2020/07/16 22:51


みなさんこんにちは☀︎

みなとシティバレエ団の岩城由奈です!


7月もあっという間に半分が過ぎてしまいましたね、、

梅雨に負けずに残り半分乗り切っていきましょう!


さて、前回は初留学、初海外で沢山の冒険をしたということを書かせていただきました。

今回は留学中に突然また1人旅をしないといけなくなったことを続編として、お話ししたいと思います。


海外に滞在するには現地でビザの更新が必要で、更新が必要な時期になったら学校の事務の方が連れて行ってくれます。

私も更新が必要になり行き、いつものように書類にサインして普通に何事もなく終わったと思っていました。ですが、数日後に副校長先生に呼び出され、

「あなたのビザが更新出来なかったから1週間後に日本に帰って日本で新しいビザを発行してきて。」と突然言われ、その時はもう何がなんだか分からず頭が真っ白になりました。

学校の授業も受けたいし、もう1度更新するところに連れて行って欲しいともお願いしましたが、「不可能」としか言われず、その日のうちに飛行機のチケット買って、言われた1週間後には1人で、約1ヶ月間嫌々日本に帰国しました。


(嫌々と言っても春に帰国したのが数年ぶりだったので温暖な気候で桜が見れたことは少し嬉しかったです。笑)



そして突然チケットを手配したので帰り道はいつもどおりのルートでしたが戻りは13時間ウラジオストクでトランジット、モスクワとノボシビルスクでも

数時間待ってペルミに到着というルートのチケットしかなく、仕方なくそれで戻りました、、

1人で初めて通る空港だったので心配もありましたが、初期の時よりその時の方がロシア語が分かっていたので1人でもそこまで困らなく、「まだ8時間もある...暇過ぎる...」と思えるほど余裕があったので少しだけ成長が感じれた瞬間でした♪


人生何が起こるのか本当に分からないけどそういう困難に当たって成し遂げた時の達成感を通し、私は留学中にバレエを学べたことはもちろん、バレエ留学ではなかなか経験できないいろんなハプニングを乗り越えることも自分の力になったと思ってい

ます。



このような体験ができた大冒険はバレエだけでなく、生きていく上できっとどこかでまた役に立つと思っているのでなんだかんだ今では大切な思い出です。


またまた長くなってしまいましたが私の大冒険のお話は完結です٩( ᐛ )و





岩城由奈のTwitter / Instagram


このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント