2020/05/27 18:31


みなさんこんにちは!

みなとシティバレエ団のkanamiです。


いつも、沢山の応援やお励ましのメッセージ

ありがとうございます!!


今の状況だからこそ、応援してくださる皆様の存在が

ダンサーにとっては本当に励みになります。


さて、今日のお題は

「自己紹介&バレエをはじめたきっかけ」です!


まず、自己紹介から

私は、埼玉県出身の26歳です。


兄弟は、お兄ちゃんが1人います。


昔は殴り合いの喧嘩してましたが

(5歳違うけど闘う気持ちは負けません) 

今では一番の理解者であり、何でも話せる存在。



自己紹介ってあと何語ったらいいんだ、、?笑

趣味も特にないんですよね...。 


あ、好きな食べ物は納豆です!

……….

次のお題いきます。(自己紹介短すぎw)



「バレエを始めたきっかけ」

3歳からバレエを始めました。

きっかけは、気がついたら始めてました。笑 


お母さんが、バレエが大好きで

習わせてくれたのがきっかけかな??


最初は、地元の先生が怖すぎて

毎回レッスンのたび裸足のままスタジオから

飛び出して、レッスンから逃げ出してました。www

(その私が、今ではそのスタジオの教えをさせて頂く事になるとは..人生何が起こるかわからない!)


先生には、「前代未聞です!」とお叱りを受ける様。


だけど、年長さんで発表会を一度体験してから

一気にバレエの虜に。


小学校4年生くらいからは

毎日のようにバレエ漬けの日々が始まりました。

  

小学校5年生の時に、牧阿佐美バレヱ団の

「くるみ割り人形」の女の子役

6年生の時に、新国立劇場バレエ団の

「眠れる森の美女」に子役出演しました。



↑デニスマトヴィエンコさん

(ザハロワ様の写真だけ何故か見つからず、、)


この頃、世界的バレエダンサーのザハロワ様を

身近に見させていただく機会があり

「私もこんなダンサーになりたい..」という想いが

どんどん大きくなっていました。



その後橘バレエ学校に入学、卒業。

何度も悔し涙、嬉し涙を流した10年間。

私の青春時代は全てここでした。



卒業公演では、シルフィードを踊らせて頂きました。

大好きな仲間たちとの舞台、最高に幸せでした!



そして、昨年みなとシティバレエ団を

Twitterで見つけて、その日に団長にメッセージ。

ちょうど昨年の6月に入団させていただきました!


「世界の果てまで芸術を届ける」

この言葉を聞いた時に、「ここでやりたい」と

一瞬で思ったことを今でも覚えています。



ベトナムツアー前の7月には

パリ・オペラ座バレエ学校に短期留学し

大好きなオペラ座のバレエを

間近で勉強できる幸せな時間を頂きました。



苦しい時、辛い時、

いつも私を助けてくれたのは「バレエ」でした。


この自粛期間中も、

「人生でこんなに落ち込んだことある?」という程

落ち込んで、悲しい出来事がありました。


だけど、そんな時でも

ネットで見つけた全幕バレエを観ていると

不思議と気持ちが前向きになって

心が救われていく感覚がありました。


コロナ渦の中、医療現場の最前線で働かれている

方々をみて、「芸術は人を救えるのだろうか?」と

何度も自問自答したこともありましたが


この芸術を通して、沢山の方々を救いたい!

国境を越えて、苦しんでいる人たちの笑顔を

作れるようなダンサーになりたい。


それが、私の今の一番の目標です!!


(↑ベトナムツアーの継母役)


アフターコロナの時代は

今よりもずっと大変な世の中になると思いますが

だからこそ、芸術が人の心を癒すことができるように

これからも日々精進してゆきたいです。


長々とすみません、、

最後までお読みいただきありがとうございました!!


❤︎❤︎❤︎


みなとシティバレエ団、支援者コミュニティ

応援よろしくお願いします!



見澤奏海のTwitter / Instagram

見澤奏海を支援する


このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント