2020/01/30 12:58

今回は、いきなり古代に胸を躍らせますが
皆さんは、ご存知でしたか?

日本には古史古伝といわれる
古事記・日本書紀以前の古文書が
数多くあります

でも、ほとんど知られてません
その理由をおわかりでしょうか?

日本では古事記以前の古史を調べるのが
暗黙の了解でタブー視されてます
理由は、日本の歴史は天皇家の歴史で
それが古事記から始まっているためと
いわれてます

ですから、学界とか著名な歴史学者たちは
数多い古史古伝をすべて偽書(嘘の話)だと
レッテルを貼り付け相手にしません

ところが、ここ数年で日本から
古史古伝に現れる古代の遺跡が
つぎつぎと発見され、それにともない
偽書とレッテルが貼られた古史古伝の研究が
なんと海外で始まり・・・
・世界最古の文明は日本に生まれた!
・世界の文字の原点は日本のカタカムナ(神代文字)
だと発表されたり、世界最古の文明は
謎に包まれたシュメールが定説に近かったのに
なんと日本だと言われ始めてます

もちろん、日本ではタブー視されてきた
領域なので郷土史研究的なアマチュア研究者
しかいませんが、海外では考古学の専門家
たちが集まり研修を始めてます

たとえば飛鳥時代ですが
聖徳太子の研究など、たぶんアメリカが
最先端を走ってるかも知れません

日本で考古学といえば
考古学者がコツコツと研究するイメージですが
海外ではすでに、そんな時代遅れを通り過ぎて
今日では各分野の科学者が集まる総合プロジェクト
で研究されてます

最近では考古学プロジェクトに
天文学者が参加し、人工衛星から遺跡を眺めることで
新発見もしてますし、古代の文字はどれも暗号みたい
なもので暗号解読といえば数学者です

つまり正史といわれる学界のお墨付きなんて
まさに政治的判断だし、政治的見解そのもの
なので嘘の塊です

その嘘が政権の推移により
どんどんと変わっていく
そんな正史の嘘を暴こうというのが
当オンラインサロンです

歴史ドラマから卒業したい人々
歴史解説本に飽きた人々の参加をお待ちしてます

このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント