2021/08/21 14:13

こんにちは、深作浩一郎です。

直近4ヶ月のとあるアフィリエイト(紹介報酬)案件の話。

言い方がアレだけど、ここ5-6年なにもしていない不労所得のひとつです。


なにもしない、とはいえ

本当はなにかしてるんでしょ?と疑う気持ちはわかります。

ほとんどのアフィリエイトの大先生たちはそれをしてますものね。


ですが、めんどくさがりな私は

そもそもアフィリエイトなんて小さなビジネスだけではなく

もっと大きく社会的にも意義のある楽しい事業展開を毎日楽しんでいるので

そんなことやってる時間ないです。


ゆえに

よくあるサイトメンテナンスをする、とか

記事を1記事だけ追加する、とか

200文字くらいタイピングしてどこかに投稿する、とか

SNSアカウントをつかってごくまれにつぶやくとか

そういう「作業」がほんとにゼロです。


証明できないのが悔しいですが

そもそも今回お見せするアフィリエイト案件は、ドメイン代もサーバー代もかかってないです。


というか以下証明画像。

計算くらい自分でしてね。

これはとある案件の一例です。


こういう証明用の実績画像を堂々と出せるくらい

私は、生涯収入でもアフィリエイト収入が多めの金額だと思います。


昔はアフィリエイトをやる90%の人が月5000円を超えない、というデータもあり

最近はその率も下がっているとは耳にしますが

弊社もほとんど私=弊社もアフィリエイトをしていません。


もし月100万円くらいでトップアフィリエイターを名乗っていいいなら

多分、その立ち位置には現在進行系でいると思います。

ただアフィリエイト事業、というよりも、弊社の場合は「広告代理事業」として展開している側面もある関係で

今更、アフィリエイト実績や、アフィリエイト成果の証明画像を

積極的に出していこうとも思わない方針でいます。



なぜ、アフィリエイトの過去実績があるにも関わらず

誰もが喉から欲しがる収入実績や

収入証明画像を出さない方針をとっているかといえば

理由が2つあります。


1つは

今日時点ではすでにアフィリエイトビジネスはやめていること。

(お金しか稼げないので飽きた)。


アフィリエイト自身は、商材をもっていない人にとっては

無在庫で紹介報酬を得られるいいサービスだと思います。


しかし、私ふくむ弊社は現在自社で自社商材を開発し

アフィリエイターおよび代理店様に販売していただく

開発側の立場でもあるので

アフィリエイト、という狭い世界を飛び越えてる側面が強いです。



2つめの理由。これが一番なのですが

私は、2014年頃から、アフィリエイトをはじめとした

実績がではじめたころに

私のアフィリエイト収入+実績証明の写真や画像が

会ったこともない詐欺師っぽい奴らのLPや自己紹介文に

よくパクられたり転載された過去があり

嫌気がさしています。


自分語りになりますが

この転載被害は今もジャンルを変えてあります。


それこそ私は生意気にも著書にて

おすすめの飲食店を紹介するような仕事もしているのですが

「予約のとれない高級飲食店の料理の写真」も

盗まれたことがあります。

というか現在進行系で弁護士案件として水面下で動いてます

深作浩一郎のグルメ評判レビュー記事およびインタビュー記事はブログにアップしてます。そろそろ更新またがんばります数百件アップできていません。



アフィリエイトビジネスの実績画像を

知らん奴に転載された被害は

2014年〜2016年くらいに多くありました。


なので、今も

アフィリエイトだけではなく実績や、証明画像を

見せるの抵抗あります。


証明するのめんどくせー、発言と生活水準みて感じてくれ、とすら思うことあります。

お金で買えないものとか、稼いだお金をどう使っているのか、を見てもらうのが

ベストだと判断して活動しているつもりです。



もちろん、マーケティング的には

お客様の声とかと一緒に

アフィリエイトに限らず、収入や、実績画像とかは

ばんばん掲載するべきなんですよ。


でも、何度かあったのは

私の実績画像を無断転載して

よくわからない

モテなさそうな香ばしいダサいにーちゃんが

サイズの合ってないスーツ姿で、ブサイクな顔をさらして、えらそーに腕組して

「ぼくがあなたを稼がせます」系の

お前になに教わるんだよwっていうような

詐欺商材系LPに

「この画像、俺が先月ブログに出したやつじゃん」ってのが

勝手に掲載されてたことあるんです。


その時くらいからですかね。(´ω`)

当時のネット業界、まじで気持ち悪いな、って思いました。


この手の実績画像には透かしをいれるようにしたり

そもそも、稼いだ金額とか実績は語れば語るだけ

「俺も、そういう気持ち悪い連中と同じように見られるのかな(´ω`)」

と思うことも増え、語らなくなりました。


自分はそっち側ではないと信じ込みたいけど

もしかすると周りからそう思われるのかも、と感じる

自己嫌悪。


そして襲いかかる同族嫌悪。


それらがあったから

私は見せ方をかえる、というか

実績だけではない部分で

信頼されるような実績をつくろうとして

当時の私がやりたいことを突き進むことにしました。


そもそもいくら稼いでるのか、とかよりも

「その人がどういう生き方をするのか」を見せるほうが

かっこいいな、と思い始めた頃ですね。


まだ札幌にも拠点がなかったですが

東京の家賃数十万円の家をほったらかしにして

重症花粉症の私は

東京が花粉でしんどくなる3月一ヶ月間ずっと

シンガポールと沖縄でホテル暮らししたり

1ヶ月生活したりはじめたのも

その頃、2017年ころだったと記憶してます。


そんな昔話はさておき

ヘッダーにも掲載したとあるアフィリエイト案件の直近の実績と収入画像。


このアフィリエイト案件は

翌々月払い(2ヶ月後)に振り込まれるとあるドル払いのアフィリエイト案件です。


実は0円の月もありますが

それでも安定してこんな成果になってますし

もう数年ずっと放置していてこの収益なら

アラブの石油王以外は喜びますよね?

そもそも俺、アフィリエイターではないしw

アフィリエイターでないけど、いわゆるトップアフィリエイターというのはおこがましいけどそれに近い位置にいるので、各種商材の情報や最新マーケティング手法も本物のトップアフィリエイターはじめウェブマーケティングのマジな専門家が、友人レベルでタダでおいせてくれる立場にいるのでありがたいものです。


この収益を出すのに、今はマジでなにもしてません。

税理士への月次決算のときの売上報告にも

当然入力しています。


ちなみにドル建て分の売上集計は

月末時レート換算で日本円金額を算出し

提出しています。

そうしてくれ、と顧問税理士に言われて

弊社はずっとそれやってます。


例:7月に100ドルの売上がある場合

7月31日の終値で日本円換算をして日本円の売上額を算出


ドル建てビジネスをしたい方のはご参考までに。



この稼ぎ方を知りたい場合は

こちら

URL



って誘導が、いわゆるノウハウ販売や

コンテンツ販売の基本スタイル。


ただこれだけだと、私レベルの実績でも

「怪しくない?」「キモくない?」って思われるのでw

実績に自信がなかったり

そもそも社会的に知られてない人は


・じゃあどうやって興味をもたせる?

・そもそもどうやって販売する?


ってのが学ぶべき販促テクニックであり

マーケティング。


そのために必要なのは

スキルであり

ときにはビジュアルも。


そしてオンラインであろうが

オフラインであろうが

人柄であり

信頼であり

熱量をはじめとする

アリストテレス提唱の弁論術であり


それらをwebに落とし込んだノウハウは

弊社が200万円以上で企業向けに販売する研修の

ハイエンドパートナー研修で

学べる内容だったりします。

東京五輪後の不景気を見越してビジネス・起業・独立を真剣に考えるメンバーのために最新のビジネス研修ページを用意しています


そして残酷な現実としては

上記のようにまぎれもなくでている

私の成果も

成果がでているからといって

そのノウハウを公開する義務もなければ

義理もない、というもの。


だからこそ優れたコンテンツや

優れた知識を持っている場合


「教えてほしければお金で解決しようね」

というスタイルをとるべき。


そして、教えるつもりないなら

教えずに独占してもいいわけです。



誰もがコンテンツ販売できる時代だから

玉石混交の世界になりつつあるけど、


自分に自信がある場合には

売らない、という選択肢もいれておくのが

新時代のコンテンツ販売者の心構えかなと思います。



ちなみに2017年以降

私は売るつもりでコンテンツを作らずに

人生の形跡をまとめているイメージで

コンテンツつくっています。


なので売り込み感覚がないからか

多くの、しかも潜在的優秀層が多く集まるのかも、しれません。


たまに、未入金だったり利用規約守らなかったり

なめた態度とる人は、弊社の敏腕顧問弁護士から

色々ある奴もいるみたいですがw


いずれにせよ、実力や知識経験が本物であればあるほど

めちゃくちゃ立場が強いはずなんですよってこと、

新しい時代のコンテンツ販売者さんは覚えておいてください。


深作浩一郎


このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント