2018/05/08 00:56

今日情報発信ビジネスと
コンテンツ販売ビジネスの
究極形を見ました。

今回話す内容は、
情報発信でビジネスをやる人が
目指し続けていくものです。

今回話すことができれば
あなたはずっと
稼ぎ続けることができるし
お金を払ってくる人が自動で集まってきます。

なので、今回の話は
ただ聞くだけでなく、

自分のビジネスに
どうやったら生かせるかを
考えながら聞いてください。

それではいきます。

それは、今日の10時30分からの
大学の講義で起こりました。

僕の後ろに座ってた学生が
こんなことを言っていました。

「ゴールデンウィーク中ずっとこれにハマってたんだよね」

と言って、友達に
プリントアウトした紙を見せていました。

その紙は
「ナンパのノウハウ」
のマニュアルでした。

僕は
「講義室でよくこんな話ができるなあ~」
と思っていました。

ちなみに、その講義室には
200人ぐらいの学生はいたと思います。

ナンパノウハウのマニュアルを
見せていた学生は

ゴールデンウィーク中に
ナンパの情報発信をしてる人の
メルマガを読んでいたようです。

おそらく、
友達に見せていたマニュアルは
メルマガ登録したときにもらえる
プレゼントだと思います。

メルマガに登録したときに
もらえるプレゼントを
友達に見せて紹介していたのです。

「これめっちゃ面白いよ」
「40ページもあるし」
「これでナンパしてみようかな」

と言ってました。

普通こんなふうに
友達に紹介したりとか
プリントアウトして
見せたりしないですよね。

普通だったら、
プレゼントは一人の時に見るし
できれば友達とかには
知られたくないですよね。

僕自身、ネットビジネスの
特典動画とかテキストを
友達に見せることなんてなかなかできません。

ましてや、
「これめっちゃいいから読んでみなよ」
とおススメする事なんてできません。

あなたも僕と同じだと思います。

「これでめちゃくちゃ稼げました」
「最新のコピーライティングノウハウ」
「ゼロから月収30万円になるためのセミナー動画」

みたいな特典プレゼントは
自分一人の時に見ますよね。

友達とか家族がいるときに
見たりしないですよね。

普通はそうです。

でも、今日の講義で起こったのは
普通じゃ「ない」ことです。

しかもナンパのマニュアルですよ。

ナンパのマニュアルを
もらったことなんて
できれば他人に
知られたくないですよね。

見られたら恥ずかしいですよね。

「えー!お前こんなのに興味あるの?」
「そんなに女に飢えてんのかよwww」
「よくそんなの受け取れるね」

って言われるのが怖くて
友達に見せたりできないですよね。

でも、僕の後ろの席に
座っていた学生は

友達に紹介して、
「これめっちゃ面白いよ」
とおススメしていました。

それはなぜか?
ということをちょっと考えてみてください。

普通なら友達に見せたりしません。

普通なら見られたくないものです。

普通なら知られたくない事実です。

でも、友達に見せおススメしました。

その理由を考えてみてください。

 
 
 

僕なりの答えを話すと、
まず単純に、そのナンパノウハウが
読み物として面白かったという事です。

きっと読んでいてワクワクして
自分の妄想を膨らますことができる内容だったのだと思います。

ワクワクして
毎晩ベッドの中で何度も読み返すぐらい
没頭してしまう内容だったのだと思います。

朝起きて、
スマホをチェックするよりも
ナンパマニュアルのほうが面白い
と感じさせられるぐらいの内容だったと思います。

つまらないものは
わざわざ他人におススメしたりはしません。

読み物として面白いから
友達にも紹介したのだと思います。

プリントアウトして
持ち歩いたりしません。

そして、ノウハウに
リアリティがあったのだと思います。

ただナンパが上手くいく方法を
話されただけじゃ

「え~、でも自分には無理だよ」
「それって本当のことなの?」
「作り話なんじゃないの?」

と思われてしまいます。

でも、
「実際にやってみよう」
と言わせたのは

そのマニュアルに
リアリティを感じられたからだと思います。

リアリティっていうのは
「実際に自分でもできそう」
と思わせることです。

きっとマニュアルには

具体的なシチュエーションだったり
詳しい会話の内容だったり、
実体験に基づくストーリーが
書かれていたのだと思います。

あなたも、
「これなら自分にもできそう」
と思ったことは
ちょっとやってみようかなと思いますよね。

読んでも面白いし
実際に自分でもできそうだ
と思わせる内容だったから

プリントアウトもしたし
友達にも紹介したし、
実際にやってみようと発言したのです。

僕は

「ああ、これぐらいのコンテンツ内容じゃなきゃダメだな」

「目指すのはこういうレベルの情報だな」

「これこそが情報発信者が目指すべきところだな」

と感じました。

受け取った人が
思わずプリントアウトして
持ち歩いちゃうぐらいのコンテンツ。

受け取った人が
ワクワクして毎晩ベッドの中で
徹夜して読んでしまうぐらいのコンテンツ。

受け取った人が
友達に紹介して
「お前も読んでみろよ」
とおススメしちゃうぐらいのコンテンツ。

これを僕たちは目指すべきだなと思います。

これができれば
お客さんがお客さんを
集めてくれるようになります。

なぜなら、
お客さんが自分の知り合いに
「これすごく面白いよ」
と言って勝手に広めてくれるからです。

お客さんがあなたの知らない間に
増え続けるサイクルが出来上がるのです。

たった一つのテキストだけでいいのです。

たった一つ、
読者を感動させて、ワクワクさせる
そういうコンテンツがあればいいのです。

毎晩読み続けさせ、
ボロボロになるまで読ませ続ける
そういうコンテンツがあればいいのです。

だから、一つの特典や
ブログ記事、Facebookの投稿、
メルマガの記事に
手を抜いてはいけないのです。

95%以上の人は
無料のものだと思ってナメるのです。

だからショボい記事しか書けないのです。

だから人が集まってこないのです。

「ああ、こいつの実力はこの程度ね」
「有料の商品を買う価値はないな」
「この人の話は聞く必要はない」

と思われるのです。

あなたも
お客さんがお客さんを
連れてくるサイクルを作りたいのなら

一つの記事、投稿、文章に
手を抜いてはいけません。

一事が万事です。

無料で出す記事や投稿の
価値が高いと感じてもらえれば
そのあとの有料の商品は
自然に売れていきます。

そして、
せっかく記事を書いたり投稿をするなら

プリントアウトさせ、
友達に紹介させ、
自分でもやってみよう
と言わせるぐらいのものを発信していきましょう。

 

コメントはこちらからどうぞ

→ https://www.facebook.com/naoki.suda.9440/

このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント