2021/09/10 20:10
わたしたちは、ここにいます。
#同意のない性交を性犯罪に を後押しする議員を応援しよう!

刑法性犯罪改正にご関心をおもちいただきありがとうございます。
この度は、刑法性犯罪改正のために、みなさまの力を貸していただきたいことがあります。

来たる選挙を前に、各国会議員・政党が「公約」(=マニュフェスト)をまとめています。
この時期に、現在の性暴力被害の現状、性暴力被害当事者の置かれている状況を地元の議員へ伝え、選挙で#同意のない性交を性犯罪に 、刑法性犯罪改正を後押しする議員、政党を増やしていきたいのです。
そこで、Fax・手紙を使った、議員、政党へ刑法性犯罪改正を求める声を届けるアクションをお願いします!

匿名で、かんたん、短時間、アクション!
ロビイングをしていて気がついたことは、
実は、国会議員のみなさんは、あなたのお住いの地元議員のみなさんは、「性暴力被害当事者にあったことがありません。はじめて話を聞きました。」という方が少なくないということです。
残念なことですが、多くの議員にとっては、性暴力被害の問題、刑法性犯罪改正は切迫した問題と捉えられていないようです。
そのため、Fax・手紙・メールで、「性暴力性暴力被害の現状」、「性暴力被害当事者の置かれている状況」を伝えることは重要なことです。

▶性暴力被害当の現状を変えたい!刑法性犯罪改正をさせたい!みなさま、是非ご参加ください!!
有権者の場合は、地元(選挙区)議員にアプローチが効果的です。匿名でOKです。

▶方法:Fax・手紙・メール

▶時期:9月11日から

▶みんなで共有しよう!
Fax・手紙を送付前にSNSで「#同意のない性交を性犯罪に」「#同意のない性交を性犯罪にを後押しする議員を応援します」をつけて共有してください!
または、以下の画像リンク先のフォームから写真をアップロードしていただければ、刑法改正市民プロジェクトのSNSで共有します。
さらに、送信先を決めることができない、でも、議員への声はとどけたい!という方のために届けたい声をご記入いただける欄を設けました。
こちらから共有してください。(Gmailアカウントが必要です。)

実際に、FAX・手紙を作成してみましょう。
ステップ1>誰宛に送るか、決めましょう!地元(選挙区)議員の調べ方は?
方法A:候補者を探してみよう
1.地域・選挙区別
2.政党から探す
※この「候補者を探す」リンクから、手順詳細をご確認ください。
※選挙ドットコム 第49回衆議院議員選挙 のページから候補者を確認できます。

方法B:各候補者のFAX番号などを探してみよう
1.現職議員の場合
2.新人の予定候補者の場合
※この「各候補者のFAX番号などの探してみよう 」リンクから、手順詳細をご確認ください。
※選挙ドットコム 第49回衆議院議員選挙 のページから候補者を確認できます。

ステップ2>文面を考えて、Fax・手紙を作成します。
方法①Fax送信用の文面を作成する。
Fax送信用のフォーマットを作成しました。ダウンロードしてお使いください。
●Fax送信用のフォーマット

方法②手紙用の文面を作成する
文面案は以下のリンク先をご参照ください。
●手紙用のフォーマット

方法③メールを作成する。
文面案は以下のリンク先をご参照ください。
●メール用のフォーマット

ステップ3>よろしければ、送る前に、作ったFax・手紙を共有してください!
以下のフォームから、作ったFax・手紙をアップロードしてください。
議員・政党への声、みんなで共有しよう!(Gmailアカウントが必要です)

ステップ4>
・Fax送信(近所のコンビニのコピー機などで)
・手紙を封書に入れ宛名を書いてポストへ
・メールを送信へ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなたの性犯罪への対策や、刑法性犯罪改正に対するおもいを伝えてください!
すでに記載したように、残念なことですが、与野党含めて性暴力被害当事者と話した議員は少なく、さらに性暴力に理解がある議員はまだまだ少ないのが現状です。それは、私たちのロビイングが足りないことでもあるので申し訳なく思います。
ただ、ロビイング=国会議員への面談を通じて、被害当事者や性暴力の実態を知る人が「声」を届けることで、変化の兆しを感じてきました。
そこで、みなさまの「声」の力が必要なのです。

お願いします。思い出しましょうこの社会を作るのは、「わたしたち」です。
「わたしたち」は「主権者」です。
「わたしたち」の意見を付託する「議員」を選ぶのは、「主権者」である「わたしたち」です。

「議員」は、どのような内容の法律を作るか決めていく、もしくは大きな影響を与えることができます。その「議員」を選んでいるのは、主権者である「わたしたち」です。

『たったの「一票」で、何が変わるの?なにも、変わらないよ。』
いいえ、そんなことはありません。

ともに、思い出しましょう。
4年前、2017年に6月に、110年ぶりに刑法性犯罪改正が実現したときから、・・・。
少しずつ、この世界は変わり続けている。

わたしたちの声を議員へ伝えなければいけません。
わたしたちは、ここにいるのです。

この刑法性犯罪改正を、被害当事者が救われるよう「不同意」を犯罪が成立するための要件に盛りこまれるようにするには、この秋までが山場です。衆議院選挙にむけて、#同意のない性交を性犯罪にを後押しする議員を増やし、応援しましょう!

このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント