2019/06/06 18:51

生活のありとあらゆる困りごとを「食」の部分から支えようという取り組みを実施中。

宅配弁当だけでは、サポートに限界があるため、今回栄養指導の観点から「総合型_短期集中型_C型」をスタート。

デイサービスみやこやに来てもらい、一緒に栄養に関するお勉強や調理実習を行います。

介護予防では「栄養」「認知」「体操」「口腔」に関する機能訓練が大切だといわれていて、今まではこの全てを行ないながら、総合的に機能訓練をするといった「短期集中型」だったのですが、今年度はこの4つをバラバラにしてそれぞれに特化した機能訓練を行うことができるようになりました。

みやこやは「食」がウリなので、「栄養」の部分から、この短期集中プログラムを行います。

先日のネット記事でも出ていましたが、この総合型はまだ全国各地やれる事業者が少なく、全体の約3割しか導入が進んでいないそうです。

これから訪れる「2025年問題」に向けて更に地域包括ケアシステムが加速していくかと思いますが、この総合型事業を各自治体でいかに進めれるかが今後の課題。

因みに宮崎県は和光市の自立型地域ケア会議が導入されているため、県内の各自治体はケア会議導入を行っています。

全国でも色々と賛否両論あるようですが、早い段階で総合型事業を組み立てることができれば、様々な課題はある程度解消されるのではないかと思っているところ。

こちらの進捗は、オンラインサロン「ワタシマチメソッド」にて公開中です。

このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント