就業後や空き時間を活用しスポーツビジネスへ参画できるサロン。目的は三つ。 ①対スポーツ:外から変え価値を高める②対社会:スポーツビジネスで社会課題を解決する ③対個人:スポーツを通した腕試し・経験創造。勉強会やPJ参画など関わり方は貴方次第。楽しみながらスポーツの価値を外から向上させましょう!

プロジェクト本文

▼スポーツオープンコミュニティ “TEAM”とは?

働きながら、または学業と両立させながらスポーツビジネスに関われる機会
を提供していきます。
スポーツは、社会をもっと幸せで豊かにできる。
そう信じているからこそ、スポーツ業界の様々な課題を解決し価値を磨いていきたい。
スポーツの持つポテンシャルをビジネスとして活用し、
地域や社会の役に立てる存在にしていきたい。
今スポーツ産業に関わっていない多くの方々を巻き込み、
あらゆるスポーツ団体をオープンにし、スポーツビジネスを外から変革
していくことに、みんなでチャレンジしていきたい。
そんな想いでこのサロン(β版)を立ち上げることにしました。

「スポーツ業界を人材輩出業界と呼ばれる存在へ」


▼このコミュニティで目指したいこと
スポーツに関連する課題をオープンにし、
様々なバックブランドを持つメンバーで解決に導いていきたいと考えています。
スポーツビジネスに外から飛び込んだメンバーでスポーツビジネスの価値を磨き、活用すること。
メンバー自身の多様で柔軟な生き方、働き方を支援すること。
そして何よりも、
多様性溢れるメンバーの新しいアイデアを元に、
楽しみながらスポーツビジネスの価値を向上させていくことを大切にし、
サロンを運営していきたいと考えています。

そして、中長期的な目標としては、有償型プロジェクトの組成も目指しています。
サロンメンバーの方にスポーツビジネスによるパラレルワーク、複業の実現に向けてスタッフ一同頑張って参ります。


▼こんな方におすすめ
・働きながらスポーツビジネスに関わりたい
・スポーツチーム経営に興味がある、関わりたい
・スポーツ業界で腕試しをしてみたい
・スポーツの価値を高めたい
・スポーツ業界の課題を解決することに興味がある
・スポーツを活用した地域、社会の課題解決に興味がある
・リアルで実践的なスポーツビジネスを学びたい

▼リターン
・サロン限定Facebookコミュニティへのご招待
・サロン限定情報のご提供
・サロン限定特典(イベント参加、プロジェクト参画等)のご提供

※イベント会場(オフ会等):株式会社アンビションアクト、他
※特典内容により有料の場合あり
※現在掲載中のプロジェクト期間終了以降も、新たなプロジェクト、イベントを
 実施予定。そちらへも継続して参加、参画が可能です。

▼サロン限定特典
各種イベント参加、プロジェクト参画(特典により有料の場合あり)
・サロン限定オフ会(会場:株式会社アンビションアクト、他)
・著名人をゲストに迎えた交流会
・スポーツビジネス勉強会
・スポーツに関する各種プロジェクト
・スポーツチーム経営

▼イベント・プロジェクト開催(予定)
1月:各PJキックオフMTG
   ①スポーツチーム経営参画プロジェクトVol1 “鎌倉インテルFC”
   ②マスターズスイマーの“不”を解決するプロジェクト
    “小坂悠真氏(実業家・元競泳日本代表)”
  :オフ会(新年会)
2月:キャリアデザイン交流会
3月:キャリアデザイン交流会
4月:③スポーツチーム経営参画プロジェクトVol2 "品川CC"
   サッカークラブ(神奈川県社会人リーグ所属)広報スタッフPJ


▼全体スキーム図


▼サロン限定特典③(4月からの新規PJ)
スポーツチーム経営参画プロジェクトVol2   "品川CC"
〜サッカークラブ(神奈川県社会人リーグ所属)広報スタッフPJ〜

<品川CCご紹介>
「品川CCは品川駅港南口エリアを本拠地とした総合スポーツ・文化団体」
品川駅港南口エリア(港区港南)を中心に日本のスポーツ・文化の育成と発展を目的に設立された総合スポーツ・文化団体(Culture Club)。ビジネスの拠点として有名な品川エリアを、スポーツ・文化面でも盛り上げていきたいという想いから、2006年から地域に根ざした活動を行なっています。現在はサッカー、バスケットボール、チアダンスクラブを運営し、アメフトクラブとも地域の仲間として連携して活動。クラブに関わる人々が様々な形でスポーツ・文化活動に楽しんで取り組むことができるよう、日々活動しております。



「品川CCファミリー」
現在はトップ3チーム, ジュニア2チームが活動。今後も拡大を目指す。
各チームがそれぞれの枠にとどまらず連携し、チーム運営や地域活動におけるシナジーを発揮。他種目や文化活動のチーム(サークル)の創設も視野に入れ、スポーツ・文化活動の普及を実現する。

<品川CCが目指すこと>
①発展する街【品川】に貢献する団体となる
1998年の品川インターシティ開業以来、ビジネス街としてもマンションエリアとしてもすさまじい発展を遂げた品川。さらに近年は多くのステイクホルダーが【街の活性化】や【街のブランディング】に取組み更なる盛り上がりを見せている。品川CCも品川の一員としチームの勝利や地域活動、さらにはスポーツの力を活用した様々な取組を展開し品川の発展に寄与していきたい。


②新たな総合スポーツ・文化団体のモデルとなる
これまでにない新しい形の団体としてモデルとなり、日本のスポーツ・文化活動に新しい風を吹き込みたい
。具体的には下記項目をすべて実現している団体となっていきたい。
 ✔仕事とスポーツ、そして地域貢献活動を選手が高いレベルで実現
 ✔多様なスポーツ・文化活動の連携によるシナジーの創出
 ✔特定の企業に頼るのではなく、地域に根付き自立したチーム運営


<品川CC(サッカー)>
10年以上地域で活動しているチーム。Jリーグ参入を目指す。

•チーム名
–品川CC横浜(トップチーム・神奈川県社会人1部リーグ)
–品川CCセカンド(セカンドチーム・神奈川県社会人2部リーグ)
–港南FC
–グラニータ

•活動内容
–神奈川県社会人サッカーリーグへの参戦
–港南FCのコーチング・運営サポート
–その他港南地区を中心とした地域活動

•代表・GM
–代表:宮崎 一栄氏
–GM :吉田 祐介氏

•クラブ沿革
–2001年 サッカー団体 infinity 発足
–2006年 総合型スポーツ・文化団体品川カルチャークラブ発足
    社会人サッカーチーム「クラブ・アトレティコ・横浜」発足
    少年サッカーチーム「港北FC」発足
–2008年 チアダンスチーム「GRANITA」発足
–2011年 社会人サッカーチームを「品川CC横浜」へ改称
–2016年 金沢FCを社会人サッカーチームのセカンドチームとして編入
–2018年 社会人サッカーチームのセカンドチームを「品川CCセカンド」へ改称


<プロジェクトオーナー>

吉田祐介(よしだゆうすけ)氏
1981年4月19日生まれ。神奈川県横浜市出身。
小学校6年時にJリーグが開幕し、サッカーにハマるも靱帯損傷の大怪我を負いサッカーができなくなる。中学校からは横浜マリノスのサポーター活動に没頭し、高校生でマリノスのコールリーダーを務める。
大学は慶応大学に進学し、大学1年時に、品川CC、株式会社イオレ、infinity(日本代表サポーターグループ)を設立。
2005年新卒で株式会社リクルート入社。
2007年に自身の創設したイオレに戻り、2017年にIPOを経験し、現職はは執行役員として営業部に所属。
2019年より株式会社品川カルチャークラブを設立し代表取締役に就任。

サッカー、バスケ、チア、アメフトの4種目を運営する総合スポーツクラブとして、地域に愛される存在を目指し日々活動中。


<募集概要>
クラブの法人化と拡大に伴い、品川CC(サッカー)は以下ポジションを募集します。
同ポジション募集及び一連の活動を弊社(アンビションアクト)スポーツオープンコミュニティのプロジェクトとして協働して参ります。

■プロジェクト募集ポジション
チーム広報スタッフ(複数名募集)


■プロジェクト活動内容
①広報スタッフ業務
SNSの運用、HP管理、地域へのプロモーション、イベント開催等、チームの情報発信とブランディングを体系化していく業務。基本的にはチーム活動に帯同し、情報発信頂きます。

②他プロジェクトとの交流会参加
その他のプロジェクトメンバー、プロジェクトオーナーとの交流会参加


■活動イメージ
現職に差し支えない範囲で週末の試合にも帯同いただく予定です。

<公式戦スケジュール>
社会人リーグ1部:4月〜10月
関東社会人リーグ昇格トーナメント:11月
カップ戦:12月

・平日練習会場:スポル大井町(大井町駅から徒歩5分)
・週末練習/試合会場:谷本公園(市が尾駅から徒歩10分)、港南中学校グランド(品川駅から徒歩12分)※対戦相手により週末試合会場は神奈川県各所で実施。


■活動期間(変更可能性あり)
2019年12月末まで


■募集人数
複数名。応募人数によりクラブスタッフ交えた面接を実施致します。


■身に付くスキル、ご経験
アマチュアスポーツとはいえ、試合現場での選手・サポーター取材、写真撮影、記事作成、各種SNS戦略立案、HP更新などスポーツチームにおける広報業務における一連のご経験を積むことができます。熱意とスキル習得によって、チームブランディングの戦略立案、地域連携など多くのミッションをご提示することも可能です。


■応募条件
<必須>
・本業、学業に支障が無い範囲で活動にコミット頂ける方(学生歓迎)
・株式会社アンビションアクト・スポーツオープンコミュニティへ加入頂ける方

<歓迎>
・SNS運用、HP管理など広報業務に関する何かしらのご経験をお持ちの方


■応募概要
<一次応募締め切り>5月5日(水)※選考は先着順

<応募方法>・応募先:右記メールアドレス宛 ambition@ambition-act.com

・件名:「品川CC(サッカー)広報への応募」と必ず明記お願いします。
・応募フォーム:下記①~⑤を記載しメールにてご連絡ください
①お名前 ②現所属(会社名)③連絡先(メールアドレス、携帯番号)④応募理由(100字以内) 
⑤活かせるご経験、スキル(未経験の場合は記入不要)


■お問い合わせ先
株式会社アンビションアクト(大上、佐藤)
ambition@ambition-act.com
品川CCへの直接のご連絡はご遠慮ください。


■選考プロセスとスケジュール
<一次応募締め切り>
5月5日(水):募集~面接、プロジェクト説明 ※選考は先着順
<ミッションスタート>
5月初旬:ミッションスタート


■スポーツオープンコミュニティ加入はこちらから
本サイト「パトロンになる」からお手続きお願いします。

※現在オンラインサロンへ加入されていない方は、PJ開始前に加入頂くことが条件となります。





▼サロン限定特典①

スポーツチーム経営参画プロジェクトVol1     鎌倉インテルFC”

<クラブ概要>
2018年1月鎌倉にて創設。日本で唯一「インターナショナル」をコンセプトの中心に据え、サッカークラブをベースにして鎌倉に国際的な付加価値を創出することをビジョンに掲げて活動中。2018年8月には設立8ヵ月、神奈川県県3部(J9相当)にも関わらずシンガポール・マレーシアにて海外遠征を実施。


<プロジェクトオーナープロフィール>
・吉田健次氏(鎌倉インテルFC GM)
1983年福岡市生まれ。2006年横浜国立大学卒業。株式会社ワークスアプリケーションズへ入社し、導入・保守コンサル、新規事業開発を担当。カンボジアのプロサッカークラブ、カンボジアンタイガー(現アンコールタイガー)にて、営業・広報・試合運営、臨時クラブオーナー、GMなど、幅広いミッションを務め、33歳で帰国。その後、3度目の挑戦で念願叶い地元アビスパ福岡に転職し、企画課課長として、マーケティング・試合運営などを担当。現在は鎌倉市を拠点とする鎌倉インターナショナルFCの創設に携わり、ゼネラルマネージャーとしてクラブのマネジメントを行なっている。


吉田氏からのメッセージ>
   日本から世界に誇ることのできるサッカークラブを1から一緒に創りませんか?
鎌倉インテルFCではサッカークラブをベースとして、古都鎌倉に国際的な付加価値を創出することをコンセプトとして活動しています。
私たちはこの活動が、サッカークラブが社会に対して、これまでにない規模の大きな価値をもたらすということを信じています。
本サロンメンバーの方にはこのビジョン実現に向けて一緒に考え、行動してくれることを期待しています!



<プロジェクトテーマ>
「ビジョン実現に向けた売上基盤を創る。」
Jリーグに参画し、古都鎌倉に、今までの常識をくつがえす、まったく新しい国際型サッカークラブをつくる為のスタートアッププロジェクト。まずはファーストステップである売上基盤を創造することをテーマとします。


<プロジェクトゴール>
下記を中心に想定。
サロンメンバーの方々にはより詳細のクラブ情報、課題をご提示致します。
A:鎌倉インテルFCをハブにした人材(学生・社会人)の海外研修事業拡大
B:鎌倉インテルFCが手がけるブランディンググッズの企画と製作〜販売
C:地域に根ざしたスタートアップサッカークラブだからこそできる
  事業開発及び新規サービス立ち上げ


<プロジェクト期間>
2019年1月〜2019年3月末(途中見直しあり)


<プロジェクト説明会>
スポーツオープンコミュニティ “TEAM”及び鎌倉インテルFCプロジェクトの説明会を2018年3回実施済み。(参加費無料)


<プロジェクト活動拠点(予定)>
・NEKTON OFUNA(大船)
JR大船駅(東口)から徒歩5分
湘南モノレール大船駅から徒歩3分
http://www.nespa-ad.co.jp/nekton/


・株式会社アンビションアクト(渋谷)
JR渋谷駅玉川改札より徒歩7分
http://www.ambition-act.com/access/


<プロジェクト概要>
平日終業後、週末を活用しプロジェクトに関わって頂きます。隔週でオンライン、オフラインMTGを実施しながら、プロジェクトゴール達成に向けた活動を実施。
※あくまでも(株)アンビションアクトが運営するCAMPFIREファンクラブです。
鎌倉インテルFCのファンクラブではないのでご注意ください。


▼サロン限定特典②
マスターズスイマーの“不”を解決するプロジェクト
小坂悠真氏(実業家・元競泳日本代表)”


<プロジェクトオーナープロフィール>
・小坂悠真氏(実業家・元競泳日本代表)
元競泳日本代表/ 法政大学キャリアデザイン学部卒 ・ワールドカップ日本代表/ 100m 平泳ぎ2位 ・200m個人メドレー2011年度日本ランキング1位2012年に引退後、システム開発会社の株式会社ルピナスに参画。同社取締役を兼任しつつ、同年10月リクルートより分社独立した株式会社ネクスウェイに入社。営業経験を経て、社内新規事業コンテストを通過し、事業立上げ・事業譲渡を経験。 現在は、スポーツメディア運営や、スポーツコミュニティ運営、スポーツ事業立上げなどを行っている。 また、世界経済フォーラムによって任命される33歳以下のコミュニティ「Global Shapers Community」等の活動も行っている。


<小坂氏からのメッセージ>
はっきり言って、今までのやり方では、スポーツ事業は儲かりません。 だからこそ、こういったコミュニティを活用することで、新たな価値の発揮方法を見つけたいと思っています。 このプロジェクトに参画している方々はそれぞれの分野で活躍している方なので、多くの知見が集まった場になっています。 僕自身も学ばせて頂きますし、皆さんと一緒にプロジェクトを進めることで、新たなスポーツの価値を作り出せればと思っています。
 僕のプロジェクトでは、マスターズスイマーの“不”を解決していこうと思っています。 その方法は、ウェアラブル端末でも、SNSでも何でも構わないと思っています。 経歴は関係ありません。スポーツやっていなくても大丈夫です。必要なのは熱い心。 一緒にスポーツ界の新しい未来を切り拓いてく、仲間を募集しています。

<プロジェクトテーマ>
マスターズスイマーの“不”を解決する為のプロジェクト。
マスターズズイマーの方々の楽しみは何か?
何があればもっと楽しくなるのか?
そもそもそこに不があるのか?
不のリサーチから解決手段を考えていくことをテーマとします。


<プロジェクトゴール>
不の明確化及びその解決手段の企画立案、サービス化


<プロジェクト期間>
2019年1月〜2019年3月末まで(途中見直しあり)


<プロジェクト概要>
サロン限定コミュニティにて、現時点でのプロジェクトロードマップや企画書などをご覧いただきながら、興味を持っていただける方々と共に進めていければと思います。議論はオンラインを中心に、適宜オフラインも交えながら進めていきます。詳細は追って告知いたします。

▼入会方法
当ページの「パトロンになる」ボタンから入会することができます。
  なお月の途中で入会した場合でも1ヶ月分の料金が発生します。
  (当月分は日割り計算になりません)
・入会申請後、3営業日以内にCAMPFIREのメッセージでFacebookグループへの
  参加手順をご連絡します。3営業日たっても連絡がない場合はお手数ですが
  CAMPFIREのメッセージ機能にてお問い合わせください。
・途中で退会した場合も返金はありません、ご了承ください。

▼決済方法
・CAMPFIREファンクラブのご支援に使用可能なクレジットカードは下記のみです。
 VISA/MasterCard/JCB/Diners Club/American Express
  また、残り有効期限が100日以上のクレジットカードに限らせていただきます。
  ※コンビニ払い・銀行振込(Pay-easy払い)には対応しておりません。
・領収書の発行は行っておりませんのでご了承ください。

▼注意事項
・本サロンはFacebookの非公開グループにて活動を行っております。参加にあたり、Facebookアカウントが必要になります。

・Facebookアカウントが実名ではない、プロフィール写真がない、友達がいないなど、
 アカウントがアクティブではないと判断した場合、入会をお断りする場合があります。
 またその際に返金等はございませんのでご了承ください

・本サロン内の情報については許可がある場合を除き外部への公開は禁止致します。

・他の利用者の方への誹謗中傷、荒らし行為などに該当する行為があった場合、その他
 サロン運営の妨げになると判断した場合、強制退会とさせていただく場合があります。

・その他規約はCAMPFIRE利用規約に準じます。
  https://camp-fire.jp/pages/term


▼運営責任者
株式会社アンビションアクト
執行役員 山内貴雄


▼運営会社
株式会社アンビションアクト
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-16-8 ビジネスヴィップ渋谷道玄坂坂本ビル11F
取締役社長 山本恭平


コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください