マンガはロマンで出来ている。あなたが熱狂し、ときめき、泣いた一冊は、どこかの誰かが描いている…。若林杏樹(あんじゅ先生)が運営する漫画のためのマンガ家サロン。「マンガ家になりたい!」「マンガが好きだ!」「マンガを手伝ってみたい!」「マンガで食って行きたい!」必要なのは紙とペン、そして熱く燃える魂だ!

プロジェクト本文

▼「あんじゅ先生マンガ家サロン(略称:あんマンサロン)」とは?

あんマンサロンは、マンガ家と読者とお金をつなぐ場所です。
マンガ家やマンガ家志望の方はとにかく描く環境に身を置けて、マンガ好きな方は私たちに欠かせない「読者」として、原稿が出来上がる過程や描き手の苦悩、ひらめきやアイディアなどを直に見ることができます。


サロン運営は主にDiscordを使用し、ペンネーム(匿名)でサロンメンバーとコミュニケーションを取りながら、自分の能力を試せる場を提供します。
また、未経験の方でも私のアシスタントとして原稿を手伝って頂くことが可能です。他の方には見えないオンライン上のクラウドで原稿データを共有しますので、いつでもどこでもマンガ作りに携われます。

 
▼<リターン>5つのプロジェクトと内容

 

①マンガ業務をサロンが請け負う
ウェブメディアなど外部からの漫画やイラスト案件をサロンメンバーでこなしていきます。
自分の絵や漫画で稼ぐ事が目標です。(監修で私が必ず確認します)

 

②あんじゅ先生のアシスタント(未経験可)
連載ものやお仕事の原稿の一部を、アシスタントとして手伝っていただきます。未経験可、まずは描いてみる。ベタ・トーンや背景、描かない方でも文字入れで参加する事もできます。

 

③賞金アリ!のあんじゅカップ開催(サロン内で2ヶ月に1度行われるマンガ投稿バトル)
サロン内で2ヶ月に1度行われるマンガ投稿バトルです。優勝者には賞金あり。
審査員はゲスト講師・サロンメンバーで行います。

 

④過去作品などのネーム(ラフ画)や原稿データなどの公開
マンガ制作の過程(プロット→ネーム→下書き→ペン入れ→トーン・仕上げ)を公開できる範囲でお見せ致します。


⑤オフラインでのイベント開催
メンバー限定の定例会を予定しております。
マンガ家と読者が交わる場にしたいです。

※定例会は基本的に都内を予定しておりますが、今後地方でやることも検討しています
(ご参加頂けない方には、ライブ動画を配信したり、動画のアーカイブを公開するのでいつでも閲覧することが可能です。)

 

▼こんな人にオススメ

・マンガ家として活躍したい
・マンガを描いてみたいが、すべてを1から作る時間や技術がない
・実際にマンガを描いているが、イマイチ反応が少ない
・マンガ家のネームが見たい
・売れっ子マンガ家のリアルな内情が見たい

・とにかくマンガが好きだ!!

絵の上達を目指すサロンではありません。

 

マンガ家として活躍したい人、歓迎します!

 

特にマンガ家に限らず、クリエイターとして一番辛いのが「作品を観てもらえないこと」です。例え渾身の作品が出来上がったとしても、誰からの反応ももらえなければ、モチベーションが続くはずがありません。いつか必ず挫折してしまうでしょう。

ですがあんマンサロンなら、メンバーの誰かが必ず観てくれ、感想やフィードバックなどをもらうことが出来ます。
あなたが一生懸命描いたマンガに反応がないことは、もう二度とありません。

ここが、オンラインサロンの最大のメリットです。
同じ熱い志を持った方々と繋がり、お互いに切磋琢磨しあい、より良いマンガを作り出す。
あんマンサロンは、各々の理想の実現をお手伝いする…そんな場所にしたいと思っています。


 
▼マンガは仲間と作った方がおもしろい

完全に未経験からスタートした私は、絵は趣味で描いていました。どの出版社にも属さず、ずっとひとりでマンガを描き続けてきました。
しかし、作品をSNSやブログで発信していたところ、フリーランスのマンガ家として成り立つくらい執筆の依頼がきて、ついには本の出版までこぎ着けました。

 

そんな怒涛の1年半を過ごし、強く思ったことがあります。
それは、「複数の人で才能を出し合いながら作った方が、面白いマンガができる」ということです。

マンガを描くために絵は必要不可欠ですが、その他にもアイディア・構成・セリフ・キャラクター…考えなくてはいけないものが数多くあります。
読み続けてもらうには、絵の上手さより内容にある、私はそう考えています。


それともう1つ、「仲間」は「ライバル」でもあります。
主人公が成長していくために、ライバルの存在は必要不可欠です。ともに切磋琢磨できる方に来て頂けると嬉しいです。
マンガは仲間(ライバル)と作った方が、その過程も作品自体も面白くなるんです。

 
 
▼私の第1読者になってほしい

そしてマンガ家にとって、なくてはならないものがもう1つあります。
それは、「楽しみに待っててくれる読者の方」です。

第一線で活躍するマンガ家にとっても、これからコマを割ろうとしているひよっこマンガ家にとっても、
実際に読んでもらえる読者は本当にありがたい存在です。
私にとって一番辛いことは、生み出した作品を「誰にも読まれない」ことです。

ぜひ漫画好きの方は、私やサロンメンバーのマンガ家を見守る【第1読者】になって欲しい。
できれば感想、そしてアドバイス。のちに編集者さんのような役割になって、ヒット作を共に作って欲しいと思っています。

 

 

 

 

▼ゲスト講師

活動歴の浅い私ですが、出版社や企業との仕事もこなすお二人をゲスト講師としてお迎えしてます。


イラストレーター/漫画家 高田ゲンキ先生


ベルリン在住のイラストレーター/漫画家。1976年生、神奈川出身。
2004年にフリーランスとして活動開始。以来、フルデジタルの制作環境を活かして場所や業界慣習に囚われない自由なワークスタイルを確立。2012年に夫婦でドイツ移住。仕事術、ライフハック術、人生論などをブログやSNSでも発信中。一児の父。

著書『【マンガ】フリーランスで行こう! 会社に頼らない、新しい「働き方」』

Twitter→@Genki119

lnstagram→@genkitakata
 
ブログ→Genki Wi-Fi

 


皆様のご参加を心よりお待ちしております。

▼あんじゅ先生(若林杏樹)とは

 

昭和63年生まれ、漫画家(フリーランス)。
元大学職員で入試広報を担当。5年間勤め脱サラし、コネなし実績なしからSNSを通じて仕事を得ている。漫画家として活動し始め、1年半で共著での書籍出版。自称「天才美少女漫画家」。趣味は麻雀。
担当書籍は、『学校は行かなくてもいい』著者小幡和樹 健康ジャーナル社 / 『ネットが面白くてナニが悪い!!』(kindle)著者永江一石 プチ・レトル など。

著書 『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが、税金で損しない方法をおしえてください!』サンクチュアリ出版 共著大河内 薫税理士

blog→anman 徒然なるあんじゅ先生による漫画日記

Twitter→@wakanjyu321

 

 


▼入会方法

・各CAMPFIREファンクラブページの「パトロンになる」ボタンから入会することができます。なお、月の途中で入会した場合でも1ヶ月分の料金が発生します。(当月分は日割り計算になりません)。
・CAMPFIREファンクラブのご支援に使用可能なクレジットカードは下記のみです。また、残り有効期限100日以上のクレジットカードに限らせていただきます。
※コンビニ払い・銀行振込(Pay-easy払い)には対応しておりません。

▼注意事項

・領収書の発行には対応できません。あらかじめご了承ください
・本ファンクラブ内の情報や、オーナーが発信する内容について、外部へ漏洩することを禁止致します。(口外、SNSなど。許可がある場合を除く)
・「オンラインサロン全体への周知」が必要だと感じない投稿はサロンオーナーや運営メンバーの判断で削除します。
・他の利用者への誹謗中傷、荒らし行為などに該当する行為があった場合、強制退会とさせていただく場合があります。 
一度、強制退会処置になった方はFacebookの会員限定ページにはアクセスできません。
また、今後もリターンを受け付けることができません。
・その他規約はCAMPFIRE利用規約に準じます。
https://camp-fire.jp/pages/term

コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください