2021/03/07 10:13

こんにちは。

本日は、カカオ豆の成分を図に表してみました。


この図をみると、脂肪分が多いことがわかります。


カカオ豆の脂肪分を構成している主な脂肪酸は

「ステアリン酸」「オレイン酸」「パルミチン酸」の3種類です。

この中でもステアリン酸が一番多いのですが、ステアリン酸は体内に吸収されにくいといった性質があります。なので、体脂肪として蓄えられにくいと言われています。


3つの脂肪酸は                                      パルミチン酸とステアリン酸→「飽和脂肪酸」                        オレイン酸→「不飽和脂肪酸」    

という種類に分けられます。飽和脂肪酸は安定しているので、酸化されにくいという性質ももっており、チョコレートは長期保存することができるのです。




このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント