2019/02/28 20:23

きょうも高校生たちは学年末テストへ向けての勉強をしていました。

ひとりは英語の「仮定法」のところをやっていました。

仮定法はちょっと難しいですね。現在のことと反することを過去形で書き、過去のことと反することを過去完了形(大過去)で書くのです。

またwishという動詞は「実現性の薄い望み」を表しますのでそのあとのthat節は仮定法になります。

ひとりは数学の因数定理のところをやっていました。あまりの処理が面白いですね。因数分解も使います。中3から数Ⅰにかけてやってきたことが結実してきた感じです。

あとは円の方程式。これはそれほど難しくないですね。

公式を覚えておいたら大体できる感じです。

このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント