クズでも夢を叶えよう 通称「クズカナ」 クズと呼ばれてる僕でさえ仲間のおかげで夢をどんどん叶えることができてる! 僕の夢を叶えるお手伝いをしてくれた仲間たちとみんなの夢も叶えよう!という会

プロジェクト本文

下記は例です。ご自由にご入力ください。

▼はじめにご挨拶

このプロジェクトの主催者の山口克志と申します。

簡単に自己紹介します。

滋賀県草津市在住、39歳、バツ3独身で、トイプードル2頭と暮らしています。

仕事は草津で、スタジオラクトという整体院をしてます。

そこで、整体とオリジナルの「グッチのマクラ」を販売しています。

趣味は、愛犬とお出かけ・テニス・琵琶湖サーフィンなど

楽しいことをするのが大好きです。

▼クズカナとは?

クズでも夢を叶える会、略して「クズカナ」

クズと呼ばれた僕が、「仲間と応援し合いながら夢を叶えるための会」を開きたいと思います。

 

▼このクズは何をするのか?

簡単に説明すると、自分のクズ(欠点や失敗)なところと、夢や目標をシェアする会です。

・自分のマイナスなところこそチャームポイントだと知ろう!

・助けを求められる人になろう!

・経験を褒め合おう!もっと、ありますが、まずはここから!

自分の欠点を隠さなくなると楽になります!


欠点は、受け入れてあげれば、それを助けてくれる人が集まる。
一人で完璧な形□を目指さないで、凹んでいる部分は、人に埋めてもらいましょう。
あなたの周りには、あなたの苦手・不得意を得意とする人がいるんです。
でも、言わないとわからないから、助けてくれないだけ。

プレゼントもプレゼントする側とプレゼントされる側が存在して、お互いが幸せになると思うんです。
プレゼントをする人ばかりだと、押し付け合いで争いになるし、プレゼントを欲しがる人たちばかりだと奪い合うってしまいます。
失敗って悪いことのように捉えられがちですけど、行動した人にしか得られない経験なんです。

失敗をネタとして生きていけば、失敗が怖くなくなり、行動できる人間になれる。

これから必要とされる人は、行動した人です。

「それ知ってる!」みたいな知識だけで知ったかブリの頭でっかちは、これからの時代には役に立たない存在になります。

だって、知識ならグーグル先生に聞けばいいんだから。

 

▼月一回の定例会「クズカナ」

月に1回定例会をしたいと思います。

毎回、夢を叶えるために必要なワークをします。

定例会では、その月の誕生日の人をお祝いして絆を深めていきたいと思っています。

▼リターンについて

「クズカナ」への参加ができる

※500円は、誕生日の人の食事代に使います。

▼最後に

一人では叶えられない夢を、仲間と応援し合い叶えていきたいんです。

そんな仲間が増えるといいなぁって思いますので、興味があればぜひご参加ください。

 

 

 

コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください