個の時代のためのサロンです。クリエイターとマーケターの二足のワラジを履くことで、たった五年でファッション業界で無二のポジションを獲得したナカヤマン。が、自らのノウハウを共有します。ビジネスマンも、クリエイターも未だ手に入れていない、インプットとアウトプットの永久循環を体験するオンラインサロンです。

プロジェクト本文

※ご紹介の方は、入会時の備考欄に紹介者のお名前をご記入ください。


SNSが当たり前になり、全員が発信者になりました。皆が自分のコミュニティを作れる時代とも言えます。しかし、知りたいことを端的に知る、人と上手く繋がる、ましてや自分のコミュニティを持つことは、未だ簡単ではありません。

”自分のコミュニティ”と呼べるものを作る”何か”が自分にあるのか?そこで立ち止まってしまう人も多いと思います。
 

この「SALON no SALON(以下S.n.S)」は、SNSマーケティングの第一人者であるナカヤマン。が提供する、それを解決するための「皆が自分を実験する場所」です。
▼対象:何者かになりたい方
例えばこんな方だと考えています。
・自分の得意分野を持ちたい
・どんな話題でも対応できるキャパが欲しい
・少人数でもいいから自分のコミュニティを持ちたい
▼SALON no SALONについて
サロン「S.n.S」の企画は「日本の成功者ってなんでダサいんだろうね?カッコよくしたいね?」というナカヤマン。の一言から始まりました。

彼は「何者かになりたい」と思いながらキャリアを積み上げてきた人です。周りとの違いは「何者か」の問いの答えを、収入や、会社の規模や、社会的地位に求めなかったところかもしれません。

そんな彼は今や、ルイ・ヴィトンやグッチなど、世界中の有名ブランドからデジタルプロモーションやSNS戦略の相談を受けるようになりました。広告代理店やエージェントを使わず、クライアントから直接連絡を受け、彼が"彼の言葉"で様々な解を提供します。ナカヤマン。の価値は”彼の言葉”です。

では彼は「何者か」の答えを何に求めたのでしょうか。インタビューや自身のSNSの投稿で「自らの知的好奇心を満たすこと」に行き着いたと話しています。初めの好奇心を満たすことでアウトプットが生まれ、その過程で更なる好奇心をくすぐるインプットがやってくる、という永久循環。

独立して14年、それを繰り返してきた彼だからこそ、その多方面の趣味と大量の知識を背景に海外のブランドと対等にコミュニケーションできているのでしょう。2017年にアメリカで二回目の起業をした彼は、まさに「何者か」になって世界に立っています。


サロン「S.n.S」は、オーナーであるナカヤマン。の多岐に渡る知的好奇心を個々の”分科会”として設定しています。サロンメンバーはどの分科会にも、幾つでも登録できます。

ナカヤマン。の本業である”デジタルマーケティング分科会”や”SNS戦略分科会”などビジネス系分科会、彼のソフトバンクアカデミアの同窓生による”プレゼンテーション分科会”など基礎スキル系分科会、”アート分科会”や”最澄・空海分科会”など趣味系分科会などを立ち上げ時から運用しています。

分科会はサロンオーナーのナカヤマン。はもちろんですが、様々な専門家が分科会オーナーを担当しています。もちろん、あなたの分科会を開設することも可能です。

オーディエンスから始めるもよし、分科会番頭になるのもよし、分科会オーナーになるもよし、それ以外の役割を企画することもOKです。ちなみに、サロン「S.n.S」の立ち上げはサロンオーナーのナカヤマン。だけではなく”サロン番頭”と呼ばれる複数のメンバーで企画されています。あなたが希望すればサロン番頭になることも可能です。

 

▼番頭メンバーにとっての 「SALON no SALON」

番頭"YUZO"レビュー

 

ナカヤマン。の講演会に参加した時、ジャンルは違えど、こんな風に僕も「何者か」になりたいと感じた。 そんなナカヤマン。でさえ、初めは無名の人間であったそう。

「独立したのは30歳の時。実は独立して半年は全く仕事が無くて苦労しました。三日に一回は、お金がなくてコンビニのおにぎりの棚の前で立ちすくんでいました(笑)」引用:http://www.alpscd.co.jp/column/leader/nkymn/

誰だって挑戦する時は0からスタート。このサロンで触れるものを通して、自身がサロンプロデューサーになるための力をつけ、かっこいい自分の理想像に少しでも近づいていければと思っています。一緒に楽しみながらサロンを盛り上げていきましょう。

番頭"はらだ"レビュー

 

新しい自分が創れたら、”かなりカッコいい”と思う。

ソフトバンクアカデミアで出会ったサロンオーナーのナカヤマン。は、結論が同じでも、見えている景色が違うのか、真理だと思われることをストレートにズバッと言っていた。 でも、行動を共にする機会が増えるにつれて、私にもいくつかの無かった視野が得られたのは事実です。

きっかけはどうであれ、新しい人やコトに触れ、新しい自分の興味を育成し、カッコいい自分を創っていくことをこのサロンで皆さんと実践できたら嬉しいです。

番頭"いがらし" レビュー

 
「子どもの頃、みんな一度はかっこいいヒーローに憧れる。一度しかない人生、みんながヒーローを目指した方がいい」。「SALON no SALON(S.n.S)」の企画を聞き、以前にナカヤマン。が話していたのを思い出した。

「オンラインサロン」を、もっと本質的に、もっと広く誰でも使える様にしよう。「S.n.S」のチャレンジから、たくさんのヒーロー/ヒロインが生まれること、そしてそのコミュニティから、世の中に新たな価値が生まれることを期待する。番頭であるぼく自身も、このサロンできっかけを手に入れたいと思う。

番頭"Tiger" レビュー

 
表舞台を生きてきて、出産を機に作り手に回りました。ナカヤマン。とは出る側の時に出逢い、彼以上に面白い人間を見た事がなく、このサロンに参加する事に迷いはなかったです。 サロンの会合には常に娘も同伴しています。
私自身だけではなく、面白い大人と触れ合い、親子共にの面白い未来を見れる。挑戦できる場所に出逢えて、1人の人間そして親として、楽しみが溢れてる。それがここだなと感じました。

番頭"尼"レビュー

 

『自ら機会を作り出し、機会によって自らを変えよ。』リクルート創業者・江副浩正が、組織の成長エンジンとして組織の核に埋め込んだ思想です。自分で考え、自分で決め、自ら行動を起こし、その結果を自分が受けとめる。

痛い失敗も、ささやかな成功も、自分が当事者になった時、違う景色が見えると思います。
機会と可能性は、幸いなことに探さずとも山ほどあります。

それをどう活かすか。このコミュニティの一人になる事を通じて、それを見出したいと思います!是非一緒に楽しみながら探しましょう!

番頭"KOKI"レビュー

 

「SALON no SALON」 は各業界のトップランナーが参加し、ここでしか得られない情報が集約され、個人が個人のチカラとして学習、習得、発揮できる場です。そして、このサロンは誰にでも平等に開かれています。きっとここにはあなたの為のチャンスがあり、あなたの為の前例なる人がいます。 あなたの考える「何者か」へなるために、このサロンを活用し、カッコいい成功者を目指すことが可能です。

横も縦も関係なく、「何者か」を目指す人が集まるこのサロン。私も最大限活用し、この大チャンスを必死に掴みに行きます。

番頭"トレンディ"レビュー

 

あなたの実現したいアイディアは何ですか?自分(達)で発想したアイディアが形になることは根本的に快楽かつ幸福だと私は思います。アイディアは協調のネットワークによって生まれ、ひとたび世界に解き放たれると、ひとつの分野に縛られることのない動きの変化を始めます。

「SALON no SALON」はオンラインサロンを核とし、さまざまなバックグラウンドの参加者が知的交流体験から自身のアイディア具現化を行っていけるネットワークです。考えれば考えるほど楽しい、やればやるほど楽しい、そんなコミュニティを醸成していきましょう!

サロンオーナー"ナカヤマン。"レビュー

 

メンバーが提案してくれた「何者かになる」というキーワードはボクの人生の命題でした。その為に先送りにしたこともあります。例えば、50人の常設チームを持つスキル。

正直に言います。その手のことがすごく苦手です。職人でいることには自信があるけど、経営者なんて一番向いていません。ただ40代半ばを迎えて、自分の為に溜め込んだものを人に提供したいと思うようになりました。

自分がなりたい自分というのは”起点”も”終点”も人それぞれです。オーダーメイド、一点ものだと思う。一点ものがサロンのメンバーの数だけ生まれる為の、実験を"一緒に"しましょう。
▼Naka _yamaN プロフィール


Naka _yamaN(ナカヤマン。)
マーケティングスペシャリスト・クリエイター
5cream1ouder Inc. CEO

京都のマーケティングスペシャリスト兼クリエイター、米国法人スクリイム・ラウダア代表。1974年生まれ。神戸大学卒。ファッション領域に特化したデジタル・エージェンシー『ドレスイング』の代表を2007年設立から十年に渡り務める。

SNSマーケティング、コンテンツマーケティングの事例で認知獲得し、ルイ・ヴィトン、グッチ、ディオールなどラグジュアリーブランドから、ファーストリテイリングのマスブランドまで幅広いパートナーと活動。

2017年、ロサンゼルスに5cream1ouder Inc.を設立し、海外での活動を本格化。設立後のファーストシーズンで手掛けたデジタルコンテンツがCOACHの米国本国、日本、中国で起用された。

SNSプロモーションとデジタル戦略の第一人者としてNEWSPICKSやFashionsnap.comにてキュレーション活動のほか、VOGUE、Numeroではアート関連の執筆活動を行なっている。
▼入会方法

・当ページの「パトロンになる」ボタンから入会することができます。なお月の途中で入会した場合でも1ヶ月分の料金が発生します。(当月分は日割り計算になりません)

・途中で退会した場合も返金はありません、ご了承ください。

※ご紹介の方は、入会時の備考欄に紹介者のお名前をご記入ください。

▼決済について

・CAMPFIREファンクラブのご支援に使用可能なクレジットカードは下記のみです。また、残り有効期限が100日以上のクレジットカードに限らせていただきます。※コンビニ払い・銀行振込(Pay-easy払い)には対応しておりません。

VISA/MasterCard/JCB/Diners Club/American Express

・領収書の発行は行っておりませんのでご了承ください。

▼注意事項

・SALON no SALONはFacebookの非公開グループにて活動を行っております。参加にあたり、Facebookアカウントが必要になります。

・Facebookアカウントが実名ではない、プロフィール写真がない、友達がいないなど、アカウントがアクティブではないと判断した場合、入会をお断りする場合があります。またその際に返金等はございませんのでご了承ください

・本サロン内の情報については許可がある場合を除き外部への公開は禁止致します。

・他の利用者の方への誹謗中傷、荒らし行為などに該当する行為があった場合、その他サロン運営の妨げになると判断した場合、強制退会とさせていただく場合があります。

・その他規約はCAMPFIRE利用規約に準じます。https://camp-fire.jp/pages/term

コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください