私たち「Fairy Flower」は熊本地震の直後、熊本出身のソプラノ歌手:実紗の呼びかけで結成されたクラシック演奏者によるユニットです。復興支援ソング「いつまでも」を届ける活動をメインに、東京近郊・熊本でのコンサート活動を行っています。

プロジェクト本文

わたしたちは熊本地震の直後、熊本出身のソプラノ歌手:実紗(写真右から2人目)の呼びかけで結成したクラシック演奏者によるユニットです。

ソプラノ(2名)、ヴァイオリン、チェロ、ピアノがメインの5名。メンバーはそれぞれクラシック業界で活躍しています。復興支援ソング「いつまでも」を届ける活動をメインに、東京近郊・熊本でのコンサート活動を行っています。

「いつまでも」は、Fairy Flowerのデビューシングル。熊本から遠く離れた場所で、テレビやネットから流れる地震の惨状を見ながらも、何も力になれないもどかしさや悲しみ。それでも熊本のことを心の底から思っている。そんな気持ちを歌った曲です。

YouTube「いつまでも」サンプル動画

「いつまでも」のCD収益の一部は熊本の芸術関連施設・学校等へ寄付しています。

 

■熊本での支援活動のための交通費■
メンバー全員が東京在住のため、熊本での復興支援コンサートの場合は旅費のほとんどをメンバーでまかなっているのが現状です。クラシックユニットということもあり、チェロ(サポートメンバーに打楽器奏者の場合などもあり)などは楽器の運送料金も負担になっています。※チェロの場合、1席追加して運んでいます。

今回のプロジェクトは、メンバーの交通費の一部をまかなうとことが大きな目的です!


熊本復興支援コンサート(熊本県熊本市)2016年10月

熊本復興支援コンサート in ブルービーフェスタ 
(熊本県阿蘇市)2016年10


熊本復興支援チャリティコンサート(六本木)2017年4月

くまモンファン感謝祭 in 横浜 2017年2月

熊本復興支援チャリティコンサート(東京)2018年8月

童謡の日コンサート(東京)2018年7月 ※片山さん妊娠中です


支援の金額に応じて、メンバーから心を込めてお返しをお送りします。

①支援者メンバーズカード(※支援開始時)

  特典:コンサートチケット割引(提示によって1割引)
     コンサートチラシの郵送(不定期)

②メンバーからのメッセージ入りカード、またはサイン色紙
③FairyFlowerからのバースディソング(CD)

  メンバーが演奏し歌う、あなたにだけのオリジナルCDです
  ※年1回、発送は「支援開始から3ヵ月以降」となります
   支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください
   記入のない場合は、CAMPFIREのユーザー名での録音となります
   ご了承ください

※バースディソングCDについては、楽曲の権利(著作権、原盤権)はアーティストのものとなります。支援金による「一般販売用CD」の製作は行いません。



実紗(ソプラノ)

熊本県出身。洗足学園音楽大学声楽科を首席で卒業及び同大学院修了。二期会オペラストゥーディオ第48期マスタークラス修了。2005年よりドイツに留学。クラシックからポップスまで幅広いジャンルに取り込む新世代のソプラノ。フェアリーフラワーリーダー。






伊藤 美佐子(ソプラノ)

日本大学芸術学部音楽学科声楽コース卒業。二期会オペラ研修所修了。2002年に女性四声によるアカペラグループのメンバーとしてデビュー。ミュージカルソングやポップス等、枠を広げた活動を展開。二期会会員。東京室内歌劇場会員。 

 




赤星 鮎美(バイオリン)

東京音楽大学付属高校、同大学を経て、同大学院研究科修了。現在【高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト】メンバー。後進の指導や、FM湘南ナパサ《赤星鮎美の奏でストーリー》パーソナリティを務めるなど幅広く活動している。 

    



下山田珠実 (チェロ)   

 国立音楽大学器楽科を卒業。同大学オーケストラ嘱託演奏員をつとめる。 フリーのチェロ奏者として室内楽やプロオーケストラ等でのコンサートの他、 TV・ラジオ、アーティストのライヴ、レコーディングなどの演奏活動を行っている。 

 



片山 裕子(ピアノ)

桐朋学園大学を経て研究科を修了後、同大学声楽科の嘱託伴奏員として勤務。その後シュトゥットガルト国立音楽大学にて歌曲伴奏法・解釈について学び帰国。 現在は、主に合唱の伴奏や声楽との共演ピアニストとして活動している。



※コンサートによってはサポートメンバーが参加します。
 サポートメンバーもFairyFlowerの一員です!

コメント

もっと見る

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください