2019/05/30 22:04

感謝経済について、IDEAS FOR GOODさんに「感謝経済の先にある「醸す」経済とは?」というインタビューしていただきました。

IDEAS FOR GOODとは、社会を「もっと」よくするアイデアを集めたウェブメディアです。世界中のソーシャルグッドなアイデアや取り組みについて取材されており、その中で感謝経済を取り上げていただけたことがとても光栄なことだと思っております。

 記事の中では、感謝経済の思想の根幹部分について説明しています。

感謝を定量化しないことや微生物の発酵を見習った醸す経済、現在開発中のmusubiなど感謝経済のことを総まとめにしたような記事なので、文字量も多いですが、大変読み応えのある記事にしていただきました。
 

 

感謝経済は、中庸的な経済だなと改めてインタビューを受けて感じました。行き過ぎた市場経済(金融資本主義)と行き過ぎた贈与経済(ヒッピー)の両方の要素を交えながら、中庸に至るそんな経済でありたいと思います。
  
改めてですが、僕らは数値化を絶対視しません。感謝というのは、主観的な感情であり、その感謝を数値化(トークン化)した瞬間に感謝の価値が客体化され、「徳」ではなく、「得」に変化してしまいます。
それを防ぎ、本来の意味での「ありがとう」として循環するために、サンクスレターという方法で数字ではなく言葉として感謝を循環させています。


▶︎感謝経済の先にある「醸す」経済とは?
https://ideasforgood.jp/2019/04/09/thanks-economy-chiba-keisuke/



このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント