2021/06/22 17:16

うがみんしょうらん!

はなはなの会事務局のムラカミです!


先日6月19日にオンライン交流会を行いました!

今回は奄美大島瀬戸内町にある『奄美はなはなエール』代表社員でもあり、瀬戸内町議会議員でもある泰山祐一さんからお話を伺いました\(^o^)/


瀬戸内町は養殖業が盛んで、クロマグロ養殖日本一!他にも瀬戸内パッションや黒糖、きび酢なども生産しております。

しかし瀬戸内町には酒蔵がないため、地酒がありません。

泰山さんは瀬戸内町にも綺麗な景色がたくさんあるので瀬戸内町のお酒を飲みながら楽しんで欲しいと考えたようです。

まさに【slow life  slow beer】ですね!


奄美の素材を活かしたビールで島起こし!という気持ちも込め、約一年かけて奄美大島のクラフトビール【AMAMIGARDEN】を発売!

そして昨年、ジャパングレートビアアワーズ2020ではなんと銀賞、銅賞を受賞

次回シマに行く際はキンキンに冷えたAMAMIGARDENで乾杯したいと思います!!!

もちろんお取り寄せもできるので気になる方は奄美はなはなエールのHPをご覧ください

https://amami-hanahana.co.jp/



そして奄美はなはなエールの代表も務めながら瀬戸内町議会議員にもなられた泰山さん。

議員になるまでの経緯やご自身の葛藤などもお話しして頂けました。


泰山さんが住んでいる瀬戸内町は64地区中29地区が限界集落になります。

今後のことを考えると様々な変化が必要だと感じ、自分に何ができるかと考えた時に

・自分ができること

・自分たちができること

・政治ができること

に分かれることに気付きました。

そこから地方自治に関心が向きましたが、泰山さん含め周りの方々も選挙に関してはド素人。。

不安や様々な葛藤があったようですが、何をするにも皆初めはド素人だ!と意気込み立候補し、昨年見事当選致しました!


高齢者が多い中で

【弱者への強制 から 弱者との共生】

に変えていくための一歩を自分が踏み出すことで見えるもの、出来ることが変わると仰っていました。

民間でできること、政治でできることは大きく違ってくると思いますが、

『やりたいことをやれるシマを目指してみたい』

と仰っていた泰山さんは最年少議員として今後大きな変化を瀬戸内町にもたらしてくれると強く感じました

ありがとうございました!


オンライン交流会は定期的に行いますので、まだ参加されたことがない方も是非次回はご参加くださいね!

はなはな〜


このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント