2019/06/07 17:36

ヘアサロンのサブスクにはヘアサロンの可能性を広げてくれると信じています.
ヘアケアに下記のような心理的効果があるのであれば、ご利用いただく方に見た目の美しさだけでなく心の癒しとして前向きになっていただけるよう満足度を高められる努力をしていきたい.


◇ 切っても切り離せない、髪の状態と女性の気分の関係性。きれいな髪で「ポジティブなサイクル」を作る

 

髪と女性の心理との関係性は、2つのポイントが影響していると考えられます。ひとつは「自己意識」、もうひとつは「ハロー効果」です。

 

まず、自己意識には、社会、他者などまわりから見られる自分に対する意識である「公的自己意識」と、自分の感情や考え方など、自分自身に対する意識である「私的自己意識」の2種類があります。これらのバランスが保たれることがポイントで、「髪がきれい」と言われて公的自己意識が充足されても、自分で「今日の髪はだめだ」と思ってしまうと偏りがあるので、どうしても気分は下がってしまうでしょう。

2つ目の「ハロー効果」は、自分の心理として、1つの良い点、あるいは欠点によって関係ないものまで評価が歪められてしまうこと。「デートだけど髪がきまらないから、うまくいかなさそう」と、ネガティブになってしまうのはその一例です。ただ、逆のパターンで、「髪がきれいだからこの服も似合うはず」と自信がつくポジティブな側面もあります。

 

「髪がきれいだから普段できないこともやってみよう」と、髪の状態が良いことで気分が明るくなる、ポジティブな変化が訪れるのは、自分が自信を持てる髪の状態であることで、私的自己意識が充足し、まわりの人から褒められると公的自己意識、承認欲求も満たされ、さらには明るい気持ちでより良い自分を目指すための行動を続けるという、ポジティブなサイクルが出来上がるからだと言えます。

▽塚越 友子 心理カウンセラー/東京中央カウンセリング 代表  著書

このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント