2020/07/05 23:50

運営ブログを改善しています。よりアイデアに特化したり、アイデアが集まっているように(見せる)だけでも違いますから。意図は明確でよりアイデアに困ったらちょっと相談してみるか、といえるところに持っていくためですね。

さて、そんな流れでアイデアネタを最近アップしました。積読解消サービスというアイデアです。

積読解消支援サービスアイデア

これ自体をサービス化することは難しくないですが、ニーズやそもそもターゲットが課題としてどこまで痛みがあるかですよね。僕も同じ課題や悩みでもあるのですが、そこまで深刻に捉えているわけではないんです。

ただ、人によっては積読が増え続けて、本が消化=読書、できてないのはきついだろうなというところですよね。というか僕もそうなので。

積読数の分キャパシティがあるということがいえるかもしれないです。例えば50冊積読よりも、200冊積読の人はより読んでいるということです。もっともただ積読数を示しても駄目なので、読破数やペースなどによりけりですよね。例えば1万冊読んでる人は50冊は「なんとも」でしょうが、100冊読んだ人で「50冊」はちょっと重たいというかかなり重たいですよね。

時間管理もあるし、色々な課題もあるのですが、一方でこういう欲しいから買ったのに目的を未達成という商品ってなかなかおもしろいですよね。掃除道具買ったけど掃除できてない、材料買ったのに調理できてない、収納ボックス買ったけど収納できてないとかはありますけど、本は本に触れるのでなく、手にとって本を読むという行為がいるので、忍耐っぽいんですよね、きっと。

そこが特殊かもしれませんが、面白そうなので考えてみたというところです。こうやってアイデアを提示しつつ、やりたい人がいれば巻き込んで、とくになければ自分のアウトプットとして活かしていく、僕も実現していくために何かやるという意思表明ということですね、やり方をやっていこうと思います。

興味があるアイデアがあればぜひやってみたらい、このコミュニティに参加してトライしてみてください。応援しますよ!

このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント