2020/04/20 23:56

コツとは、スイートスポットのように力を入れなくて強いショットが打てる(テニスみたいな)意味合いです。

自身のアイデアに固執するのは、違う角度から見えない状況を証明しているともいえます。例えば「私のアイデアは良い。あなたはこれを買うべきだ」というそこまで激しいものは「レア」ですが、あったりします。

あなたが著名で(私でもいいのですが)ものすごく影響力があって、人が動く、お金が動くみたいな立場ならそれでいいかもしれません。そうであってもなのですが「アイデア」を判断するのはわりと運というか、まあなかなか難しいと考えています。

実現するコツとしては、私でいえば、もはや無意識レベルで興味があるような、空気または呼吸のように考えるようなこと、でないと「楽しくもないし、面白くもない」のでおすすめできないです。

これは「好きなこと」でやるということになるのですが、この言葉は非常に危険なのであまり「好きなことでアイデアを実現しよう」的なことは言いません。仮に言っても誤解がない場面や状況に限ってしか使わないです。

正確にいえば、「好きなこと」であるのですが、「無意識」で「気づいたらやって」いることで「しかもずっとやっている」(期間が長い)くらいでないと、自分がやれないんですね。意志の問題というか、それくらい人は飽きっぽいからです。うまくいかないと普通は諦めますから、そうでも諦めない、失敗しても次といえるくらいはないと「まず」無理です。

ここまで考えると身の丈、自分の尺度にあったものが「アイデアを実現出来るコツ」といってもいいはずです。

そんなコツを壁打ちはするので、一緒に考えてみませんか?

このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント