有名だからすごくて無名だからすごくないなんてことは決してありませんでした。

絵画一つ、一つにそのアーティストの命が宿っているのです。

絵画に元気を貰った一人の人間として、ぼくも自身の作品を通して人々に元気を与えていきます。


・執筆作品創作活動

ぼくは画家になる以前は、ブロガーとして活動していました。

その中で多くの読者の方に恵まれ、時には猛烈な感謝の言葉をいただくこともありました。

その時に体験したのです。文章には人を勇気付ける力があるのだと。

そして、2020年からは文章も絵画と同様に「作品」として書いていくことを決めたのです。

ぼくの執筆作品によって、たくさんの人たちの心を動かしていきます。


・寄稿メディア活動

ぼくは常々思っていました。

せっかくのブログをぼくだけで書いていくのはとても勿体無いと。

それで思いついたのです。

自分のブログを他の人たちの文章も執筆していただく寄稿メディアにしようと。

自分のブログではとても書けない本音だったり、「どうしてもこの事は世の中に伝えたい」という想いを持っている人が世の中にはたくさんいるはずです。

その人たちの発表の場として、ぼくのブログを使っていただこうとおもいました。

そして、そのような「本音」の文章は人の心をきっと打ちます。

ぼくのブログを寄稿メディアで多くの人たちの「声」を集め、たくさんの人々に勇気を与えていきます。


・0円レンタル活動

ぼくは自分の活動を通してたくさんの人に喜んでいただきたいんです。

これは昔からなのですが人の力になることにぼく自身、すごく喜びを感じるのです。

それで自分の1日を0円でレンタルできるという活動をはじめました。

関連記事:【レンタル料0円!交通費、必要経費のみ】サンガーノの1日をレンタルできる「万屋サンガーノ」始めます!

様々なご依頼をいただき、現在10件以上のご依頼に応えさせていただきました。

この活動は、人間の倫理に反してなければ依頼内容は問わないという感じで行っております。

この活動を通して多くの依頼に応え、社会にたくさんの喜びを増やしていきます。



ぼくはアートの力を信じています。芸術活動を続け、ビジョン実現のためにたくさんの人たちに活動を応援していただきたいです!

ぼくは芸術を愛し、芸術に身を置く者としてアートの力を信じています。

そして、上記の活動を行っていき「やさしい世界を作る」というビジョンを何としても実現させたいのです。

そのためには思う存分に芸術活動に励むことのできる環境が必要です。

ぼくのアルバイトの時間が減り、もっと芸術活動に打ち込む時間が増えれば、たくさんの人の喜びや勇気、元気を与えれる自信があります。

どうかぼくのビジョン実現のためにたくさんのみなさんからの応援をいただきたいのです。



サンガーノ応援団の7つのリターンについて。


ぼくの活動を支援できるこのファンクラブには以下の7つのリターンを用意しました。

ファンクラブに入会いただくみなさんに少しでも喜んでいただけるようにリターンはこれからも工夫していきたいとおもっております。


1.サンガーノ応援団の秘密のFacebookグループにご招待(毎週土曜日にコラムを更新、オフ会の開催告知や先行、限定情報を投稿します)

2.サンガーノと1対1でオンライン飲み会できる権利

3.サンガーノの執筆作品を無料且つ、先行で読める権利(Facebookグループにて共有します)

4.サンガーノの私物プレゼント企画(不定期、Facebookグループにて企画します)

5.サンガーノのブランド「Anne」の過去の服を再発注できる権利

6.サンガーノのブログにお名前掲載(一度入ってくださった方は永遠に名前が刻まれます)

7.サンガーノの絵画作品を購入した際の送料(2000円程度)を無料提供

※リターンは今後、変更、改善されていく可能性がありますので、その旨をご了承ください


支援額に500円〜5000円と幅はありますが、お名前掲載時の肩書き以外は全て同じリターン内容になっています。

これは一人一人のみなさんにとって金銭的余裕は違いますし、みなさんの可能な金額でご支援を賜りたいということで、リターン毎の優遇を無くさせていただきました。

なので、みなさんの生活に問題がない金額でのご支援をお願いいたします。



2020年の目標人数200人!サンガーノの芸術活動にどうか力を貸してください!

ぼくにとってこのファンクラブが自分の芸術活動を続けていくための大きな基盤となります。

そして、新しいアーティストの生き方を提唱するための鍵になるのです。


なので、目標を決めました、今年中に200人の方にファンクラブのサポーターになっていただく。

これがぼくの目標です。

この文章を読んでくださってるみなさん、どうか「200分の1人」になっていただけないでしょうか。


ぼくは「やさしい世界をつくる」というビジョンに向けてどれだけ時間がかかったとしても愚直にもがいていく所存です。

そして、たくさんのみなさんに喜んでいただける活動をしてまいります。

ぼくのこのビジョンに少しでも共感をいただけたみなさん、ぼくの芸術活動にどうか力を貸してください。

どうぞよろしくお願いいたします。



サンガーノ

コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください