2020/05/31 21:05

前に提案の仕方がこうだと書きました。ブログにも最近まとめたというか、書いたのですけど、そのあたりの内容は変わりません。興味があれば見てみてください。

提案で仕事を作る

ドヤってるわけでもなく、いやあこんなのしかやり方ないですよね、くらいの感じです。逆にこれで通らないなら何が通るんだ?という感じです。投げやりでもなく、誠意を込めてる感じっていえばいいでしょうか。

最近ある提案が通りました。通りました=仕事になった=お金になったということですが、これはテクニックとかでもなんでもなくて、相手が何を望んているかを考えること。

そして考えた先で何ができそうかを文字通り提案すること。未知要素があればそれも書いたほうがいいでしょう。書き方もありますが「これは正直出来ないので困る」というのも素直に書いています。例えば「SEO対策と言われてもプロではない。とはいえこういうことはやってるし、やれてるからそこそこ外してはない」ということは当然言ってますよ。SEO対策は単なる例えですので。

例えば、「アイデアとして求められるのはAでしょうか。でもAはまあそもそもきついです。考え方として、Bがあります。ただおっしゃるとおりでBはなかなか違うってことですよね。であればCです。Cは面白いですが、そこまでやれるかは実験的です。そこで実験的でもいいならぜひに。でないなら他のプロにご依頼されたほうがいいでしょう」

みたいなことを書いてます。これ見てどう思いますか?あなたが発注者なら?

そうです。こいつは使えんやつだと思いましたか?そうなら依頼しないのでそこで終わりです。ご縁がなかっただけですよね。

「なんかこっちの意図を汲み取ってくれるかもな。少なくとも誠実そうな人だ。悪い人ではないかな」と思いますか?メッセージを送りますかね?送りましょう(笑)

って感じで後者の人と仕事をしている感じです。前者はないです。

最近はばばっと出してみて、当然出し惜しみはなしです、そこで続きややり取りや、僕に興味やその考え方が面白いと思われれば続きをってことです。当然これは続き=有償ですから、仕事になります。

このあたりの提案の話ってなかなか見たことがないです。秘密ではないものの、晒すことで不利益になるのかもですが、そもそもこれって「テンプレート」ではないですから、コピペでは無理です。本当にあなたが考えて、顧客の事を考えて、どういうことができるかを考えて、相手に対して適切なメッセージを考えて、それを送ることが求められるからですね。

つまり考えてやらないなら無価値ですし、価値になりえません。考えられる人はこういうことをやっているってことかなと。これもドヤでなく、これくらいしか僕はやり方が出来ないというところでした。

とはいえ、自画自賛で恐縮ですが、提案の内容を忘れていて続きをといわれて自分の「提案を読み返した」のですが、「実に理路整然としていて、これはこっちのことをよく考えてくれる方」だなという印象を持ちました。自分の提案なのですいません(笑)でも、これをみて何も反応しないなら、それまでというご縁だねと割り切れるくらいはやるってことです。

あ、もちろん、提案を誰でもいいからするのでなくちゃんと見極めてやると。それはある程度しないと疲れるので、そこの匙加減はありますよね。

アイデア出しの場ではあまりふさわしくないネタかもですが、どう仕事を取るか、とくに提案はかなり面白いところですから、もっと聞きたい人が多いかもしれないですね。

このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント