お花の価値とは何か、、純粋に気持ちを届けたい、贈りたい。お花を楽しみたい。フラワーアートをもっと身近に感じて欲しい。敷居の高さを感じる人にも寄り添ったカタチで提供したい。プロとしてお花やお客様と向き合い、お客様がお花の価値を決め、その対価を気持ちで払う。そんな花屋があっても良いのではないでしょうか。

プロジェクト本文

 

花に魅せられ独立し、1年が経ちます。

魅力を伝えたい。

届けたい。広めたい。

その想いで

様々な表現にチャレンジ出来た事、喜んでもらえたり、感動してもらえるのが凄く嬉しかった。

お花って綺麗だし可愛い、カッコいいし気持ち悪い。いい香りだったり、凄く異臭がしたり。

生き物なんです。

世の中に凄い数のお花屋さんがあって、凄い数のお花が生産、流通され、売られていきます。

ただ、その分凄い数の花が捨てられています。

捨てるくらいなら、花が好きな人や普段お花を買わない人達に観てもらいたい、楽しんでもらいたい。

私の店では、ドライフラワーの製作はもちろん、仕事で使って引き取った花を店前に無料で出しています。アレンジで使った花達なので、凄く短かったりしますが、枯れかかってる花も含めて、葉っぱ一つ残らず無くなっていました。

きっとお花を純粋に楽しんでもらえてるんだと感じ、凄く嬉しかったです。

なんで花屋を始めたのか、原点に戻れた気がします。

そこで、店舗1周年の恩返しとして投げ銭スタイルでの営業をしました。タダでも良いという意味を含ませて。タダがお客様の負担にならぬよう、お気持ちというカタチ(投げ銭)で対価を頂戴させて頂きました。

花の為にも、人の為にも自分らしいスタイルの良い活動が出来たんじゃないかと思いました。

お花を通じて想い出やコミュニケーションを通貨にする花屋を出来れば私の理想です。

▼パトロンへのリターンについて

毎月パトロンが受け取るリターンについて説明文を書きましょう。

当店オリジナルの造形的な生花やドライフラワーのアレンジやブーケをお贈りいたします。

ルックブック(作品集)が出来次第、お贈りいたします。

個展開催時など展示会へ招待いたします。

▼自己紹介

花しか出来ない不器用な人間ですが、どうぞよろしくお願い致します。

安井竜樹(やすいりゅうき)

東京都出身

arbluem店主

店舗 東京都渋谷区恵比寿2-10-5ST恵比寿1F 

アレンジメントのインストラクター植物造形の展示活動を経て花屋に修行、後に独立しました。

PV、ライブ映像、HP、などの演出や装飾。

イベント、店舗、サロン、舞台、ショーなどの装飾

インスタグラム→個人  @ryuki_arbluem

                        店舗  @arbluem_ebisu

http://arbluem.com

受賞歴

東京都美術館、公募ZEN展  最優秀賞

フロールエバー プリザーブドコンテスト入選

flower art award 2017  9位

flower art award 2018 準グランプリ

 

 

 

 

コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください